効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

要は「早く勉強して楽になっちゃえよ」そして「ちょっと行ってきます」

 

汚い言葉遣いで申し訳ありません。

 

しかし、ここまでこのブログで主張してきたことを

一言でまとめると、この言葉に尽きることになります。

 

なぜここまで「幼児期の習慣的な学習」を

推奨するかと言うと「結果的に楽」だからです。

 

そして、これは間違いない真実です。

 

 

今回は、このブログで解説してきた

「本当の英才教育の始まり」とも言える「幼児期の学習」の

重要性・メリットを、とりあえず一度まとめておきたいと思います。

 

幼児期にしっかり学習しておきたい理由

 

前回で、勉強することによって「あらゆることが有利になる」

だから勉強しておくべき、ということを述べました。

 

そのために「幼児期に」学習することのメリットを挙げると

いわゆる「頭の柔軟性」と呼ばれる「吸収力」に尽きます。

 

簡単に言うと「記憶しやすい時期」であり

この時期を無駄にすることは、非常にもったいないです。

 

はっきり言って、愚かです。

 

そしてこれは、お母さんが「思っている以上に」重要なことです。

 

「小学校に上がってから」ではちょっと遅い

 

更に、中学校では遅すぎます。

 

とっても大切なことです。

 

「遅い」ということは「手遅れ」ということです。

 

幼児期に関して言えば「時」は「金以上」のものです。

 

 

3~6歳の「約3年間」は、小・中学校の「9年間」よりはるかに重要です。

 

 

中学校からいくら努力しても

幼児期に「ベストな」学習をしていた人間には絶対勝てません。

 

幼児期に正しい学習さえしていれば、その後たいていの人間には楽に勝てます。

 

人生は、勉強が全てではありません。

 

だからこそ「楽勝」することが大切です。

 

 

勉強「ごとき」で、他人に負けないことが大切なのです。

 

 

極論を言えば「4歳」でみっちり学習していれば

高校受験の際「てきとうな進学校」であれば入学は容易いです。

 

小学校入学以前の勉強は「貯金」がききます。

 

習慣を「つけちゃう」

 

幼児期は「一気に詰め込む」ことが出来やすい時期もありますが

大切なのは「勉強する習慣」をつけることです。

 

「楽して楽する」ためには「苦しい」という

感覚を持たせないことが重要です。

 

「勉強=なんかヤダ」という感覚がない時期に

「言わなくても」勉強する「癖」をつけること

「勉強=楽しい」という感覚を持たせる

 

「歯を磨く」ことと同じように「毎日勉強する」

 

「習慣」であり「毎日」ということがポイントです。

 

更に「毎日」ではなく「常に」出来ることが重要です。

 

これは「本当に本当に」大切なことなのです。

 

↓「無料おためし教材」が貰えるおススメの通信教育↓



 



「時間」が持つ様々な価値観

 

「時間」という概念は、人生にはつきものです。

 

「テスト」にしても「仕事」にしても

かならず「時間制限(納期)」があります。

 

おそらく、このブログをご覧のお母さん方の時代は

小中学校の授業時間・テスト時間は「40~50分」だったはずです。

 

その際「問題を解く」までに
どれくらいの時間がかかっていたでしょうか?

 

そして、どのくらい「見直し」に時間を使えでしょうか?

 

「50分」のテスト時間での理想的な配分は

  • 問題を解くために25分
  • 1回目の見直しに15分
  • 2回目の見直しに10分

 

公立中学校でトップレベルの子は、だいたいこんな感じです。

 

「問題を解くために50分」は、遅すぎます。

 

そしてこれは、社会に出て「仕事が早い・遅い」という

評価・出世・収入に関わる、非常に重要な要素に影響します。

 

幼児期は「記憶」と共に「要領」も身に着けやすい時期です。

 

「幼児教育」は、将来にも大きく関わっているのです。

 

自分の子供が「上司に怒られている」よりは

「社会的に評価されている」方が嬉しいはずです。

 

幼児の記憶力がうらやましい・・・

 

タイトルの「行ってきます」に関して

 

実は今週から約1週間程ですが、海外へ視察の旅に出ます。

 

アジアのいくつかの国を回って「教育」「知能」に関する

勉強会をしてくることになっています。(せっかくなので観光もしますが(⌒▽⌒)/)

 

読者の方も、続々と増えてきてくださっているところで

残念ではありますが、少し更新が滞ります。(見放さないでくださいませ・・・)

 

その代わり、いろいろな事をしっかりと吸収してきて

このブログにも活かしていきたいと思いますので、楽しみにお待ちください!

 

久しぶりの海外のため、今現在必死に英語を復習中です・・・

 

英語の学習に関しても、やはり単語と文法を「記憶」することが重要であり

改めて、学習の基本は「反復による記憶」なんだなと実感しています。

 

そして・・・

 

若い頃の吸収力を超えることは出来ません・・・

 

やはり「幼児期の吸収量(力)」を活かさない手はありませんよ。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

英才教育の必須要項 学習の習慣を付ける

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」