効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



「いい母親」って何?~なりたくてなれるもの?なれなくて悩むもの?考えるな感じろ!~

 

本日は、ちょっと浅深い話をしようと思います。

 

幼児教育を考えるうえで、それ以前に「子供の幸せ」を考えるうえで

避けては通れない問題であり、もちろん賛否両論が出まくる内容だとは思いますが

ぜひ最後まで目を通して、真剣に考えてみて欲しいと思います。

 

 

お子さんを生んだ時に、何を思ったでしょうか?

 

というと、非常に重苦しい話になってしまいそうですが

「幸せになって欲しい」と同時に、「どうやって幸せにしていこうか」

これから「何ができるか」を、必ず考えたはずです。

 

そうです。

 

幼い時期というのは「してあげる」ということが圧倒的に多く

それは同時に「コントロール」という魔物が姿を現すことになります。

 

「生きる」ってことは大変だ

 

そもそも「愛する」「真剣に育てる」といったことは

親として、当たり前のことでもあります。

 

そして、本来は「それだけでいい」はずなのです。

 

やっぱり、何よりも「健康第一」ですよね?

 

しかしながら、悲しいかな・・・

 

「育児」というか、「人生」には、「余計なこと」がたくさんあります。

 

なんだかんだ言っても「競争社会」であり

「人に勝つ」ことが、時に人生を彩ることになります。

 

また「夢をつかむ」ためには、

「基準を満たす能力」を手に入れる必要もあります。

 

そのためには、「学習」や「教育」が必要であり

それを「授ける(与える)」ということは

現代では、「必須」とも言える行動になります。

 

「全力でバックアップ」は当たり前

 

当サイトのコンセプトに関しても

 

「よりよい人生を生きるためには、高い知識が必要である」

 

というものであり、ありがたいことにリリース以来アクセスが増え続けています。

 

それだけ「教育」の大切さは、常識的なものとなっているということです。

 

「当たり前じゃない!」という方も多いかもしれませんが

時代・文化・性別によって、「教育の重要度」は大きく異なります。

 

大正以前や、ヨーロッパの産業革命の時代には

10歳程度で仕事を覚え始めることが、当たり前のことでした。

 

現代でも、「女に教育は必要ない」という国・地域はたくさんあります。

 

「教育が大きな武器となる」ということは

あくまで、「現代の日本」における条件になります。

 

更に、この「教育」というかたち以外にも

「その子にしてあげられる(もちろん与える)」ことはたくさんあり

結局は、「人生を全力でバックアップしてあげること」

母親として、親として相応しい行動と言えます。

 

というよりも、これ自体「当然のこと」でもあります。

 

そして、それ以上に大切なことが「人生を制限してしまう」行動

「マイナス」になることをしない、ということなのです。

 

成長の・人生の「邪魔をしない(奪わない)」こと

 

親が子供にできることは、基本的には「与える」行為です。

 

しかしながら、それ以上に「奪わない」ということも大切であり

「可能性」ということを考えるなら、最も重要な要素と言えます。

 

  • やる気
  • 目標

 

奪わなければ「失う」ことにはなりません。

 

「奪うわけないでしょ!」という声も聞こえてきそうです。

 

しかしながら、「間接的に奪っている」お母さんは非常に多いです。

 

特に「子供が本当にやりたいこと(本音・意志)」を無視して

自分の理想(お母さん自身がよいと思っていること)を

押し付けてしまう方は、常にいなくなりません。

 

子供は、自分の気持ちを表す能力が未熟な一方で

「空気」というものを、敏感に感じとります。

 

そして、子供は親の期待に応えようとするものです。

 

自分はこうしたい・これがいいと思っている

 

けど

 

お母さん(お父さん)が、そっちにしろと言うなら・・・

 

その繰り返しが、可能性を奪い続けることになります。
(あくまで可能性であり、明らかに間違った方向に向かっている場合は

「人生の先輩」として、修正してあげることも必要であると言えます。)

 

このブログを読んでくださっているということは

基本的には「教育に関心が高い」と言えます。

 

もちろん、素晴らしいことです。

 

しかしながら、教育に関心を持つということは
「余計なことをして(言って)しまうリスク」

高くなることを、決して忘れないで欲しいと思います。

 

「いい母親になりたい」という欲望

 

言ってしまえば、

 

「よき母親になりたい」という希望には

自分の欲望が「1%は入っている」ことは否定できないはずです。

 

「愛するわが子を思って」ということが

ベースにあることは、間違いないことと思われますが

やはり「いい母親像」を求めてしまう行為は「自己満足」を否定できません。

 

「100%子供のことを思って」という人は、いません。

 

それは、人間として不可能であり

 

「子供が幸せなら自分も幸せ」

 

という考えに基づいた、「子供を幸せにしたい」という思いは

「自分を幸せにしたい」という考えと同じものです。

 

まして幼い時期というのは、より「夢中」であるために

  • 子供のため
  • 自分のため
  • 子供の希望
  • 自分の希望

 

こういったことが、混同しがちです。

 

「怪物を倒そうとする者は、自らが怪物とならぬよう気を付けよ。

お前が深淵を覗くとき、深淵もまたお前を覗いているのだ」

 

と、昔の偉い哲学者は言っています。

 

ちょっと意味がずれたものになりますが、大切なことは「考えすぎない」ことです。

 

「考えるな!感じろ!」

 

ブルース・リーは言っています。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに





<PR>まずは無料の資料請求から



 

考える

この記事に関連する記事一覧