効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



幼い時期の英才教育は子供を不幸にするのか?

 

「幼い頃から、あまり勉強させると性格が曲がる」

 

「感情が<薄い>人間になってしまう」

 

こういった意見があることは事実です。

 

しかしながら、このサイトでは一貫して

勉強しないよりも、勉強した方が

 

幸せなる可能性が高い

 

ということを主張してきました。

 

 

たしかに、幼い時期の抑圧された・厳しい環境が

子供の精神的な成長に関して、マイナスであることは事実です。

 

しかしながら、そういったことと「学習」は関係ありません。

 

大切なのは「勉強させる」こと自体が

子供を不幸にするわけではないということです。

 

「自然に」勉強出来る子にしてあげる

 

「ものさし」で叩きながら勉強させる

 

問題を解けなかったら罰を与える

 

こういったことで、性格が曲がるのは当たり前のことです。

 

また「勉強することはがつらいこと」という

印象(トラウマ)を与えてしまうことになります。

 

これでは益々勉強に抵抗を持ってしまい

更に勉強が出来なくなるという、負の連鎖に陥ります。

 

しかしながら、これほど極端なことをしている家庭は少ないはずです。

(というよりも、やってはいけません。)

 

それではなぜ、幼児英才教育がマイナスであると言われるのでしょうか?

 

おそらく、幼い時期には他に身に着けること・大切なことがあるからです。

 

そして、それもまた事実です。

 

であるのであれば「両立」していけばいいだけでのことであり

「勉強」「学習」といったことは、別に意識する必要はありません。

 

「歯磨き」や「お茶碗を持つ」といったことを教える感覚で

日常的に学習する習慣を付けてあげればいいのです。

 

それは「苦痛」ではなく「習慣」であり

要は「どうってことない」ことなのです。

 

最初は「読み聞かせ」から始めて、毎日読書の時間を作る。

 

「お片付け」をした後は、今日何を使って遊んだか「おもちゃの名前」を書いてみる。

 

もの覚えが早い子には「でんしゃ」は、漢字で「電車」と書く

更に英語で「Train(トレイン)」と、発音だけでも教えてあげる。

 

生活の一部に、溶け込ませてみることも簡単な手段になります。

 

「別に苦痛じゃない」と思えるかどうか

 

「勉強」を「苦痛」にしなければ、性格が曲がりようがありません。

 

一般的には、頭がいい方が世間で評価されるため

今後、人に「褒められる」ことが多くなるはずです。

 

これは、情緒的にも間違いなくプラスになります。

 

お母さんの中には、勉強が嫌いだった・苦痛だったという人もいるはずです。

 

それはなぜでしょうか?

 

勉強はつらいもの・面倒くさいもの

 

という、感覚をに持ってしまった時期の記憶

体に・脳に染みついているからだと思います。

 

「ひらがな」を覚えるのがつらかった

 

という方よりも

 

「因数分解」や「過去完了形」を覚えるのが面倒だった

 

という方が多いはずです。

 

更に言えば「出来ない」ことによって、嫌いになってしまった方も多いはずです。

 

よっぽど、マイナスではないでしょうか?

 

注意して欲しい1点

 

スタートが早いことによって、周りよりもリードすることは当然です。

 

このサイトでも推奨している

小学校入学時点で「2年生の内容をマスター」していれば

3年生になる頃には、5年生の内容を理解出来ることは容易であり

授業が「物足りなく」なってしまうことも多いはずです。

 

「簡単過ぎる」と感じるはずです。

 

そこで「調子に乗る」「油断する」といったことは、マイナス要因です。

 

こういったことが「感動できない人間」につながると、考える人もいます。

 

しかしながら「出来ちゃう」ことは、仕方がないことです。

 

そういった場合には、新たな「目標」が必要になります。

 

更に高い学年のカリキュラムをマスターする。

 

また「勉強以外」の目標を持たせることも大切です。

 

今まで学習に使っていた時間で

長距離を走ってみる、どんどんタイムが縮んでいく。

 

そういった経験も、後々有意義に働くはずです。

 

これは「お母さんの裁量次第」でもあります。

 

消して人と比べない

 

そして、何より大切なことは「人と自分を比べない」ことです。

 

周りより勉強が出来るからといって

  • 調子に乗らない
  • 人を見下さない

 

こういったことを教えることも大切です。

 

人と比べているということは「負ける」こともあります。

 

順調だった人間が、一度の挫折で心が折れてしまう

 

というお話を聞いたことがあるお母さんも多いと思いますが

そういった人というのは、幼い頃から優秀であり

周りに褒められ・評価されてきたはずです。

 

「勝った」「負けた」を気にしない

 

ということを教えることが、一番大切かもしれません。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧