効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子供の頭が良くなる食事・栄養素は存在するのか?

 

「食べるだけで頭が良くなる食べ物は存在するのか?」

お父さん・お母さんも、生まれてきてから1度は考えたことがあるはずです。

 

テスト・試験の前や「もう少しで志望校に受かるのに!」

といった状況において、頭に浮かんできた経験はないでしょうか?

 

それがいつしか

「<食べさせれば>賢くなる成分・食材はないのか?」

といった<子供のため>の考え方に代わってくるはずです。

 

 

特に、毎日の「献立」や「お弁当のおかず」を

考えることの多いお母さんは、日々考えている方も多いと思います。

 

果たして、そんなメニューは存在するのでしょうか?

 

【AFC】100組以上の親子の声から生まれたキッズサプリメント

 

成長期にこそ摂取しておきたい成分

 

「食事」は「ただ生きていく」うえでも欠かせないものになりますが

こと、幼い時期というのは「成長」するために必要な習慣になります。

 

「朝ご飯を、しっかり食べるべし!」ということの意味は

幼い時期であれば「栄養補給」としての役割が最も大切になります。

 

>>>朝ご飯を食べる子は頭が良くなるのか?

 

そして、この「成長過程」に摂取することで

確かに「頭が良くなる」ために働きかけることが出来る成分は存在します。

 

それは「DHA」と呼ばれる栄養素であり

お母さんも、一度は耳にしたこともあるはずです。

 

「記憶力」と「神経」を発達させる

 

このDHAとは、主に「青魚」に含まれている

「不飽和脂肪酸」という、体へのメリットが多いとされる脂肪酸であり

最近では「アマニ油」等がブームになっています。

 

また「EPA」とセットで紹介されることも多く

役割は微妙に違いますが、最終的な作用は非常に近いものがあります。

 

メディア等で注目されている、これらのメリットとしては

「血液をサラサラにする」ことで「動脈硬化」を防ぎ

それによって「脳卒中」「心筋梗塞」を予防する、という働きです。

 

しかしながら、そういった「血液」に働きかける作用と共に

DHAには「神経伝達」を正常に行わせるための働き

また「記憶力」を保つための働きもあるとされています。

 

そのため「認知症(痴呆症)」といった症状に

効果がある考えられている成分でもあります。

 

要は、脳・神経といった「考えるための組織」

正常に保つために、効果的な成分なのです、

 

「幼い」から「向上」につながる

 

人間は、ある一定の時期を過ぎてしまうと

脳細胞は「壊れていくだけ」という状態になります。

 

「新しいもの」は作られないのです。

 

そのため「いかに食い止めるか」ということが大切になってきますが

「幼い時期」であれば、どんどん新しいものが作られていき

「質のいい脳細胞」「質のいい神経細胞」

多く作った方が「知能」にとって、有利であるとも考えられます。

 

「頭のよさ」とは「記憶力」と「神経伝達の速さ」という一面もあり

そのため、DHA(EPA)を十分な量・決して不足しないように

心がけていくことが、大切なことになります。

 

「DHA(EPA)」をいかに摂取するか

 

このDHA(EPA)を、どうやって摂取していくのか

効果的な献立・メニュー考えることが「子供の知能」のためになります。

 

DHA(EPA)を満遍なく摂取しやすい食材・・・

青魚(サバ・イワシ・アジ)、マグロ、うなぎ、カラスミ、アンキモ

ナッツ類、レバー、アマニ油等(いわゆるお高い油類)

 

見てわかるように「ちょっと特殊な」食材

また少し高価な食材、何より「脂肪酸」であるため

「脂質」を含んだ食材が目立ちます。

 

「デメリット」も知っておく

 

DHAを含んだ食材をメニューに取り入れる際には

その特徴から「食べ過ぎ」に関しても、注意する必要があります。

 

青魚等は、本来であれば「生食」をおススメしますが

生魚は、微量ながら「細菌」「水銀」を必ず含んでいるものであり

食べ過ぎは、必ず弊害を招くことになります。

 

当然、幼い時期にはより注意が必要です。

 

人間の体が「子供ではなくなる」のは「15歳」とされることが多く

15歳未満の体というのは「未成熟」であり、油断してはいけません。

 

また食べ過ぎが招く「肥満」も注意したい要素です。

 

「サプリ」の利用もおススメ

 

現在、この「DHA(EPA)」がブームになっていることで

市場も盛り上がっており、幼いお子さんのためのアイテムも

有名な・信用することが出来る会社から販売されています。



 

↓↓「子供向け」トータルサプリも

 

「魚が嫌い」また「偏食」の傾向のあるお子さんに

「せめて栄養素だけでも」と、考えるのであればおススメです。

 

「サプリ」といったものに、抵抗があるのであれば

用法容量の、半分でも構わないと思います。

 

とにかく「成しているうちに」ということが大切です。

 

更に詳しくDHAの効果について知りたいお母さんは

DHAサプリの公式ページで詳しい解説を見る

 

お父さん・お母さんの健康と、お子さんの知能の発達のために

親子で利用してみることも、おススメです。

 

おまけ:「生まれる前」からアプローチ出来る

 

以上で解説した「DHA」に関しては

妊娠中のお母さんに、一定量を摂取させた結果

摂取しなかった妊婦さんから生まれた赤ちゃんよりも

知能指数の高い、いわゆる「頭のいい赤ちゃん」が生まれることが分かっています。

 

これは「臨床データ」として、はっきりしているようです。

 

「赤ちゃんを使って比べたんかい!」

とつっこみたくなる方も多いと思いますが

外国では、こういった<人体実験>が簡単に行われます。

 

へその緒をつたって、DHAのメリットが

赤ちゃんに届いていた・働きかけていたということであり

「早くても(ちょっと早過ぎる気もしますが)」効果があることが分かります。

 

また、最近では「発達障害」といった問題に関しても注目されており

極端に落ち着きがない・集中力を継続できないお子様のための

専用のサプリといったものも販売されているようです。

 

 

栄養素と脳の発達というのは

やはり、非常に大きな関係性があるのです。

 

たかが一度の食事・少しの栄養不足が

成長を阻む大きな要因になっていることも考えられ

決して軽く見てはいけない問題であると言えます。

 

 

もちろん、知能は生かさなければ意味がありません。

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>当サイト厳選「お子様専用サプリ」の解説ページへ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起 考える

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」