効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

教育熱心なお母さんが陥りがちな思考~モンスターペアレンツの事例と自分自身の対処法~

 

このサイト(ブログ)をご覧になってくださるお母さん方は

「どちらかと言うと教育熱心」ということは否定できないはずです。

 

「教育熱心」と言う言葉や、その態度というのは

時に・人によって、否定的にとらえられてしまうこともありますが

基本的には素晴らしいことであり、お子さんのことを思ってのことと思います。

 

しかしながら、その子供を思う気持ちが裏目に出てしまい

時に「モンスター」となってしまうことが、社会問題にもなっています。

 

 

「モンスターペアレンツ(ト)」と呼ばれる

「手に負えない」保護者、時に「悪質」を思われてしまう方達には

「モンスター」に至るまでの「思考」や「勘違い」があります。

 

「ペアレンツ(両親・親))」と呼ばれるからには

その方達の子供と接する機会のある職業

  • 学校の先生
  • 塾の講師

 

といった人達から見た問題になります。

 

今までは「めんどくさい保護者」と呼ばれていた人達が

より目に見える形になっている傾向があるようです。

 

「モンスター」になりがちなお母さんの特徴

 

まず前提として、

「うちの子だけ給食はフレンチを出せ」や

「お掃除の時間に勉強させろ」といった例は論外です。

 

ただのヤバい人です。

 

このブログの読者に、そんな方がいないことを祈ります。

 

しかしながら、先生方と少し噛み合わない

世間の価値観から、少しずれているお母さんというのは

  • お母さん自身が賢い(高学歴)
  • 幼児期・学生時代に「学校(勉強)」でうまくいかなかった

 

両極端の傾向が見られます。

 

勉強が「出来た」お母さんのジレンマと「出来なかった」コンプレックスによる「スパルタ教育」

でも解説していますが、この2つというのは

「お母さんを狂わす」大きな要因になります。

 

それは学校の先生だけでなく、我が子にも矛先が向かう場合

もしくは、両方を傷つけている可能性があります。

 

というよりも、最終的に全ての人を傷つけます。

 

結局は「自分の思い通りにしたい」という、お母さん自身の欲求であり

子供の事情は「置いてけぼり」になっている傾向があります。

 

心当たりのある方は、一度自問自答してみましょう。

 

「先生」を下に見ている?

 

加えて、特に「高学歴」「元キャリアウーマン」のお母さんに多い例が

先生に対して、「見下している感」がある方です。

 

そもそも、小学校の先生は「学歴的に賢い」必要がありません。

 

なぜなら、「超簡単なことを教えるから」であり

「集団行動の規律を教える」といった、他に大切なことがあります。

 

「学歴」なんて関係のない世界であり

教員採用試験に受ける程度であれば、問題ありません。

 

確かに、

  • ちゃんとやっている先生
  • ダメな先生

 

両方いることが問題であり、そこをしっかり見極めなければなりません。

 

ちなみに、高校・大学の先生に比べて

小学校・中学校の先生の方が大変なことも事実です・・・

 

当たり前ですが、お互いに理解が必要です。

 

「少子化」と「自分達の幼少期」の思い出

 

つい子供に対し「間違った保護」をしてしまう要因として

「少子化」は多いに影響していると思います。

 

1人っ子がかわいがられるのは、万国共通のようです。

 

加えて、突っ込んだお話になりますが

モンスター化してしまう親御様の特徴としては

やはり、お母さん(お父さん)自身が

  • 「過保護に」「甘やかされて」育てられた
  • あまり可愛がられなかった・育児放棄気味だった

 

以上の2つの傾向があると思います。

 

前者は「世間知らず」として、後者は「コンプレックス」として

自分の子供に対する接し方が、世間一般に比べて極端になってしまいがちです。

 

結局は愛する我が子に災難が訪れる

 

親がモンスター化する弊害は、最終的に子供に襲いかかります。

 

子供は成長します。

 

幼い頃は「僕(私)のためなんだ」と思っていても

やがて「自分の親は非常識だな」と気づく時がやってきます。

 

また「お前の親、質(たち)悪いな」と

周囲のお友達に思われてしまうことになります。

 

傷つくのは、結局子供なのです。

 

完全に「本末転倒」です。

 

「子供の危険・被害」がある場合にはモンスターになって結構

 

もちろん時には、というよりも正当性がある場合には

モンスターにならなければならにこともあります。

 

子供がいじめられている

 

先生が見て見ぬふりをする

 

度々社会問題になりますが、こういった事例はなくなりません。

 

そんな時は、徹底的にモンスターになりましょう。

 

というよりも、モンスターはいじめる側・先生です。

 

要は、見極めが肝心なのです。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」