効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



幼児期の英語教育は「やっぱり必要かもしれない」と思った件

 

このサイトでは、幼い時期の学習内容に関しては

何よりも「日本語(国語)の理解」「算数の解決力」を

出来るだけ早く身につけて、ひたすら反復することが

最も重要で・効果的であると解説してきました。

 

「英語は二の次」であると。

 

しかし、最近では

「少しだけ考えを改めることが必要なのかな?」と思っています。

 

 

というのも、先日海外に行った際

自分の英語力の「中途半端さ」を感じると共に

諸外国の方の「当たり前に使う感」に驚きました。

 

久しぶりの海外だったということもあり、また滅多に行かないため

毎回行くたびに「すごいな~」と思っている気がします。

 

それは、もちろん「訪れた国」の方に関してもです。

 

「生きるために学ぶ」必要がある

 

私が訪れた数か国は、日本に比べると

「圧倒的に」教育水準の低い国になりますが

英語に関しては「使う力」が非常に高い印象を受けました。

 

もしかしたら「単語量(ボキャブラリー)」に関しては

日本の高校3年生の方が高いかもしれませんが

実際に「実用的な英語」は「バンコクの屋台のおばちゃん」の方が高いはずです。

 

決して「屋台のおばちゃん」を低く見るわけではありませんが

「日本のチェーン居酒屋」「チェーンホテル」のスタッフよりも

英語力に関しては、はるかに上です。

 

「コンビニ」で比べると、最も大きな差がある気がします。

 

まして「個人経営の居酒屋」等では

外国人の接客をすることは出来ないでしょう。

 

それによって、売り上げの機会を失うことになります。

 

しかし、私が訪れた国は「都心部」であれば

どんなレストラン・ホテルであっても「わりとぺらぺら」でした。

 

使ってなんぼ!

 

東南アジアは「観光立国」である国が多いため

英語が喋れる・聞き取れることは「必須」です。

 

生きるため・生活するために、習得せざるをえません。

 

また日常的に外国人と触れ合うことが多いため

「自然と身につく」というメリットもあります。

 

日本で生まれて、日本で生きて(生活・仕事)いく場合

実際には「勉強しても使わない」ことがほとんどでした。

 

しかし、いよいよこれからは

「英語が出来なきゃ話にならない」となりそうです。



とりあえずちょっとずつ「浸透」させておく

 

以前のポスト幼児に英語教育は必要?効果はあるの?では

 

どうせ覚えても「しばらく使わない」から

他のことを優先すべきであると述べました。

 

しかし「種をまく」といったことは、幼い時期の方が

後々「改めて」勉強する際に、非常に効率的になるため

英語に関しても「幼児教育」は必要かなと思い始めました。

 

「こういう言葉・お勉強もあるよ」と教えるだけでも

「興味」を残しておくことが出来ます。

 

とりあえず、3歳未満の場合には⇒「ミッキーと遊びながら」

なんとなく「触れ合う」くらいで十分だと思います。

 

英語の早期教育も必要かも

 

基本的には、英語に関しては

「中学校の授業においていかれない」ために

小学校高学年から始めればいいかな、と思っていましたが

それ自体、そもそも非常に「内向き」な理由でした。

 

「移民」に関しする複雑な問題だけでなく

日本で仕事をする外国人、海外で仕事をする日本人が

今より一層増えることは間違いありません。

 

「グローバル化」ってやつです。

 

そういった場合に、コミュニケーションをとるためには

世界共通語である「英語」が不可欠になります。

 

そのための「世界共通語」なのです。

 

特に「ビジネス」に関わる場面では「分からない」では済みません。

 

「アイ、キャント、アンダースタンド」で、仕事がなくなる可能性もあります。

 

そしてそれは「職業に関わらず」という注釈が付きます。

 

でもやっぱり「幼いうちは気楽に」

 

「英語なんて言葉なんだ!」と

どこかの予備校の先生もおっしゃっていますが

「言葉」というものは、基本的には「目的」ではなく「手段」です。

 

「それ自体を学ぶ」ということには、本来疑問を持つべきです。

 

しかしながら「外国の言葉」であるがゆえに「学ぶ」必要があり

学ぶためには、他の科目と同じように身に着けたいものです。

 

そうは言っても、やはり幼いうちに「単語を詰め込む」といったことは

それほど効果的とは思えず(もちろん記憶力は最も高い時期ですが)

「今までよりも早めに始めよう」くらいでいいと思います。

 

 

 

「ディズニーの英語システム」無料DVDを貰ってみる

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧