効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

3歳で幼稚園に入れるべき?入れない方がいい?行きたがらない場合には?

 

以前から、度々話題になっていたことであり

最近になってまた再熱しているようなので、一度考えておきたいと思います。

 

ずばり、幼稚園は年少から入れるべきか、年中から入れるべきか

いわゆる「3年保育」と「2年保育」は、どちらがいいのかというお話。

 

それに加え「幼稚園に行きたがらない」という、困っちゃうお話

 

これは、小学校入学後の「登校拒否」と重なる面・異なる面があり

早い段階での対処が必要なケースもあります。

 

 

もう過ぎ去ってしまった、という方もいるかもしれませんが

これから先の問題、更に凝り固まった概念を崩す

いい機会にしていただければと思います。

 

そこまで深刻に考える意味のないこと

 

3歳で幼稚園に入れるか、4歳で幼稚園に入れるか・・・

 

正直言って、どっちでもいい・大丈夫です。

 

元も子もないですね・・・

 

でも大した違いがないことは、実際に分かっていることなんです。

 

  • 愛情面での影響
  • 情緒面の成長
  • コミュニケーション能力の構築

 

「それほど影響はない」とされています。

 

注意すべきなのは「例外」のみです。

 

はじめは行きたくないと泣いていた子や、なかなか馴染めなかった子でも

「いつの間にか楽しみになっている」ことは、珍しいことではありません。

 

問題は

  • いつまでもずっと通園を拒否する
  • 通園が非常に苦痛
  • 抑うつ状態が続く
  • 帰宅後に暴力的になる

 

といったケースであり、実際には非常に稀です。

 

よく言われる「愛情面の希薄さを感じてしまうのでは?」

ということは、全く心配する必要はありません。

 

「家にいるより元気」というのは、ザラです。

 

お母さんが「不安」だから話題にするのでは?

 

「年少」からなのか「年中」からなのかは

親の事情で決めてしまっていいと思います。

 

この問題は、定期的に話題になっていますが

結局は親の事情で決められることが多いはずです。

 

経済的な面や、通勤の面など非常に現実的な要素から

「何となく」のタイミングを決めることであり

みんな不安だから、度々話題に登るだけのことです。

 

「人間社会」を学ぶ場所

 

そもそも「適切なタイミング」なんてあるのでしょうか?

 

幼稚園・保育園は「義務教育ではない」のです。

 

みんなが「行っているから」行かせるのです。

 

そしてこれもまた、大切なことです。

 

世の中そういうものです。

 

このサイトでは何度も述べていますが

幼稚園は、勉強を学ぶところではありません。

 

「コミュニケーション能力」と呼ばれる

「何となくの協調性」を育む場所です。

 

実際、小学校に上がる前にこういった施設で過ごすことは

非常に有意義であり、効果的・効率的です。

 

重要だが深く考える必要はない

 

「和」というと、聞こえがいいものですが

日本人は、こういった内輪の関係を非常に大切にします。

 

年少がいい(早い)か?それとも年中(遅い)か?という

本質的なものは、その部分だと思います。

 

結局は、年中から入園する子のお母さんが最も心配していることは

「できてしまった友達の輪」に入ることができるかどうかだと思います。

 

これはエスカレーター式・組のいる学校に

高校・大学から入ることと似ています。

 

確かに子供は2,3歳ですでに「派閥」の概念を持っています。

 

しかしながら、年中から入る子というのもたくさんいるのです。

 

年少からいる子とも、仲良くできることが理想ですが

駄目だったら、年中からの子と仲良くすればいいのです。

 

小学校に上がったら上がったで、また新しい出会いがあります。

 

もちろん「友達を大切にする」ことは、当たり前に大切なことであり

その基礎と作るのが、様々な幼児施設の役割には違いありません。

 

どうしても行きたがらない場合にはどうする?

 

幼稚園の段階では、非常に稀なことだと思いますが

どうしても、幼稚園に通うのを嫌がるお子さんもいるようです。

 

極論で言えば、行かなくてもいい場所です。

 

しかしながら「コミュニケーション能力」というのは

いずれは身につけなければならないものであり

最も相応しい時期を逃してしまうのは、もったいないことです。

 

なぜそんなに行きたくないのか、その理由を解決する必要があります。

 

なぜ行きたくないの?

 

登園を拒否する典型的な例として

  1. お母さん(おうち)が恋しい
  2. 人見知り
  3. いやな先生、同級生がいる

 

最も解決が簡単な問題は「3」です。

 

早い段階で、幼稚園を変えましょう。

 

最も単純で、ベストな解決法です。

 

本来は楽しめるはずの時期を逃すこと

また、情緒的なマイナスになりかねません。

 

「1」に関して、

  • 「どうせ帰って来るんだよ」ということを言い聞かせる
  • 少しの間、お母さんも幼稚園に滞在できるよう交渉する
  • 毎日幼稚園の内容を教えてもう「聞きたい」「楽しんで欲しい」ことを伝える

 

といった解決法しかありません。

 

これはもう「焚きつける」以外に方法がありません。

 

「2」に関して、

幼稚園以外に、触れ合えるサークルに参加し

コミュニケーションが難しいことではないと学ばせたり

仲のいい親戚のお子さんと、同じ幼稚園に通わせるましょう。

 

また、少ないながらも仲のよい友達がいれば

幼稚園の外でも、一緒に遊ばせてもらい

幼稚園に対する抵抗を無くすこともも有効です。

 

通園することによる、不安・憂鬱を超える

「楽しみ」を見つけてあげる必要があります。

自宅でのコミュニケーションで鍛える

 

4歳前後のこの時期というのは、幼稚園云々よりも

まだまだ家庭での過ごし方が重要な時期です。

 

コミュニケーションの基礎は、親から学ぶものです。

 

幼稚園のお話を聞く(報告させる)

「それは楽しかったね」と、ある意味で「洗脳」することも大切です。

 

楽しいことを、楽しいと認識させてあげるのです。

 

そういった意味では、なるべく早い入園がいい気もしますが

お子さんの成熟具合、また家庭の事情で決めて問題ありません。

 

 

>>>もちろん勉強は「こっそり」でも進めましょう

 

頭がいい子には、人が集まります。



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」