効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子供のやる気を効果的に引き出す方法~褒める際の注意点も~

 

前回に引き続き「自信」と「やる気」についてのお話しです。

 

幼い時期の、ささやかな「自己承認欲求」

今後の人生において、非常に大切なことであり

これを満たすことは、非常に簡単なことであることを前回解説しました。

 

 

そのために、お母さんがすべきことは

「見ているよ」ということを伝えてあげるだけであり

そして、それは「自信」を与えることと同時に

「やる気」を沸かせるための、きっかけになります。

 

最初は、必ず「ママに褒められる」ことによって

「やる気」が沸いてくることは、確実なことです。

 

幼児教育には「自信」と「やる気」の相乗効果が必要不可欠

 

「自信」がつくことによって「やる気」が沸いてきて

沸いてきた「やる気」を認めてあげることで、更に「自信」をつけていきます。

 

素晴らしい「前向きな連鎖(スパイラル)」が生まれることになります。

 

そして、幼児教育にはこの「前向きスパイラル」が必要不可欠になります。

 

「飽きる」前に「とにかく褒めて」つなぎとめる

 

幼ければ幼いほど、好奇心の対象は多く

また同時に「飽きっぽい」ものでもあります。

 

「興味が出てきた」と思ったら、別の対象に移ってしまいます。

 

しかし「お勉強」に興味が出てきたタイミングで

「飽きさせない」で「続ける」ことが、幼児教育のスタートになります。

 

そして、そのタイミングで必要なことは「とにかく褒める」ことであり

「これやってれば、ママが褒めてくれる・嬉しそうだ」という

印象を植え付けることが大切です。

 

お母さんの、うまく「転がす」テクニックが必要になります。

 

「褒めて伸ばす」際に注意していくべきこと

 

「褒めて伸ばす」というのは、最初のうちは非常に効果的な手段ですが

だんだんと「諸刃の剣」になってきます。

 

諸刃の剣のリスクとして

  • 「褒められなければ」やらない・やる気が出ない人間になるリスク
  • 「低いレベル」で満足してしまうリスク
  • 「称賛」を優先にしてしまうリスク

 

これらのリスクを避けながら、褒めて伸ばすことは

非常に難しいことになってくるため

徐々に「褒めなくても」自発的に学習をするように

仕向けて行く必要があります。

 

「褒める」というのは、あくまで背中を押す「助走」であり

 

自分で飛べるようになることが、本来の目的になります。

 

「段階」によって「ハードル」を挙げていく

 

「褒める」ことを効果的に使いたなが、成長させていくためには

徐々に「ハードル」を上げていくことが必要です。

 

クリア出来たハードルよりも、少しだけ高いハードルを用意し

「褒められるためのハードル」を上げていきます。

 

褒めてあげるのは1度目だけであり

何度も同じレベルものが出来たとしても

「褒められるようなことではない」と理解させましょう。

 

少しずつ高い自己承認へ

 

「褒められて嬉しい」というのは、実はレベルの低い承認欲求です。

 

そういったことは、出来るだけ幼い時期にクリアし

徐々に高い承認欲求のハードルを

「自分で」設定出来るようにすることが出来ることが理想です。

 

自分で設定した目標に対し、モチベーションを持って

取り組むことが出来るかどうかは、成長してから非常に重要になります。

 

たとえば、私の場合はこのブログを沢山の方に

読んでいただけることが、モチベーションにつながります。

 

日常の中のほんの少しの要素ですが

「自分で書いたもの」を読んでもらえる

 

突き詰めると

 

ネットにつないでわざわざ「アクセス」してくれる。

 

相手が、自分の行動に「対する」行動を起こしてくれる。

 

嬉しい←今ココ

 

「誰に言われることもなく、自分で起こした行動」の結果が

「最終的に認められる」ことは非常に満足度の高いことです。

 

これは、いずれ「進路」を決める際などに

非常に重要になってきます。

 

幼い時期に「自信」を持てるかで将来が決まってしまうかも?

 

最後に、またヒドイ表現をすると

「褒められた経験があまりない」人間は、例外なく「卑屈」になります。

 

「世界に受け入れられていない」という劣等感が、一生続くことになります。

 

「褒める」という、些細なことが

一生を左右してしまう恐れがあり

 

幼い時期に「自信」を手に入れることが出来るか・出来ないかを

左右してしまうのが「ママ」になります。

 

 

「ハードル」を調節してくれる

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

↓↓「集中力」「落ち着き」がないかな?と思ったら



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」