効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

安心して勉強するために必要な「学資保険」は人気・ランキングよりも「比較」してから

世の中は、お金を持っている人が有利にできています。

 

更に「お金がない」ことによって、夢を諦める人が増え続けています。

 

これは、紛れもない事実です。

 

それを覆すのも教育、特に幼児教育の力になりますが

やはり、持っている・用意しておくに越したことはありません。

 

このサイト・ブログを読んでくださるお母さんというのは

そういった面でも、しっかり「先のことを考える」ことができているはずですが

計画通りに、順調にことが進む・準備することができるとは限りません。

 

そのため、「お金」という最も現実的な問題は

いろいろな意味で「保険」をかけておく必要があります。

 

「可能であれば」絶対に入るべき

 

 

世の中には、様々な種類の「保険」が存在し

その存在自体に、賛否両論があることは事実です。

 

しかしながら、「学資保険」に関しては

「絶対に入っておく(利用する)べき」と言えます。

 

それは、やはり「後悔しない・させない」ためであり

お子さんの「夢」を諦めさせないため、ということが最も大きな理由です。

 

全体的な賃金の減少と反比例するように

教育費は、上がり続けています。

 

「家庭の負担」は、過去に比べて最も大きくなっています。

 

「国公立なら大丈夫」という時代ではないのです。(国公立こそ学費が急増しています。)

 

これは今のお母さん世代の、更にお母さん世代が持つ「勘違い」です。

 

「国立大学でもきつい」状況になってきており

その証拠として「奨学金」の利用者は、年々増え続けており

更に「途中で辞めざるを得ない」学生は、珍しくないのです。

 

非常に残念なことですが、受け入れて準備する必要があります。

 

いつから始める?

 

当然、早いにこしたことはありません。

 

「貯蓄」という形でも、準備すること自体はできますが

「つい使ってしまう」「一定の額で満足・安心してしまう」方も多いはずです。

 

いざという時に「足りない」というケースは珍しくなく

実際には、「徐々に締め付けられる」ように焦ることになります。

 

貯金として積み立てておくのではなく

ある意味で「払わなければいなけない」ようにしておくことで

「とっておかざるを得ない」状況を作るのです。

 

家庭によって状況が違う

 

学資保険は、どの会社のサービスを選ぶべきか考える際に

人気があるもの、人(他のご家庭)が利用しているものを選びがちですが

実際には「家庭によって、状況が違う」という、当たり前の前提に立つ必要があります。

 

「控除」や「年末調整」といったものも絡んでくるため
人気があるものが自分の家庭にとってもよい、とは限らないのです。

 

そして、途中でやめてしまうと損をしてしまう仕組みでもあります。

 

そのため、「最初に」できるだけ多くのサービスに目を通す必要があります。

 

「一括請求」がおススメ!

 

学資保険だけでなく、保険というのは非常に複雑なものです。

 

「貯蓄」「保障」だけでなく、より高度・複雑なものも増えています。

 

どれを選べばいいのか必ず迷うことになり

迷うべきであり、真剣に検討する必要があります。

 

1、2社目を通しただけで決めてしまうというのは、絶対にやめましょう。

 

しかいながら、提供している会社が複数あるサービスを検討する場合には

1つ1つの会社に資料を請求するのは、なかなか面倒でもあります。

 

そんな時に手軽なのが「一括請求」であり

ネットの普及によって、メジャーな手段となりました。

 

 

一括請求の隠れたメリットとして

1つの会社に問い合わせるわけではないため

「勧誘」といったリスクがないことも、おすすめの理由です。

 

そして、請求して満足・安心するのではなく

必ず一緒に育児をしていくパートナーと、真剣検討しましょう。

 

「教育費」の話とは、「子供の将来」を考えることです。

 

「お金」は大事

 

このサイトの、ブログのコーナーでは

「いかに教育で幸せになるか」を考えていくことが、主な主旨です。

 

個人的にも「お金に負けて欲しくない」という思いがあります。

 

しかしながら「お金」は「人生」を左右します。

 

繰り返しになりますが、「かけるお金」がある人の方が何に対しても有利です。

 

その事実が最大に現れるのが「教育」になります。

 

この事実に目を背けてはなりません。

 

学資保険の一括資料請求サービスを利用してみる