効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



「少子化」なのにライバルが増える?~「Z会<年長コース>」資料請求得点の紹介~

 

「人口の減少」「少子化」といったワードを耳にすると

「将来、子供が仕事を見つけるのが楽になる、ラッキー!」といった

ちょっと安心してしまう側面があるかもしれません。

 

「受験」といった、社会に出る前の段階で見ても

「お受験戦争」と呼ばれた時代に比べ

現在は、圧倒的に「倍率」の面で楽になっていることは事実です。

 

しかし、だからと言って「ライバルが少なくなる」

その結果「競争が楽になる」とは、決して思ってはいけません。

 

 

このブログでも、度々取り上げてきましたが

「グローバル化」は着実に・確実に進んでおり、もう止まりません。

 

>>>幼児期の英語教育は「やっぱり必要かもしれない」と思った件

 

これは日本に限ったことではなく、世界的な流れになりますが

「少子高齢化」という事情によって、特にグローバル化する「必要」が発生します。



「世界中」にいるライバル

 

「少子高齢化」は「先進国の宿命」と言えるものですが

日本の場合は、やや極端であり「働き手」が足りなくなることは間違いありません。

 

そのために国籍等は関係なく「外国人が働きやすい国」になっていくはずです。

 

これは「世界全体」としては、いいことです。

 

より「ハングリー」な人達によって、更に日本が発展し

また自国に持ち帰り、その国の発展にもつながります。

 

このサイトをご覧になっているお母さんの子供というのは

将来そういった人達と、競争していくことになります。

 

そして「日本人だから優遇される」ということもありません。

 

「企業」はすでに「国」を超えており

「国の発展」よりも「企業の成長」を優先させます。

 

国籍・差別といった概念は、完全になくなるはずです。

 

「センター試験」の問題が、英語になる日がくることも

冗談ではなく「いつの日か」起こりうることです。

 

あなたの子供のライバルは、世界中に存在します。

 

「消費者」も減っていく

 

とは言っても「働き手が必要」であれば

「雇ってくれやすいのでは?」と考えがちですが

企業側が「雇うためのハードル」も高くなってきています。

 

それは「働き手」と同時に「消費者」も減っているためです。

 

つまり、単純に言えば

「人は欲しいけど、あなたはいらない」といったことが増えます。

 

世の中は、もっと残酷になります・・・

 

「幸せ」になるためのハードルが上がってくることは、間違いありません。

 

お母さん・お父さんが生きた時代よりも

これから先、更に困難な世の中になってくはずです。

 

「Z会」年長コースの無料資料請求に「豪華特典」が

 

今からそんなこと考えるのは、先走り過ぎじゃない?

 

心配しずぎじゃない?

 

と思うお母さんも多いかもしれません。

 

しかし、油断も禁物です。

 

まあ「半分半分」と思っておいて欲しいです。

 

しかしながら、準備は早めにしておくことが

大きなアドバンテージにつながることは間違いありません。

 

このサイトで紹介している「Z会」の幼児コースですが

現在「年長向け」の資料請求の特典として

「1年生準備」のための「ことば・かずワーク」という付録が付いてきます。



 

「小学校に上がる前に、最低限身につけておいた方がいい」

ということが、分かりやすくまとめられており

「どの程度のことが出来ればいいんあだろう?」と不安なお母さんにとっても

1つの「ものさし」として、利用出来ると思います。

 

また現在、あまり学習に前向きでないお子さんにとっても

机に向かう習慣を付ける、いいきっかけになるはずです。

 

部数が限られているということなので、お早めに!

 

 

>>>当サイト管理人による「Z会」の詳しい解説





<PR>まずは無料の資料請求から



 

学習法・学習教材 問題提起

この記事に関連する記事一覧