効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



幼児期にしっかりと鍛えておきたい「記憶力」

 

幼い時期に身につけなければ「取り返しがつかない」能力というのは

様々なものがありますが、こと「記憶力」に関しても

必ず・しっかり身に着けておきたいものであり

「一生を通じて」必要となる・役に立つ能力です。

 

 

「数学的な能力=センス」といったものも

幼児期でなければ、うまく磨くことが出来ないものになりますが

学習能力のベースは「記憶力」になります。

 

「読み方」「公式」といったものを覚えなければ

あらゆる知識を発展させることは出来ません。

 

数学にしても、主なテスト内容というのは

結局は「公式を覚えて」問題によって、数字を変えていく作業です。

 

また「覚えがいい」「学習能力が高い」人間であれば

とりあえず、学校内・会社内で一定の評価を受けることが出来ます。

 

「才能が関係ない能力」こそが記憶力です。

 

失礼な言い方かもしれませんが・・・

 

誰であっても・どんなお子さんでも

身に着けることが可能な能力であり

「凡人が天才に勝つための能力」こそが「記憶力」なのです。

 

「言葉」をたくさん覚えることから

 

まず前提として「言葉を覚え始めてから、記憶は定着する」ため

「学習に必要な記憶力」は、ある程度「おしゃべりが上手」に

なってからでなければ、身に着ることが出来ません。

 

脳内の「言語中枢」と「記憶」を司る部分は、密接にリンクしています。

 

そして「おしゃべりが上手になる過程」こそ大切な時期であり

この時期を「濃く」「スピーディー」に経ることが

「強い」記憶力を身に着ける「本当の」基礎になります。

 

積極的な「会話」「コミュニケーション」

 

2歳を過ぎた頃になると「あれ何?」「あれは?」といったように

指をさしたりすることが劇的に増えてきます。

 

ここから、徐々に「言葉」「名詞」を覚えながら

「記憶力」と呼ばれるものを作る、脳内の神経細胞の働きが活発になります。

 

「ものの名前を覚えること」「呼ぶことが出来ること」は喜びであり

「昨日覚えたこと」を「今日引き出す(使ってみる)」ということは

最も記憶力を鍛える作業になります。

 

「思い出させる」ことが「記憶力を鍛える」ための最も効率的な方法です。

 

そして「反復」することによって「定着」していきます。

 

この2つのフローは、それぞれが違う意味を持ちます。

 

「思い出させる」ことは「記憶を引き出す」ことであり

「新しいもの(こと)」を「覚える」作業です。

 

そして「反復」することで「いつでも使える」ようになります。

 

「幼児期にしか鍛えることが出来ないこと」というのは

「前者」の「引き出す能力」であり、そのため「新しいこと」を優先して

どんどん覚えさせていきたいのも、ことのためです。

 

また、この過程で「言葉が遅い」といったことを

心配するお母さんもいますが

心配するべきケースと、心配ないケースがあります。

 

「寡黙」といった特徴は、幼い時期であっても出てくるものであり

「しゃべらなくてもしっかり把握している」ことも多いです。

 

「黙々と記憶する」タイプの子もいるはずです。

 

ただし、やはり「口に出す」ことで、記憶が「定着する」こともあり

「歌を歌いながら」等、楽しんで言葉を覚える工夫をしていきましょう。

 

 

「記憶能力が高い」ことは「頭がいい」こと

 

「頭がいい」と言われるような人間は、例外なく記憶力がいいはずです。

 

「覚えていることが多い」ということは「引き出し」が多いことであり

 

「引き出し」が多いことによって、その分手段を多く持つことが出来ます。

 

ここでは、初期の記憶力の大切さと鍛え方を解説しましたが

この後に「読書」といったものによって、更に幅広い・深い知識を得ることになり

それらを体に「刻む」ことで、更に多くの知識と経験を身に着けていくはずです。

 

そしてその際にも、結局は「初期の記憶力」が非常に影響してきます。

 

「大量の情報」を「かみ砕いて」どのくらい「吸収」出来るかは

やはり、今まで身に着けてきた能力が反映されるためです。

 

おまけの豆知識

 

最近物忘れが・・・というお母さん方もいらっしゃるかもしれませんが

「記憶力」「記憶」というものは、いくつかの種類に分かれます。

 

上で紹介したように

  • 新しいものを覚える能力
  • 覚えたものを引き出す能力

 

が主になりますがが、いずれも「加齢」によって衰えてきます。

 

また、年をとるほど「体質」の影響を受けやすく

「アルツハイマー」といった要素が見えてきます。

 

「忘れっぽくなる」「ボケが始まる」といったやつです。

(このブログをご覧のお母さんには、まだ早い話を思いますが)

 

日ごろ頭を使っているはずの

学校の先生や、著名な政治家であっても

一定の年齢を超えることで、例外なく衰えがあります。

 

年には勝てません。

 

「頭脳」ではない「健康」といったことも大きく関わってくるため

できることと言えば、生活習慣からの予防策をとることです。

 

「気休め」ではなく「お魚」を中心にに含まれる

「DHA」といった栄養素は、物覚え・記憶力に関して

お母さん世代にもお子さんにも非常に有効です。

 

脳内の神経に、非常にいい効果を与えるため

なるべく魚中心の食卓をおススメします。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「お子様専用サプリ」も有効!





<PR>まずは無料の資料請求から



 

英才教育の必須要項

この記事に関連する記事一覧