効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

夜なかなか寝付かなくて悩んでいる~子供の睡眠不足の原因・影響と理想的な睡眠~

 


「寝る子は育つ」というのは、もしかしたら若いお母さんはご存じない格言かもしれません。

 

調べずとも、「当たり前のこと」として認識されていることでもあり

大人に比べて、子供の睡眠時間が長いことは常識的なものです。

 

そしただからこそ、「この子全然寝ないけど、大丈夫かしら?」

あまり睡眠をとらない・睡眠時間が短い場合には、心配になってしまうはずです。

 

そしてそれは、あまり大丈夫なことではありません。

 

今回は、そんな「子供の睡眠時間」についての小話です。

 

 

まず最初に、睡眠とは「調整時間」です。

 

子供に関しては、「体の成長」という大きな目的がありますが

その他にも、

  • 脳の休息
  • 記憶の定着
  • ストレスの緩和

 

といった、主に「脳」のリカバリーのための習慣です。

 

また「横なっている」という過程で、筋肉・関節の負担を軽減し

疲弊した分を回復させることで、極端にパフォーマンスが落ちるのを防ぎます。

 

年齢に関わらず、睡眠不足が影響するデメリットとは

「次の日のパフォーマンスが落ちる」というものです。

 

普段は大人よりも元気に見える子供であっても

  • ダラダラしている
  • 覇気がない
  • 癇癪を起しやすい
  • 体調が悪くなる

 

こういった弊害が見える場合には、「問題がある」と言えます。

 

もちろん、「覚えが悪い」といったことにも影響があると考えられます。

 

なぜ寝てくれないのか?

 

子供の寝つきが悪い原因として、疑うべきものに

「睡眠習慣が壊れてしまった」というものがあります。

 

人間の睡眠習慣というのは、生まれてから「夜泣き」といった過程を経て

一定のリズムができる・作ってあげているはずであり

幼稚園に入る前、小学校に入る前には、問題のなかったケースも多いはずです。

 

もちろん、生まれつき「あまり寝たがらない」という個性もあるはずですが

現代社会において、最も疑われる原因は「リズムの乱れ」と言えます。

 

なぜ壊れてしまうのか?

 

生まれてから、一度も生活リズムというものが作れていない・・・

 

というのは論外ですが、

 

そういったケースも含めて、より幼い頃に作ったはずの睡眠習慣が壊れてしまう

その理由は、無限に存在するものでもあります。

 

  • 遅い時間帯にお気に入りの番組が放送されている(起きている理由がある)
  • ブルーライト(パソコン・スマホ)をさわり続けている

 

「スマホを子守代わりに使っている」といったことが、問題視されることも多いですが

その問題点は「コミュニケーション」だけでなく、こういった睡眠の質にも影響を与えています。

 

また子供は興奮しやすいものであり、「アドレナリン(興奮物質)」が出ている状態は

寝つきを考えた際には、相応しいものではないことは明白です。

 

睡眠時間の理想は?

 

そもそも、睡眠時間というのは極めて個人的なものです。

 

時間関しては、1時間半(90分)のサイクルが理想的と言われているようですが

大切なのは「質」であり、「脳がしっかり休めたか」という結果が重要です。

 

昨今では「ショートスリーパー」といった、

1日2~4時間程度の睡眠で十分な体質の人もいるようですが

十分なのか・足りないのか、ということは個人的なものです。

 

ある程度の時間は確保すべきですが、睡眠の質は計れないものです。

 

また、そういった睡眠時間が必要ない「早熟」のお子様もいるかもしれませんが

身体の成長を考えた場合に、やはりいいこととは言えません。

 

「子供はやはり、8時間以上寝るべき」ということに、異論はないはずです。

 

※参考記事

>>幼児期にしっかりと鍛えておきたい「記憶力」

 

>>子供の頭が良くなる生活習慣・方法とは?~とにかく本を読んで・食べて・寝る~

もう一度生活リズムを作り直そう

 

適切な睡眠習慣を作るためには、

 

「睡眠時間とは習慣である」

 

という前提を踏まえて、子供の寝つき・睡眠時間を再構築していく必要があります。

 

<寝る>というのは、1日の生活リズムの集大成・フィナーレです。

 

1日全体を通して、「そこに持っていく」という考え方が必要です。

 

特に<寝つき>に関する問題では、就寝間際に問題があるかのように思われがちですが

睡眠の問題は「朝起きてから、布団に入るまで」の、全ての過程を見直す必要があります。

 

そして「質の高い睡眠」を作るために必要なものとは

  • 運動(体を動かす)
  • 勉強(頭を動かす)

 

この2つの、非常にありきたりな要素になります。

 

片方だけでなく、両方共必要です。

 

どちらが欠けていることで、「イマイチ眠くならない」という現象が起きやすくなります。

 

「眠くなる」

 

という現象は、

 

「寝る必要がある」

 

と体が判断していることによるものであり、冒頭で紹介したように

心身ともにリカバリーが必要な状態を、作り出してあげることが必要です。

 

「眠くなったら眠るもの」なのです。

 

また、

  • 空腹
  • ストレス

 

これらも睡眠の妨げになるものであり、

  • しっかり食べさせる
  • 悩みがないか気にかけてあげる

 

といったことは、睡眠にとっても非常に重要なことなのです。

 

特に、「最近急に寝つきが悪くなった」という場合には

何らかの悩み・ストレスを抱えていることが考えられ、早急なケアが必要です。

 

理想的な睡眠をとらせるためのコツ

 

理想的な睡眠習慣を作るためにできることとしては、

  • 22時までに消灯する
  • テレビの視聴時間を制限させる
  • 早めにお風呂に入る(体温が上がるため寝る直前は望ましくない)

 

様々なものが考えられますが、場合によっては

「ショック療法」を試してみることもおススメです。

 

「昼寝」をさせない

 

昼寝というのは、メリットの大きなものとして捉えられることも多いですが

それによって「夜寝る」という、一般的なリズムが壊れているとすれば本末転倒です。

 

昼寝の習慣があり、夜眠れなくなる

 

というのは非常にありがちな要因であり、その場合お昼寝を制限させることも必要です。

 

また同じように考えられることに、「早起きさせる」というものもあります。

 

寝つきが悪い子というのは、「寝起きが悪い」という傾向が見られ

早く起きることで早く眠くなる、という習慣を作ることも有意義と考えられます。

 

※参考記事:>>「光目覚し時計-インティ-」で<どうしても起きない>を対策・矯正する

 

徹底的に疲れさせる

 

よく遊ばせ、よく学ばせる

 

何より大切なことですが、寝つきが悪いのであれば

より徹底的に、させてみるべき場合もあります。

 

当サイトでは、「勉強はするべし!」としていますが

幼いほどに、夜遅くまで勉強するのは控えるべきです。

 

また、パフォーマンスも悪くなります。

 

学習というのは、可能な限り早い時間にすべきものです。

 

・・・

 

という一面もありますが、

 

「脳を疲れさせる」といった面で、就寝に対してメリットがある場合もあります。

 

また寝る直前に、頭がぼーっとするような行動をすることは

寝つきやすくするためには、欠かせない要素です。

 

ショック療法の1つとして、ご検討ください・・・

 

また、本来であれば勉強よりも読書の方が適切であり

「寝る前の読書」というのは、ぜひおススメしたい習慣です。

 

リズムは早めに作るべき

 

「睡眠障害」と呼ばれる不調は、「現代病」と言えるものであり

意外と多くの人が、悩んでいるものでもあります。

 

大人になったら・・・

  • 仕事
  • 人間関係

 

様々な「睡眠の質を落とす要素」が増えてきます。

 

またある意味で、仕方がない一面もあります。

 

それでも、

  • ストレスを感じにくい人
  • どこでも寝れる人

 

といった人は存在します。

 

そして、大人になればなるほどに

「ストレスの緩和」は、睡眠の目的としての比重が大きくなります。

 

「図太い」と言われることもあるかもしれませんが

日々快調に生きるためには、非常に有利な体質と言えます。

 

そういった人というのは、基本的に「子供の頃からよく寝る」という特徴があります。

 

よく寝る人間は、優れている人間なのです。

 

そして優れている人間は、幼い時期から作られます。

 

※タイムリーなのでこちらの記事も

>>夏休み・冬休みの「宿題が終わらない問題」は低学年で解決しておく

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備



<PR>どんなお子様にも合わせやすいおススメの教材



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧