効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

幼児・子供にパソコン教育は早すぎる?~ネット・タブレットを使った学習法を先取り!~

 

早過ぎません。

 

パソコンを「使う能力」「利用する能力」

この2つは今後の生活・人生にとって、欠かせないものであり・・・

 

というと大袈裟ですが、「早すぎるか」を心配する必要はありません。

 

「今はまだ使えなくてもいい」けど

「いずれ使いこなせるようになるべき」であり、焦る必要はありませんが

徐々に慣れていく必要のある「道具」であることは確かです。

 

そして現在では、パソコン・タブレット・ネットを介した学習法は

徐々に「スタンダード」になりつつある状況です。

 

 

お母さん方が考える「パソコン教育」というものには

2つの側面があると思われます。

 

1つは、パソコンの使い方を教えること

「使う能力」を身に着けさせることです。

 

そしてもう1つは、パソコンを「利用した学習」をする

主に、ネットを介した通信教育を指すはずです。

 

※↓↓先取り学習に超おすすめの現代式通信教育!


 

子供は「学びながら学ぶ」ことが得意

 

最も効率的な方法としては、

2番目の、パソコンを利用した学習を「しながら」

パソコンの使い方を覚えていく方法です。

 

この世には、2種類の人間がいます。

 

スマホやゲーム、家電機器を購入した後に

  • 説明書を読んでから使い始める人
  • 説明書を読まずに使い始める人

 

両者は、最終的な「使いこなし」に差は出ませんが

どちらかというと、2番目の方が飲みこみが早い傾向があります。

 

「感性で身に着ける」タイプです。

 

ちなみに私は、説明書を隅々まで読んでから使い始めます。

 

個人的には「基礎」が大切なことだと思っていますが

最初から「とにかくやってみる」ことで、「ものにしていく」という力も必要です。

 

特に幼い時期というのは、感覚で覚える能力に長けています。

 

学ぶための手段は何でもいい

 

これからパソコンは、より「使えて当たり前」の傾向が強くなります。

 

一度生活の中に入ってきた技術というのは、離れることはありません。

 

かまどで炊いたご飯は、美味しいものですが

炊飯器でご飯を炊いている方が大半のはずです。

 

「炊飯器」は、「最終的な道具」になりますが

これからは、何かと「パソコンで処理する」ことが多くなるはずです。

 

ネットバンクの普及に比例して、ATMの利用者は少なくなっていきます。

 

話がそれました。

 

要は、パソコンを使えることが前提の社会になりつつあり

早く覚えるにこしたことはないのです。

 

「使えない」「苦手」は、通用しないのです。

 

2、3歳は、ちょっと早すぎますが、

4、5歳から始めて大丈夫かと思います。(個人的な意見です。)

 

「早すぎるかな?」という感覚でなく

「やらせてみようかな?」という感覚を持ちましょう。

 

そして、パソコンを利用した学習法は

今後「問題集」と「鉛筆」にとって変わっていくはずです。

 

「娯楽」と「学習」は違うもの

 

パソコンに触れさせることに関して、心配しているお母さんは

パソコンをゲームと同じように考えているのかもしれません。

 

もちろんパソコンを与えることには、注意すべきこともあります。

 

パソコンは、ゲーム的な使い方ができることも事実であり

中には「依存症」と呼ばれる人もいるようです。

 

しかしながら、別の用途に使うことの方が多く

便利な・素晴らしい道具であることも事実です。

 

「パソコン」の悪影響を心配しているお母さんには

>>子供がゲームをやめない!~知能への影響・対処法は?ポケモンGOは禁止すべき!?~

 

「目的」を定めることが大切になります。

 

繰り返しになりますが、「ネット」を介した通信教育が

今後の主流になってくることは、間違いありません。

 

ガンガン使いこなしていきましょう。

 

パソコン学習はお母さんにとっても便利

 

パソコン学習ののメリットは、子供がパソコンを使う能力を養い

更に知識が身に付く、だけではありません。

 

「送り迎え」がないことでの、時間の負担や

通わせることの、行き帰り道の心配がなくなるメリットもあります。

 

実際に、パソコンに似た「タブレット」による通信教材である

「スマイルゼミ」を中心とした、新しい通信教育は

サービス開始以来、利用者が増え続けているようです。



 

「専用タブレット」であり、それ以外の使い方はできないため

お母さん方が心配しているリスクを避け、電子機器の使い方を学ぶこともできます。

 

当サイトでは、何度も解説している通り

少し上の学年の内容を、早く身に着けておくべきであり

小学校入学前に、始めてしまってもいいと思います。

 

「スマイルゼミ」の無料資料請求を利用してみる

 

>>当サイト管理人による「スマイルゼミ」についての詳しい解説

 

いずれにしても、パソコン・ネットを正しく使う能力

いわゆる「ITリテラシー」というものは、早めに学ばせるにこしたことはありません。


<PR>通信教育の「王道」から幼児教育を始める



<PR>どんなお子様も楽しく始められる定番教材



 

学習法・学習教材 問題提起

この記事に関連する記事一覧