効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



子供の記憶力の鍛え方・トレーニングに必要なこととは~頭がいい子は「覚え」が速い!~

 

記憶をする力である「いわゆる記憶力」には、「ピーク」が存在します。

 

一定の年齢(個人差があります)に差し掛かった後には

基本的には劣化するものであり、あとは「いかに衰えさせないか」でしか対処できません。

 

すでに「身に覚え始めた」お母さんも多いのではないでしょうか?

 

ピークを越えた後に落ちていく、ということは避けられないことであり

そのため、「ピーク時の高さ」というものが非常に重要と言えます。

 

これはあくまで、日常的なレベルのお話になります。

 

それ以上に、記憶力とは「幼児教育の肝」と言ってもいいものであり

幼いうちに、必ず身に着けておきたいものと言えるのです。

 

「一生を通しての学習能力」に、大きく影響してしまうためです。

 

 

「記憶力」とは、全ての学習能力の基礎中の基礎であり「絶対必要条件」です。

 

極端な例で言えば「りんごはapple」これも記憶力がベースにあります。

 

そんな当たり前のこと、と思う方もいるかもしれませんが

「因数分解の公式」といったことも、その延長線上にあります。

 

「数学」には、記憶力が大きく関わるのです。

 

「フレミングの法則」はどうでしょうか?

 

記憶力がなければ、「理科」もできません。

 

記憶力とは、全ての教科を支えています。

 

屁理屈ではなく、決してなめてはいけません。

 

「テスト」は、やがて人生を構成する「仕事」に変化しています。

 

記憶する力は、学校だけでなく社会でも役立ちます。

 

そして記憶力とは、「鍛えることができる」ものになります。

 

そしてその際には、言うまでもなく「幼児期における向上」が最も重要です。

 

3~5歳までの過ごし方、それ以降であれば

「10歳くらいまで」何とか効率的に鍛えることができます。

 

「効率的に」ということがポイントです。

 

体が成長するうちは、脳細胞に関しても成長していくと言われますが

身長の伸びが、徐々に鈍化していくことと同じく

記憶力の「容量」「刻む能力」に関しても、鈍化していきます。

 

そして身長に比べても、記憶力というのはより顕著です。

 

今回は、あくまで「鍛える」という面について解説していきます。

 

幼児期に記憶力を鍛えることがいかに大切なのかについてと

記憶力を「うまく構成する」ための熱い解説は下記より

↓↓

幼児期にしっかりと鍛えておきたい「記憶力」

 

「新たな情報の入力と反復」にプラスアルファ

 

上記記事でも解説しましたが

「記憶すること」の基本的な方法としては

  • 新しいことを覚える
  • 繰り返す

 

そして、「もう十分頭に刻んだ」となったら

更に新しい情報を、頭に入力していきます。

 

これはあくまで、覚えたいものを覚えるための仕組みであり

「テスト勉強のための記憶」というものです。

 

ある意味で、これは「ゴール」なのです。

 

このフローを、効率的に行うことこそ

「覚えがいい頭」を「作る」ことが

記憶力を鍛える、ということの本当の意味です。

 

もちろん、言葉を覚え始めた時期にも

日常生活の中で、上記のフローが繰り返され

「ブーブー」が「車」へと変わっていきます。

 

スタートは、このあたりからでしょうか。

 

最初はとにかく「ボキャブラリー」を増やす

 

記憶力は「言語能力」と非常に密接に関わっています。

 

賢い人間というのは、「語彙(ボキャブラリー)」が多いものです。

 

幼いうちは、「とりあえず言葉を覚える」ことが記憶力への刺激になります。

 

そしてその際に、最も効率的な手段が「読書」になります。

 

読書には「心をはぐくむ」効果もあるため、ぜひ習慣にして欲しいものです。

 

>>幼児教育における読書の大切さ・どんな本を読ませるべき?

 

そして、徐々に「感想」を求めていきましょう。

 

「読書をさせて、感想を述べさせる」

 

なんだか、ちょっと嫌な感じがする方も多いかもしれませんが

これは「幼児期にできる最大のアウトプット」と言えるものです。

 

まず、頭の中で「物語を思い出させる」という過程をこなします。

 

次に、内容を「整理」することで「起承転結」がつながり、

その物語の「意味」を、自分で探すことになります。

 

これだけで、十分に脳みそが揉み解されます。

 

そしてさらに、「お母さん(お父さん)に伝える」ために

「言葉」を「組み合わせる」という作業をすることになります。

 

当然、最初は言葉足らず、うまく言葉を組み合わせることができませんが

「どうしてそう思ったの?」と、どんどん展開していきましょう。(しつこくならない程度に!)

 

「覚える」ことを意識させる

 

ここまでは「助走」です。

 

あくまで「語彙を増やす」ということであり

生きていれば、段々と増えていくものでもあります。

 

早い時期に身に着けることに意味があることは確かです。

 

ここからはいよいよ「頭に刻む作業」を身につけさせます。

 

当たり前の話ですが、覚えようと思わないと、記憶はできません。

 

「覚える」その後に「いつでも思い出せる」ことが記憶力です。

 

その能力を鍛えるためには、やはり「覚えようとして覚える」ことが欠かせません。

 

電車や動物が好きな子というは、図鑑等を読むことで

自然と種類等を覚えていきますが、これは「自然な記録力のトレーニング」でもあります。

 

それが興味あるものが対象であれば、非常に理想的と言えます。

 

また、幼い頃から「百科事典」を読むことが趣味だったという人もおり

やはり、というべきか非常に頭のよい傾向があります。

 

個人的には「日本史」や「世界史」に関わるもの

後々役に立つものを、「シリーズもの」で与えてみて

「クイズ」等で楽しく覚えていくことがいいかな、と思います。

 

「積み重ね」が必ず必要!

 

記憶力は、一瞬で・劇的に向上するものではありません。

 

当然のことならが、毎日の積み重ねによって積み上げるものであり

そしてそれは大人になってから、「大きな差」となって現れます。

 

「覚えが悪い」人は、仕事面でもマイナスであることは言うまでもありません。

 

そして、全てではありませんが「覚え」は記憶力の影響が大きいものです。

 

「覚えが速い」ことは、どの場面でも評価されます。

 

幼い頃に鍛えた記憶力は、生きるうえで非常に大きな武器です。

 

やはり「食事」は大切

 

このブログでも、何度か解説していますが

やはり、知能の成長には「栄養素」が欠かせません。

 

知能の成長は、「脳」の成長と比例するためです。

 

その中でも、「DHA」といったものは

幼い時期にこそ意味のある、不足させたくない成分になります。



 

脳の神経細胞の成長に必須の栄養素であり

正常に保つためにも、欠かせないことは今や常識となっています。

 

「魚が嫌い」「偏食の傾向がある」という場合には

「サプリ」等によって、とにかく「不足」は避けましょう。

 

>>おススメの「子供用サプリ」の解説ページへ

 

せっかくの「鍛えやすい時期」に、効率的な成長ができないことは

非常にもったいないことであり、「集中力」等といった

記録力以外にも、デメリットが大きなことと言えます。

 

「鍛える」以外にも、大切なことはたくさんあり

そしてそれは、「習慣」といったものが鍵を握ります。

 

そして「食事」とは、生活習慣には欠かせない要素です。

 

>>子供の頭が良くなる食事・栄養素は存在するのか?





<PR>まずは無料の資料請求から



 

英才教育の必須要項

この記事に関連する記事一覧