効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

好奇心を育てて「コントロール」して「知能」と「快楽」につなげる

 

子供は「例外なく」好奇心旺盛です。

 

お母さんが使っている、携帯電話・スマホに

興味を持たない子は、まずいないはずであり

たとえ、一見「冷めている」ように見えても

「アンテナ」を張り巡らせている子もたくさんいます。

 

 

そして、この「好奇心」は「学習意欲」にとって

なくてはならないためであり、決して潰してはいけない

「コントロール」して「知能」につなげるべき

「学習」にとって、最高の「ガソリン」でもあります。

 

「苦痛ではない」学習で「楽しく」賢くなる

 

「好奇心」とは「知りたい」という欲求です。

 

「自分が好きなものに関してもっと知りたい」

 

好きなものに「対象」はなんでもかまいません。

 

男の子であれば「乗り物」女の子であれば「お料理」

これほど個人差があるものもなく「まずは」なんでも大丈夫です。

 

「対象が何なのか」ということは、それほど関係ありません。

 

大切なことは「学ぶ楽しさ」を覚えさせることです。

 

好奇心を見つけてあげることが出来たら

「見逃さず」に「爆発」させてあげましょう。

 

好きだから「広がる」ことが好奇心が持つ力

 

ありきたりですが「動物」や「昆虫」に興味を持った子には

「図鑑」といったものをガンガン与え、実際に飼ってみる。

 

  • 何を食べるのか
  • 虫は何時に寝るのか
  • なぜ鳴くのか

 

「自動車」「電車」に興味を持った子には「おもちゃではない」

自分で「組み立てる」模型のようなものを与えてみましょう。

 

そして、更に更に広げていきます。

 

「お料理」に興味が沸いてきた女の子には

「一緒に料理を作る」だけでなく・・・

 

砂糖と塩の「味覚」以外の違い

 

だけでなく

 

「お湯には溶けて・水に溶けづらい」理由・・・

 

胡椒は「香辛料」と呼ばれる作物であり

「腐敗」を遅らせ「保存」するために欠かせないこと・・・

 

昔はとても貴重であったこと・・・

 

「大航海時代」には「金」と同じ価格で取引されていたこと・・・

 

初めて世界を一周したのが「フェルディナンド・マゼラン」であること・・・

 

それまで「地球は丸い」という常識が否定され「平ら」だと思われていたこと・・・

 

「地球が太陽の周りを回っている」ことを証明しなければならなかったこと・・・

 

季節によって星の「位置」が変わること・・・

 

そこまで広げなくても・・・という限界のどこまでいけるかが「好奇心」の本質です。

 

大切なことは「好奇心の対象が、どのように構成されているか」を

知ることによって、益々好奇心が沸いてくることにより

突き詰めれば突き詰めるほどに「知識」は無限に広がっていくのです。

 

そして何より「苦痛ではない学習」をすることによって

「学習」は「苦痛」ではない「覚えることは楽しい」という

「刷り込み」をしてあげることが目的です。

 

「禅問答」のようですが、要は「学ぶことは楽しいこと」

感じることが出来る人間にしてあげることです。

 

勉強が嫌いだったお母さんは「勉強が楽しい」人間が

どれほど恵まれていることか、ご理解いただけるはずです。

 

「勉強が快感」という人間は「無敵」です。

 

「なりたい自分」が出来てくる

 

もう少し話を広げてしまうと、好奇心を持つことによって

「将来の自分像」を思い描くことにもつながります。

 

動物に興味がある子は

「一日中動物のそばにいれたら最高だな」

と思うはずです。

 

それを叶えるためには

  • ペットトリマー
  • 動物園の職員
  • 獣医

 

様々な職業があることを知ることになります。

 

そして、本格的に目指すのであれば

「努力の方向」が決まることになります。

 

この「努力の方向」は、早く決まれば決まるほど有利です。

 

「夢」という原動力

 

幼いほどに「夢」は多いものです。

 

「夢」や「目標」に関する格言は多く、ここでは述べませんが

賛否両論ある中でも、幼い時期は、夢を持つべきです。

 

上で述べた通り「努力のきっかけ」になります。

 

 

自分は「幼い頃に」将来何になりたかったのか

 

 

覚えているお母さんも、もう忘れてしまったというお母さんもいると思います。

 

そして「実現」出来たお母さん、出来なかったお母さんもそれぞれです。

 

悔しい思いをしたこともあるはずです。

 

だからこそ、自分の子供には「乗り越えて欲しい」と思うはずです。

 

努力は「より高みを目指す」ことと同時に

「困難を乗り越える」ためのものでもあります。

 

「公務員になって安定した人生を送る」

3歳くらいの幼児が言っていたら「ちょっとつまらない」と思うかもしれません。

(決して公務員を馬鹿にするわけではありません。)

 

しかし公務員になることも、難しいものであり

これからは、益々難しくなるはずです。

 

人口も減っていきますが、それ以上に公務員の数も削減されるはずです。

 

もちろん、公務員に限ったことではなく全ての職種に言えることです。

 

キーワードは「グローバル化」です。

 

あらゆる「夢」が、お母さんが生きた時代よりも

叶えること、はるかにが困難になります。

 

決して楽な世の中にはなりません。

 

だからこそ「早く」「濃い」努力が必要なのです。

 

 

>>>どんどん先に進めるための幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

英才教育の必須要項

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」