効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子供の集中力を高める方法~集中力は「作ってから」伸ばすもの~

 

「教えたいこと」「学んで欲しいこと」はたくさんある

たくさん知識を吸収して、豊かな人生を送って欲しい・・・にも関わらず

 

なかなか学ぼうとしてくれない

 

「興味を向け続ける」ことができない

 

教えたいことに関して、なかなか集中して聞いてくれない

 

こういった傾向は、一般的には「集中力がない」と呼ばれる状態です。

 

しかしながら、集中力もまた「発達段階」である幼児期は

悲観するのではなく「これから育てる」ことを考えていきましょう。

 

 

この投稿は、前回から引き続きの内容であり

いよいよ、学習に必要な要素の解説となります。

 

集中力は伸ばせる!

 

先に結論を述べると、集中力というのは

幼い時期であればあるほど、身に着けやすく

成長すればするほど、習得することが難しいものになります。

 

この事実自体は、ある意味常識的であり

このサイトで「なんでも早くすべき」としているのは、そういった意味もあります。

 

そして集中力を「鍛える」ために

まず大切なことは「最初の一歩」であり

最初の一歩は「なんでもいい」と考えましょう。

 

最初から「学習に集中させる」という発想を捨てましょう。

 

まずは興味・好奇心があることから

 

「続けられない」ことに関しては

子供にとって、特に珍しいことではなく

「興味がないものに集中する」ということは、そもそもできません。

 

「集中力」を身につけさせたいのであれば・・・

まずは「集中させること」が大切です。

 

集中を持続させることは難しいことではありません。

 

集中力を「最初から特定の対象」に縛るから、集中できないのです。

 

これはまるで「禅問答」のようですが、、、

 

集中力を身に着けさせるために、最もよい方法とは

  1. まずは「集中する対象」を見つけてあげる
  2. その対象に「集中」させる
  3. その際の集中力を他の要素(ここでは学習)に向ける
  4. 途切れさせない

 

結果的に、

「興味がないものであっても集中することができる」

という状態に辿りつくことが理想的であり、それほど難しいことではありません。

 

集中力を「利用」することで「本物の」集中力が身につく

 

興味のあるものによって、引き出された集中力を

「引きずる」ことで「集中力の余韻」を利用します。

 

大人であっても「暇な時より忙しい時ほど集中できる」ことは経験があると思います。

 

これは、脳が走り続けている「軌道に乗った」状態であり

その「勢い」によって、普段であれば時間がかかるものであっても

「難なく」こなすことができるのです。

 

そして、本来はその能力を持っていて

「暇な時」は、引き出せないだけなのです。

 

子供も同じです。

 

無意識のうちに、実践しているお母さんも多いかもしれませんが

この「余韻」と「勢い」を利用した手段は、実は非常に効率的です。

 

  1. 「お片付けの余韻」で手を洗わせる
  2. カレーを与えた「勢い」でピーマンを食べさせる

 

といった「合わせ技」と同じ感覚です。

 

それぞれ

  1. お片付けの後は「手も洗う」もの
  2. 気づいたら「苦手だと思っていた」ものを克服

 

という「結果」につながります。

 

少し違った手段としては「ケーキの中に人参を混ぜる」といった

「知らない間に」吸収させることも、1つの方法になります。

 

これを具体的に学習に活かす際には

「お気に入りの絵本を<読み聞かせて>いる」最中に

「ママにも聞かせて欲しい」と、文字を読ませます。

 

更に上の段階としては、「計算ドリル」などを解かせ

「少し集中でき始めた」段階で、褒め・おだてながら

「わんこそば」のように「量」を追加していきます。

 

「徐々に量を増やしていく」という段階は、必ず必要です。

 

それによって、「許容量」が少しずつ増えていきます。

 

子供は皆、スーパーサイヤ人なのです。

 

「すごいね!今日はこんなにできたんだ!」を忘れずに。

 

とにかくまずは少しでも集中力を発揮する対象を探す

 

以上の段階というのは「3~5歳」くらいの時期に

少しずつ身に着けて欲しいものになります。

 

3歳未満というのは、集中力が続かないことが当たり前であり

この時期に、まず最初の段階である「集中力を発揮できるタイミング」

つまり「そこのが興味を持つもの」を、見つけてあげることが重要になります。

 

「生まれた時から勉強に興味がある」という子であれば

何も問題はなく、お母さんが心配していることもないはずです。

 

「勉強(につながるもの)に集中」ができないから、悩んでいるはずです。

 

最初は、勉強に関係ないものでも問題ないのです。

 

「発達障害」のケースも想定すべき?

 

「子供の集中力」の話題の際には

必ず「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」といった

いわゆる「発達障害」が取り上げられることが多くなりました。

 

これらの言葉は、最近になって広く知られ始めたことであり

一般的に働いている社会人の中にも、これらの傾向を持つ人は珍しくありません。

 

幼い時期においては「人に迷惑をかける」

ということがなければ、過剰に心配する段階ではありません。

 

これらの問題に関しては、今後改めて解説していきたいと思います。

 

何より、極端なケースを除きいて

幼過ぎる時期では、一概に判断できないことでもあり

「落ち着きがない」だけで、過剰に心配をする必要はありません。

 

そして「発達障害」の人間には「異常な集中力」を持っていて

その集中力を活かしている人もたくさんいます。

 

とにかく、

 

お母さんは「好きなことを見つけてあげる」ことに集中しましょう。

 

また、極度に落ち着きがないと考えられる場合には

専用のサプリを利用するという選択肢もあります。

 

 

発達障害・意識・集中に関する問題は、非常に研究が盛んであり

「薬」を使わない様々な方法に関して、特に注目されています。

 

特定の栄養素を、わずかに摂取するだけでも

状況が好転する可能性もあり、ぜひ検討してみてください。

 

 

※以下のページも参考に

 

>>>子供の頭が良くなる食事・栄養素

 

 

何より「反復」が大切です

>>>まずは簡単なものをとにかく続ける



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論 問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」