効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



気が短い・癇癪持ち・幼稚~年齢に比べてちょっと幼いかも?子供の性格・特徴が心配なお母さんは何をすべき?~

 

いわゆる「精神年齢」というのは、基本的に「経験」によって年をとるものです。

 

そのため、ある程度は「実際の年齢」に比例するものでもあります。

 

また、確かに広い範囲で見れば「早く大人になる子」と

「いつまでも大人になれない子」に分かれると言えますが

そうは言っても、比較的平和・社会が安定している日本においては

「年相応」に、精神的な面も育ってくることが一般的と見えます。

 

しかしながら、中には「いつまでも赤ちゃん」といった極端な場合もあり

「このままで大丈夫かしら?」と心配されるお母さんもいるかもしれません。

 

 

幼い時期の情緒的な成長というのは、人格(性格)の形成に非常に重要であり

そして子供の精神的な成長に関しては、「持って生まれたもの」に加えて

当然のことならがら、「育て方」が大きな影響を与えることになります。

 

「心の成長」が自然と進まない場合は注意が必要なことは事実

 

生まれつき、「癇癪を起しやすい」といった

いわゆる「疳の虫(かんのむし)が強い」というものですが

基本的には、心の成長と共に「落ち着いてくる」はずと言えます。

 

そもそも、ある意味で「個性」でもあり

全て丸替わりする、ということも少ないものですが

  • 気が短く、すぐにモノにあたる
  • 思い通りにいかないと、癇癪を起こす
  • ママがいないと、何もできない

 

といった状態のまま、成人を迎える人間は稀です。

 

「少し残る」ことは、ある程度は見られるものですが

基本的には自然と「いい方向に」いくものであり

そこれこそが、「心の成長」と言えるはずです。

 

しかしながら、稀に「そのままいっちゃった」ということも

ないわけではなく、そういったケースというのは

いつまで経っても

  • 厳しくし過ぎ
  • 甘やかし過ぎ

 

という傾向があります。

 

「甘え」というのは、「甘やかしているから」という一方で

「甘えることができなかったから」という事情も影響するものであり

どちらかというと、後者の方が「重い」と言えます。

 

「甘ったれだから」「我慢ができないから」といって

上から押さえつけてしまうのは、逆効果になってしまうことも多いのです。

 

ただしそれが「一過性」のものなのか、

「多動症」といった症状の傾向が見られるのか?といったことに関しては

慎重に見極める必要であり、後述する「集中力」にも関わることです。

 

いずれにしても、幼い時期のケアは重要なものとなるため

心配し過ぎもよくありませんが、様々な角度から「可能性」を考えておく必要があります。

 

※参考記事

>>多動症?とにかくじっとしていられない子供の症状はどうすればいい?

 

学習・知能への影響は「ある」

 

当サイトでは、学力・知能に関する情報を主に発信していおり

「子供の性格の傾向」が、学習能力に対して

どのような影響を与えるのか、についても考えていきたいと思いますが

これらは、非常に「関連性が高い」と言えます。

 

それは、「自信」と「人格の構成」は非常に密接な関係を持っているためです。

 

いつまで経っても「集中」が育たないリスク

 

まず最初に、気が短い・癇癪持ちの傾向が見られる場合のリスクとして

勉強や運動に関わらず、「諦める・投げ出す」といったことが挙げられます。

 

「できないからやだ」「できないものはやりたくない」というやつです。

 

これでは集中力の成長が遅くなり・・・ますます周りに後れをとり・・・

「勝てないからやらない」という、悪循環から抜け出せません。

 

この問題をクリアするためには、

まずは、なんとしても「クリア」させてあげることが必要であり

この「少しずつ乗り越える」という経験は、

「情緒の成長」にとっても非常に重要な意味を持ちます。

 

「できることを、こなさせる」ことから

 

とにかく、いくら簡単な・レベルの低い(ように見える)ことでも

その子が「確実にできる」ということから、やらせてみましょう。

 

そしてその後に、ほんのちょっとできること

徐々に、徐々に、レベルを上げていきます。

 

これは、基本的な学習の力を高める方法でもあり

「勉強が嫌にならない」ために必要なプロセスであり

何より「できなかったことが、できるようになる」という経験を積ませることができます。

 

※参考記事

>>勉強をしない・勉強が嫌いな子供の克服法

 

「自信」と「精神年齢」は比例する

 

精神年齢が育たない、ということは「1人では何もできない」ということと同じです。

 

周りが「お膳立て」しなければ、前に進めず

周りが助け続けている限りは、永遠にそのままです。

 

そしてその状態を脱出するためには、何より「自信」が必要なのです。

 

当サイトでは、繰り返し述べていることですが

子供というのは「承認欲求」の塊であり、満たしてあげる必要があります。

 

もちろん、「ありのまま」の存在を認めてあげることも必要ですが

 

「1人で頑張らないと(結果を残さないと)認めてもらうことができない」

 

ということも、幼い時期に・より幼いからこそ、教えるべきなのです。

 

その際に、「新しくできたこと」を認めてあげるサイクルがあることで

  • 徐々に問題をクリアする能力
  • クリアできるまで頑張る力
  • それに伴った集中力の向上

 

これらを伴って、自信を与えることができるはずです。

 

※参考記事

>>子供の学力・能力を伸ばすための正しい褒め方とは

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧