効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

出産後はいつから働き始めるのが適切なの?~育児と仕事の両立で大切なこと~

 

 

今は「子育てが生活の全て」であっても、

「産む前は、バリバリ働いていた」というママさんも多いはずです。

 

お腹が大きな状態で、働いている女性も珍しくない時代ではありますが

 

「生まれた(産んだ)ばかり」

 

という状況で働いているという女性は、非常に少数派です。

 

「男女平等」と言われる昨今であっても、

育児の主役は、相変わらず・どうしても女性であることが現実です。

 

 

妊娠~出産をきっかけとして、

  • 会社を辞める
  • 「育児休暇」を取得する

 

という2択のいずれかを選択するはずですが、

産んだ・育てた後にどうするのか?に関しては、

 

  • 「復帰」するのか?
  • 「もう仕事はしない」という人生を歩むのか?
  • 「もう一度働く」という選択肢はあるのか?

 

人それぞれであり、最終的に判断するためには

様々な要素が、複雑にからみ合うことになります。

 

ひと昔前であれば、ほとんどの女性は

「子供を産んだら専業主婦」という道を歩みました。

 

「もう一度働く女性」が一般的な時代

 

「働くお母さん」というのは、今や全く珍しくありません。

 

というよりも、

 

子供が一定の年齢になったら、

働き始める・働きたいと思っている女性の方が多いようです。

 

その理由としては、

  • 妊娠前の仕事・働くことが楽しかった
  • お金を稼いで、少しでも家計を楽にしたい

 

これらは人・家庭それぞれになりますが、

その中でも、特に「子供の教育(進学)資金」という目的が多くなっています。

 

「子供のために、また働く」ということです。

 

>>「まともな育児」に必要なお金とは

 

「子育て」と「仕事」の両立

 

一方で、「働きたいから働く」ということはややハードルが高く

必ず、考えるべき・解決しておくべき問題があります。

 

やはり最も懸念すること、欠かせない問題として

「育児と両立することができるのか」という要素があります。

 

これは女性が働くうえで、必ず立ちはだかる問題であり

  • 子供の成長・育児を犠牲にしなければならないのか?
  • なんとか、折り合いをつけることができるのか?
  • どうすれば、うまくことができるのか?

 

ということは、必ず「働き始める前」に解決しておく必要があります。

 

そして、その際に鍵となる要素が「働き始めるタイミング」です。

 

子供が何歳になったら働きに出るべき?

 

ママが仕事に出始める時期というのは、
その多くのケースで「子供の成長(年齢)」が影響しているはずです。

 

周りの家庭を見ていて、気づいている方も多いと思いますが

1つの基準としては、「預けられる時期」になること

 

そして、

 

「預けなければならない、決められた時期」

 

という事情も多くなっています。

 

これは、育児休暇を終えて職場に復帰する場合に多いものになります。

 

会社によって、「育児休暇」の期間の長さというのは

非常に差があることが現実であり、出産後半年~1年半くらいと幅があります。

 

その時期は、最も繊細な手がかかる時期でもあり

離れることが、不安な時期でもあります。

 

しかし、「そういうきまり」の場合は仕方ありません。

 

そのため「決められた育児休暇の期間では足りない」という女性も多く

「退職」するに至る、大きな理由にもなっていることが現実です。

 

家庭の環境に大きく影響を受ける

 

そして1日のうちの一定の時間、家庭を離れるということは

その間に赤ちゃんのお世話をする、「誰か」が必要になります。

 

そのため働き始める時期というのは、家庭環境に大きく依存することになります。

 

お母さん(おばあちゃん)と、同居しているのであれば

ある程度は安心して働けますが、人に預ける場合には「不安」と「お金」の問題が発生します。

 

また、あまりに幼い時期の場合に

 

「子供を人の手に預けるには、まだ早すぎる」

 

という意見は、年配方を中心に今尚根強く

様々な面で、心苦しい経験をしている女性も多いようです。

 

「幼稚園・小学校に上がったら」が多いのは仕方がないこと

 

一方で「育児休暇」は取得せずに、一度退職し

  • やっぱり、もう一度働きたい
  • これからの家計が心配
  • お金を稼いでおきたい

 

という方に関しては

  • 幼稚園に入学したら
  • 小学校に入学したら

 

という、成長・年齢の区切りで決断することが多いようです。

 

幼稚園の年少さんといえば「4歳になる年」であり

「1年ちょっとで育休を切り上げて」というケースよりも

様々な面で、納得がいく時期でもあります。

 

また「みんなと遊んでいる間」に働くことができることも

自分・子供・周囲を納得させる安心要素になるはずです。

 

「ママの人生」も大切にすることはメリットになる

 

育児と仕事に関して、悩むことができることは

いい時代になった、ということでもあります。

 

少し前の時代であれば、結婚したら女性は家に入る

子育てをしながら働くなんてありえない、という意見が大半であり

「働く喜び」は、女性から取り上げられていました。

 

しかし、現在では「ママもバリバリ働く」ということは非常識なことではありません。

 

赤ちゃんを大切にすることは、当然のことではありますが

それを前提として、「ママにはママの人生」があり

「私には私の人生がある」ということを、考えてみてもいいはずです。

 

前向きに・活き活きと働いている姿は、お子様にとっても嬉しい光景となるはずです。


<PR>通信教育の「王道」から幼児教育を始める



<PR>どんなお子様も楽しく始められる定番教材



 

考える

この記事に関連する記事一覧