効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



極度に集中力・落ち着きがない子供の育て方~発達障害?病気なの?どうすればいい?~

 

「発達障害」「ADHD」という言葉は

近年になって、急に注目されてきたようですが

教育の現場では、以前から話題になっていたものです。

 

というのも、

 

「どうしても先生のいうことを聞かない子」というのは

昔から度々見られ、お母さん方も思い起こしてみれば

同じクラスに、そういった子がいた記憶はないでしょうか?

 

そして、もし自分の子が「そういう子」だった場合

そういった傾向が見られるようになってきた場合

大きな不安に、襲われているお母さんもいるはずです。

 

 

そもそも、なぜ近年になってこれらの症状が注目されているかというと

そのきっかけは「大人の発達障害(ADHD)」と呼ばれるものです。

 

発達障害の人の働き方、社会での振る舞いによって

会社内の業務・コミュニケーションに支障が出る等の現象が

メディア等でクローズアップされたことによるものです。

 

ここでまず注目すべきは

「発達障害であっても、普通の会社に就職できる」といういことであり

絶望する必要は、全くありません。

 

むしろ「普通の人よりも、輝くものを持っている可能性あり」と考えましょう。

 

その前に、まずはこれらの症状について知っておきましょう。

 

どんな症状があって何が問題なの?

 

発達障害やADHDに関しては、

「単なる知的障害」と考えられていることも多いようですが

ADHDの場合、実は「並外れた能力」を持っている人も多いです。

 

まず「発達障害」とは、「脳機能障害」の症状の1つであり

  • コミュニケーション能力
  • 協調性
  • 集中力

 

これらが、極端に「苦手」なケースが多く見られます。

 

また

  • 極度におっちょこちょい
  • 何度言っても同じミスを繰り返す

 

といった症状は「ADHD」や「アスペルガー症候群」として知られています。

 

発達障害の特徴として

広い範囲では、以上の症状が見られますが

 

その中でも

  • 自閉症
  • ADHD
  • アスペルガー症候群
  • 学習障害

 

といったように、細分化されます。

 

どれに分類されるのかに関しては

医師による、適切な判断でなければ断定できません。

 

また、中には軽度の知的障害を伴うこともありますが

断定できないほど、わずかなことも多いです。

 

「普通の子と変わらない」部分も多いことが

「生きづらさ」「お母さんのつらさ」

つながってしまうように見受けられます。

 

これらの症状は「先天的」なものであり

生まれてからの環境は、関係ないと考えられています。

 

また、妊娠中の環境による影響に関して

「全く関係ないもの」「疑われるもの」の両方がありますが

いずれにしても、原因であると断定できるものはありません。

 

遺伝的な要素も考えられ「隔世遺伝」も見られるようです。

 

「兆候」が見られる場合にどうすればいい?

 

前置きが長くなりましたが、

実際に我が子に、上記したような「兆候」が見られる場合に

どう接する・育てていくべきか、考えていきましょう。

 

 

まず前提として、早期の判断は非常に危険です。

 

 

このブログをご覧になっているお母さんは

「幼児」と呼ばれるような、幼いお子さんをお持ちの方が多いはずです。

 

「やたら騒がしい子供」は珍しいことではありません。

 

また大人しい人間から、賑やかな人間が生まれることもあります。

 

 

まずは「個性」という可能性を考えてみましょう。

 

 

「更生」という言葉は、適切ではないかもしれませんが

幼稚園・小学校と「どうしようもなかった子」

立派な学生・社会人になることは、よくあることです。

 

特に、厳しい家庭で育った子供というのは「外弁慶」になりがちであり

むしろ「我慢」している子供の方が「後で大変」だったりします。

 

「騒がしい」ことが、許されるうちに騒がしくすべきなのです。

 

徐々に「落ち着いて」きたら

>>子供の集中力を高める方法~集中力は「作ってから」伸ばすもの~

 

しかし、やっぱり「少し異常かもしれない」という場合

お母さん・ご家庭でできることは、何でしょうか?

 

「矯正」よりも「改善」を考えていく

 

まず発達障害は、「完治」という概念はありません。

 

これも適切ではないかもしれませんが「乾燥肌」を同じく

生まれ持った「体質」であると考えましょう。

 

そのため、「治す」のでなく「受け入れる」ことを優先します。

 

受け入れたうえで、「うまく付き合っていく」ことができるよう

その子が「生きやすい人生」にしてあげましょう。

 

まず、

 

周りに迷惑をかける・人を傷つける(言葉・暴力)場合

問答無用で、「してはいけない」ということを刷り込みましょう。

 

これから生きていくうえで、迷惑をかける人間は

「社会から排除されてしまう」ことを、教えましょう。

 

性格であろうが、発達障害であろうが

迷惑をかけるということは、結果的に自分が苦しむことになります。

 

「ずっと好きなことだけ」させてみるのもあり

 

そして、このブログをご覧の方が気になると思われる「勉強」に関して

「ADHD」の中には、「得意なことをとことんやる」一方で

「他のことはやらない」というケースが多く見られます。

 

「集中力が続かない」「落ち着かない様子を見せる」といった場合

そもそも、目の前のことに興味がない可能性があります。

 

その場合には「好きなもの」だけやらせる、ということも「あり」だと思います。

 

全ての教科でよい成績を残すことが難しくなりますが

無理に興味のないことをやらせて、癇癪をい起こさせたり

不安定な精神状態に追い込むよりは、その方がメリットが大きいはずです。

 

そして「興味のある対象を見つけてあげる」ということが

最も大きな「救い」につながるものであり、家族の一番の役割でもあります。

 

様々なアプローチが考えられている時代

 

最近では「落ち着き」に問題のあるお子さんのための

様々な「療法」が考えられていると同時に

「サプリ」を利用した「栄養面」でのアプローチも可能になっています。

 

 

もしかしたら、

ただの気休めとなってしまうことも考えられますが

「うちの子はどうにもならない・・・」と考える前に

一度だけでも、一定期間試して欲しいサプリです。

 

「食品」であり「薬」ではないため

その効果を断定することはできませんが

集中力・落ち着きにメリットのある栄養素が配合されており

「試してみる」ということは、無駄にはならないはずです。

 

コドモのミカタサプリ【コドミン】

 

いずれ「え?あの子がっ?」となることも

 

繰り返しますが、お母さん・家族が見捨てたら「終わり」です。

 

決して悲観してはいけません。

 

むしろ「期待」しましょう。

 

「発達障害」は意外に多いものであり

一般的な社会人生活を送り、家庭を持っていることも多いです。

 

それ以上に「エネルギーの塊」でもあります。

 

歴史上の有名な人物・有名起業家の中には

アスペルガー症候群・ADHDの人も珍しくないとされています。

 

  • アイフ〇ンを作った偉人
  • 「相対性理論」を唱えた偉人

 

また、著名な小説家・ハリウッドスターといった

芸能関係の職業の方に関しても、後々「告白」することが多いです。

 

非常にファンの多い「坂本竜馬」にも

その傾向があったのでは?とされています。

 

ただし、以上に挙げた人物というのは

何らかの「結果」を残しており、やはり「何か」を持っていなければ

なかなか認められないこともまた事実でもあります。

 

 

まだまだ先は長いです。

 

 

悩む・治そうとする・悲観する・あきらめるのではなく

何か1つ「武器」を与えてあげることが、親の役目であるはずです。

 

 

>>自分の子供の「適正」を見つけたい

 

 

>>お子様専用サプリの解説





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧