効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

勉強が嫌い・しない子供を「勉強好き」にする簡単な方法

 

ずいぶん先の将来の、小難しい話はとりあえず中断して

今回から、通常運転で進めていきたいと思います。

 

まずは、悩んでいるお母さんが多そうな

 

「我が子が勉強してくれない」

 

という悩みについての、解決法を考えていきましょう。

 

 

このブログを読んでくださっているお母さんは

どちらかというと「勉強熱心」な方

 

または、どう勉強させればいいか分からない

 

いずれにしても「勉強して欲しい」と願っているお母さんが多いはずです。

 

そしてこのブログでも、何度もしつこく解説している

 

「勉強しといた方がいい」

 

という「当たり前」のことは、当然ご理解されており

なんとか「知識を授けたい」と思っていると思います。

 

しかしもし、自分の子供が

「勉強をしたがらない子」だった場合には

なかなか「やきもき」し、更に「焦って」しまうはずです。

 

「勉強が好きになって欲しい」

切実に願っているお母さんは多いようです。

 

年齢によって変わる対処法

 

このブログでは「小学校中~低学年未満」

特に「小学校入学前」のお子さんを想定していますが

それは「出来るだけ早く」ということが大切だからです。

 

このブログでは、しつこ過ぎるくらいに言っています。

 

そして、その理由としては

  • 頭が柔らかい(吸収しやすい)
  • 記憶が定着しやすい
  • 素直

 

という3点が含まれており、最後の「素直」ということが

勉強が「好きになる」「習慣になる」ことにとって、非常に重要になります。

 

いずれまた「悲しい解説」をする予定ですが

「手遅れ」になる年齢はあります。

 

「いつ始めても遅くない」は嘘です。

 

出来るだけ幼い時期に、学習の習慣を付ける必要があります。

 

だからこそ、幼い時期であればあるほど

「勉強の習慣を、つけてあげなければならない」のです。

 

そして、その際には「幼ければ幼いほど、素直であり」

人聞きの悪いいい方をすれば「転がしやすい」のです。

 

これが「成長」してしまうことによって、難しくなります・・・

 

学習に向かわせるとっても単純で・とっても簡単な方法

 

子供に勉強させる、学習に向かわせる

最も効果的な手段を「結論」から申し上げると

 

「ママのお願い」です。

 

拍子抜けしてしまった方も多いかもしれませんが

 

「○○くん(○○ちゃん)ママと一緒に勉強しようよ!」

 

では、だめです。

 

それは「勧誘」になります。

 

これで効果があるのであれば、それに越したことはありませんが

情緒が育ち始めることによって、それが難しくなってくる時期もあります。

 

相手の要求・指示全てに反対したい年頃である

いわゆる「イヤイヤ期」の時期は、お子さんそれぞれであり

「自我」が固まり始めている子供ほど「勧誘」は難しくなります。

 

相手の「誘い」は断りたくなるのです。

 

親しい人間であれば、よりその傾向が強まります。

 

好きな人に意地悪してしまう感じになっています。

 

「勧誘」「命令」「指示」ではなく「希望」と「要求」

 

しかし、大好きなお母さんの「誘い」は断りたくなりますが

「お願い」であれば、耳を傾けてくれるはずです。

 

特に、4歳未満のお子さんには非常に効果的です。

 

例)何らかの学習をして欲しい場合

 

「(教材等を見ながら)なにこれ!面白そう!!」

 

|д゚)チラッ

 

「○○くん(○○ちゃん)と一緒にやりたいな~」

 

「やってくれないよな、、、悲しいな、、、」

 

|д゚)チラッ|д゚)チラッ

 

「これやってる(勉強する)○○くん(○○ちゃん)が見たいな~」

 

|д゚)チラッ

 

「ってういうか、、、こんな難しいことやってる子いるのかな?」

 

|д゚)チラッ

 

「こんな難しい問題、絶対分からないよ~~答えが知りたいよ~~」

 

|д゚)チラッ

 

「誰か教えてくれないかな~~~???」

 

例)読書をさせたい場合

 

「ご本を読みたいよ~」

 

|д゚)チラッ

 

「誰か一緒にご本を読んでくれないかな~」

 

「1人じゃ寂しくて読めないよ~」

 

|д゚)チラッ|д゚)チラッ

 

「ってういうか、、、こんな難しい本が読める人なんかいるのかな、、、?」

 

|д゚)チラッ

 

「は~、読んでくれる人がいればな~」

 

|д゚)チラッ

 

|д゚)チラッ|д゚)チラッ

 

 

時々、パンチを効かせることも大切です。

 

 

最初は「シカト」していても、やがて

 

 

「たくっ、しょうがねえな」

 

 

となるタイミングがやって来ます。

 

通用する時期に試してみる

 

こんなことが「通用する時期」があります。

 

通用する時期に「懐柔」し「勉強好き」にしてあげる

自然と「習慣」を付けてあげることが大切です。

 

この後の段階については、また改めて解説したいと思いますが

少しでも興味を持ったあとは「褒め殺し」ます。

 

勉強することで、誰か(お母さん)を満足させる気持ちよさ

更に「やってやったこと」に関して、褒められる気持ちよさ。

(これが大人だったら嫌な奴ですが・・・)

 

 

勉強を「快楽」にしてあげるのです。

 

 

ちなみにこれは「イヤイヤ期」の転がし方にも通じます。

 

もちろん「命令」「指示」は完全NGです。

 

論理的な解説をしても意味がない

 

結局のところ

 

「将来のために勉強するべき」「今やっといた方がいい」

 

テスト・受験・就職・・・

 

将来への影響を、論理的に説明をしても理解することが出来ません。

 

子供は、基本的に「今」のことしか考えられません。

 

短い人生から、10年20年後のことを想像することは無理なのです。

 

そのために「今勉強する」という行為を

楽しい、気持ちがいいことに変えてあげる必要があります。

 

 

勉強に興味が薄いかな?というお子様におススメの

>>>好奇心を育む教材「ポピー」の解説



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

学習の習慣を付ける 親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」