効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

「効果的な幼児教育」のために最も大切な要素~「好きな教科」を徹底的に伸ばして「苦手な教科」を少なく~

 

「幼児教育にとって最も大切なこと」を考える際には

取り入れるべきこと・参考にすべきことは、無限に存在しますが

忘れてはならないことは「幼児」という、未熟な存在であることです。

 

この時期は「性格」を含めて、「どうにでも変わる(変えられる)」時期であり

いわゆる「真っ白な状態」と言える、考えようによっては「危険」な時期でもあります。

 

この時期に絶対に避けたいことは、「勉強を嫌いになること」であり

その後の学力の伸びに対し、非常に悪い影響を与える要素になります。

 

 

人間は、嫌いなもの・不快だと思うことをしないものです。

 

「好き嫌いなく食べなさい」と子供に言いつつも

「自分は嫌いなものは食べない」という方は多いと思います。

 

自分で言っている癖に、「当たり前のように」避けますよね?

 

大人は自由です。

 

大人の特権でもあります。

 

しかしながら、小学校~中学校の義務教育の機関

それを卒業してもなお、高校・大学受験と

「好きでもない教科」を、勉強しなければならない時期続きます。

 

これは避けられないものであり、そうであれば

「苦痛に感じる教科を減らしてあげる」ことが必要なのではないでしょうか。

 

嫌いなものは、やる気が沸きません。

 

特に子供というのは、その傾向がより顕著です。

 

しかしながら、「学校」という機関はそれを許しません。

 

算数やだな、と思っていても算数の授業はありますし

やがて「テスト」「試験」という、避けられない壁が現れることになります。

 

嫌いなのに、やらなければならないのです。

 

そして、そういったリスクを避けるためには

まずは「好きなもの(教科)」を伸ばしてあげることで

先に「勉強」に対する、抵抗感を減らすことを優先しましょう。

 

「嫌いな教科」を克服するためには、根本である「学ぶ」という要素を

抵抗感なく受け入れることが必要なのです。

 

それは「嫌いなものは、嫌い」ということが、変えられないものだからです。

 

「個性」だと思ってあきらめる

 

なんで嫌いなのか、苦手なのか、明確に答えることが難しい問題です。

 

1つには、「できないから」という理由も考えられますが

これは「後付け」にすぎず、「挑戦したけどダメだった」という結果が影響しています。

 

しかしながら、「挑戦する気にもならない」という場合

 

これは

 

もう仕方がありません。

 

それも個性です。

 

「なんでうちの子は、やろうとしてくれないんだろう・・・」と悩むのでなく

「やる気」の見られる対象を、突き詰めさせてあげましょう。

 

まずは「好きなこと」を飽きるまでやらせます。

 

「苦手なことがない」ことも素晴らしいことですが

同じように「一芸に秀でる」こともまた、魅力的なことです。

 

といっても、やはり「学習」が必要なことに関しては

なかなか興味を向かせることが難しく・・・

 

「これは身に着けて欲しいな~」というこさえも、試みないこともあるかもしれません。

 

本来であれば、「どちらかというとメリットのあること」をやって欲しいですよね?

 

「数独」とか。

 

しかしながら、そういった対象は興味が向くこと自体が珍しいものです。

 

個人的なおススメは「将棋」です。

 

将棋は「理論」であり「予想」するためには「計算」が必要です。

 

それは数学的なものではなく

 

「こうしたら、こうしよう」

 

「この手は、いつ使うか」

 

こういった遊びの中で、論理力を高めることで

他の「実践的な学習」に関しても、難易度が下がってきます。

 

とにかく「やっていること」を褒める

 

褒められると、気持ちがいいものです。

 

「私って、才能あるかも?」と思った経験は、誰にでもあるはずです。

 

そういった「素敵な勘違い」をさせてあげましょう。

 

そのためのアプローチに関しては、以下の記事を参考に

 

子供のやる気を効果的に引き出す方法~褒める際の注意点も~

 

子供の学力・能力を伸ばすための正しい褒め方とは~過程と結果のバランス~

 

「好きなこと」は早めに極めさせる

 

「効率」を考えた際には、「できることから、さっさとやる」ことが大切であり

仕事で言えば、「早く終わることから、片付ける」ということになります。

 

人間は「簡単なこと」を求めるものであり

軽くこなせる、それを褒められるからこそ

「次のステップ」に向かうための「挑戦心」が芽生えるものです。

 

これができるなら、あれもできるだろう。

 

あいつができるなら、俺もできるはず。

 

稀に「弁護士」と「医師」の両方の資格を持つ人がいます。

 

いわゆる「資格コレクター」の最上位にいる人であり

例外なく「好奇心旺盛」であり、「負けず嫌い」です。

 

そういった人に関しても、最初は「好きなこと」から始めていることが多く

「苦手なことが許せない」という、境地に達した人達でもあります。

 

冒頭で「真っ白な状態」と述べましたが

本来は、「好き」も「嫌い」もないのです。

 

個性半分、あとは「環境」が決めるものでもあります。

 

 

こちらも併せて

うちの子勉強が苦手かも?~初期教育に必要なのは「才能」ではなく「集中力」と「好奇心」~

 

勉強をしない・勉強が嫌いな子供の克服法~最後まで投げ出さない・諦めない・やりきる~



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

学習法・学習教材

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」