効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

朝ご飯を食べる子は頭が良くなるのか?~幼い頃からの「習慣」と「環境」~

 

「朝ご飯は、ちゃんと食べた方がいいのか?否か?」

ということは、度々話題になることでもあります。

 

もちろん、基本的には「食べた方がいい」ことは間違いありません。

 

しかしながら「朝食」と「頭の良さ」という点について

そう単純に結びついているわけでもありません。

 

ちなみに・・・「大人」に関しても

「朝ご飯を食べたから仕事がはかどる」という、単純なものではなく

実は非常に「個人差」のある、考えを改めるべき内容でもあります。

 

 

そして、幼児期における「朝食」に関しては

「体の発達」のための「栄養の摂取」としての効果

また「習慣としての意味」が、非常に大きなものになります。

 

頭が良くなるのではない

 

非常に現実的な話をしてしまうと、朝ご飯を食べることによって

「頭が良くなる」のではなく「体が成長する」ということです。

 

しかしながら「脳」や「神経」といったものが

「物理的に」成長することによって

「学習能力」にも、当然影響することになり

「ちゃんと食べないよりも食べた方が頭が良くなる」ことは事実です。

 

 

まわりくどいですね。。。

 

 

また学習能力だけでなく「運動能力」

それらのベースとなる、身長・体重にとっても

大きな影響を与えることは、言うまでもありません。

 

朝食を食べる「習慣」を持つ「家庭」であることに意味がある

 

朝食と、学習能力の関係の参考として・・・

 

朝ご飯を食べる子供と、食べない子供では

「食べる子」の方が頭がいいということは、統計として明らかです。

 

これは、おそらく「環境」という面の影響が大きいです。

 

またまた「家庭内の本の量」の話と同じことが言えます。

 

もちろん、家庭・仕事の事情によって難しい場合もありますが

出来る限り、多くの家族と朝食を食べる習慣を持つことが望ましいです。

 

これは「情緒」「性格」にも、影響を及ぼすと考えられます。

 

 



食べなくちゃ勉強(仕事)出来ないの?

 

実は、この「朝食の有無とパフォーマンス」に関しては

非常に意見が分かれる「科学的に」壮大なテーマでもあります。

 

というのも、「空腹」という要素は集中力を高めます。

 

「お腹がすいて集中出来ない」という状態において

一度集中してしまった後は「劇的な集中ホルモン」が分泌されることが分かっており

しっかり「食べた後」よりも、かえって処理能力が高まります。

 

「飢餓状態」は、あらゆる身体機能を向上させることは広く知られています。

 

しかし、この集中ホルモンの分泌に関しても

個人差があり、一概に言えるわけではありません。

 

あくまで、私の場合ですが・・・

「朝から何も食べていない」方が、夕方くらいまで集中出来ます。

 

その後に「ドカ食いして太る」という「反動」がありますが。。。

 

子供はマネしちゃダメ!

 

しかしながら子供というのは、非常に新陳代謝がよく

すぐにお腹がすいてしまうものです。

 

「最近食べれなくて・・・」という大人は

新陳代謝の機能が、衰えていることによるものです。

 

やはり、子供にはしっかりと朝ご飯を食べさせるべきであり

これは「習慣」として、身に着けたいものであり

「ご飯を食べて、しっかり勉強(仕事)するぞ!」

という人間になる方が、よっぽど理想的です。

 

「何も食べずに、みっちり仕事したったわー」の後に

ドカ食いする人間にはならない方がいいです。。。

 

おまけ:朝ご飯はパン派?ごはん派!

 

これも永遠の課題ですね。

 

それぞれの「エネルギー効率」には特徴があり、

 

血糖値を穏やかに上昇させて「長く」エネルギーとして

機能させることを目的とするならば「ご飯」であり

 

短期間で血糖値を上昇させることによって

「短期決戦」を目的とするならば「パン」になります。

 

間をとって「麺」というのは、非常に理にかなったものであり

「かけそば」をすする会社員と共に、日本が発展したことを考えれば

「朝食の主食」としては、最もおススメ出来ます。

 

「イクメン」という言葉もありますが

相変わらず「朝食はお母さんが作る」比率は高いです。

 

本当にご苦労様です。

 

 

足りてないかな?というご家庭は

>>>「お子様専用サプリ」の解説ページへ

 

 

↓↓極度に「集中力」「落ち着き」がないかな?と思われる場合には↓↓



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起 考える

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」