効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

お金持ちの子供は貧しい家庭の子供よりも頭がいい・有利なのか

 

ちょっと切なく、でも知っておくべき

本当は、知っているはずでもあるトピックです。

 

「人生はお金ではない」と、よく言われますが

お金があった方が、何事も有利に進めることが出来ることは客観的事実です。

 

これは間違いない、ただの事実です。

 

そしてそれは「教育」にも、全く同じことが言えます。

 

「お金持ちの子供」が学習を進めるうえで、知識を吸収する環境等

様々な面で有利であることもまた、誰もが理解できることです。

 

それでは、どうやって逆転していきましょうか?

 

逆転は人生の醍醐味でもあります。

 

 

貧しい家庭で育った子供であっても

裕福な家庭で育った子供に逆転することは可能です。

 

というよりも、逆転するための手段こそが学習なのです。

 

しかしながら、それには当然「相対的努力の量」で勝る必要があります。

 

そもそも、同じ条件ではないからです。

 

「普通の家庭」は「幻」になっていることを知る

 

前提として、事実として、

 

労働者全体の平均収入は「400万円~420万円」の間でしばらく推移しており

この数字は、パート・アルバイト、極端な高収入の収入も含まれています。

 

そのため、実際の「中央値(最も多くの割合が分布する数値)」は

「300万円台後半」と考えられています。

 

そして「大企業・上場企業」と呼ばれている会社に勤めている人というのは

ほんの一握りであり、圧倒的多数の人が「中小企業」に勤務しています。

 

「35歳で年収380万円」という数字が

「幼い子供のお父さん」の平均像であると考えられます。

 

 

そして、これからの世の中では

ほとんどの「中小企業の会社員」の給料は上がりません。

 

 

しかしながら「そこそこの会社」であれば

「30歳で年収500万円」程度であり

年をとるにつれて、賃金は上昇します。(その額も減ってきてはいますが)

 

「一般人」レベルでも、格差が出来てしまっているのです。

 

 

そして、追い打ちをかける事実として

「東大生」の家庭の世帯収入は「平均900万円」です。

 

 

お母さんがパートに出ている一般家庭の

世帯年収が「450万円」だとしたら「倍」あるということです。

 

 

学力と、親の収入は「基本的に比例」します。

 

 

ちなみに、東大生のお母さんは専業主婦率がやや高いようです。

 

金があるうえに、教育・しつけにも専念出来ますね。

 

現実は受け止める

 

ここでは「賃金の構造」といったことには言及しません。

 

しかしながら、今現在「幼い子供を持つお母さんのお父さん」と

「幼い子供を持つお母さん旦那さん」は同じ人生を歩めません。

 

お母さんが思い描いている「普通の家庭」を実現できる家庭は、ごく一部です。

 

何が言いたいかと言うと「旦那さんを責めないで」ということと

「今の普通の家庭」というのは「昔の普通の家庭」に比べて、貧しくて当然なのです。

 

しかし、悲観していても現実は変わりません。

 

 

現実は受け止めて、よりよい未来のための作戦を練ることが大切です。

 

 

ちなみに、このサイトご覧のお母さんの中には

小さい頃「クレヨンしんちゃん」を見ていた方も多いと思いますが・・・

 

野原しんのすけ君のお父さんは「係長」で「年収600万円」という設定です。

 

それでも、妻みさえには「安月給」と言われていました。

 

現在は、もっと深刻な状況と言えます。

 

結局「人より勉強する」以外に方法はない

 

 

前置きが長くなりましたが、、、

 

結論としては

 

お金持ちに勝ちたかったら、お金持ちよりも努力しなければなりません。

 

 

まず、スタート地点が違います。

 

 

だから、「せめて早く始めましょう」と、このサイトでは伝えています。

 

このサイトの中で、アクセスが多い記事の1つとして

知能は遺伝するのか~頭のよさは生まれつき?それとも環境?~があります。

 

どうしても「自分達の影響」というのは、気になるものですよね?

 

そして、上記のトピックにおける結論として

「遺伝子」ではなく「環境」の影響が、圧倒的に大きいと結論付けました。

 

しかし環境は、お金で作られる側面もあります。

 

毎日、塾・家庭教師を利用出来るのか

 

「勉強合宿」に酸化出来るのか

 

毎日お習い事に送り迎えする「余裕」があるのか

 

 

こういったことで、不利な分は

「お金ではない」ことで挽回するしかありません。

 

 

お父さんが休みの日に寝ているのか、一緒に虫取りにでも行くのか

 

スマホゲームをしているのか、本を読んでいるのか(ゲームは悪くありませんが)

 

お父さんお母さんが喧嘩しているのか、仲睦まじいのか

 

その毎日の積み重ねが、子供の将来を決めます。

 

そして、これらにはそれほどお金がかからないはずです。

 

最終的に「自立」出来ること

 

幼い子供は、自分の家が貧しいのかお金持ちなのか

そんなことは考えません。

 

しかし、いずれ「察する」時が来ます。

 

その時に、どう考え・行動するかが鍵です。

 

世の中には、お金で解決出来ないことも多いですが

避けることが出来るトラブルが多いことも、また事実です。

 

お金でなんとか出来ない時に、どうやって何とかするのか

それが「知性」ということでもあります。

 

「ペンは剣よりも強し」と言う言葉がありますが

勉学は、必ず人生の助けになります。

 

そして、本当は「勝ち負け」よりも

 

自分1人で生きていけるのか、生きていけるようにしてあげるのか

 

ということが、最も重要なことになるはずです。

 

競争ではなく、サバイバルに勝つことが大切です。

 

 

ぜひ「無料請求」を利用してみてください。

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

もちろん、「できるだけの準備」は大切です。

>>>「これから」必要になる「お金」を積み立てる



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

考える

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」