効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



子供の友人・他の家庭の教育方針がそんなに気になる?~ウケる入学願書の書き方とは?何を見ているの?~

 

いいのもは取り入れる

 

無理してマネする必要はない

 

非常に単純な答えです。

 

入学・クラス替えというイベントは、新たな出会いを生みます。

 

子供から学校・幼稚園の話を聞きいて

「よその家はそうなの?」と驚き・疑問が沸くことも多いと思います。

 

「カルチャーショック」というやつですね。

 

 

よくある例として、

 

  • ご飯を食べる時は、テレビを見ない
  • 朝ごはんは、家族全員で食べる

 

といった、「いいかもね!」といったことから

 

  • 目玉焼きに何をかけるのか
  • お風呂の「追い炊き」はするか否か

 

といった「どっちでもいいかもね!」ということまで様々です。

 

それほど差がなくなっている?開いている?

 

ひと昔前であれば、

 

「カルピスの原液はどの程度の水で割るか?」

 

「玉ねぎはどこまでむくのか?」

 

といったことで、家庭の経済状況まで探ることができたかもしれません。

 

しかしながら、現在ではあらゆる「差」というものが、見えにくくなっている気がします。

 

だからこそ「疑心暗鬼」になっているのかな?と。

 

「個性を大事に」という割には、人と違うことを恐れてしまう

「同調圧力」ってやつが、強まっているように見えます。

 

そしてそれは「就職」の際の「面接」の受け答えにも見られ

また、幼いお子さんを持つご家庭の場合には

「入学願書」といったものの内容にも見られる傾向があります。

 

4月になっちゃいましたが・・・「一例としての願書問題」

 

私立の学校や、幼稚園に入学(志願)する際には

「願書」と呼ばれる用紙に、様々な内容を埋めるわけですが

特に「教育方針」といったものが、「重要だと思われている」傾向があります。

 

結論から言うと、

  • 見る側はそれほど重要視してない(重要だが審査する意味がない)
  • 無難でいい

 

以上の2点が挙げられるため、神経質に悩む必要はありません。

 

「価値」「判断材料」としては

就職活動の際の面接・エントリーシートと、基本的には変わりません。

 

記憶にある方も多いはずです。

 

「一定の正解みたいのもの」

 

「こう書けばいいもの」

 

そういったものは、みんなが知っていて

みんなが同じような文章を書きます。

 

「お手本」はいくらでも回っているため、ここでは挙げません。

 

そういったものを、家庭ごとの文章にまとめればいいと思います。

(決して投げやりではなく、その程度と思った方がいいです。)

 

結局、入社(入学)してからでないと

どの程度に人間か(どういった子供か)は判断できません。

 

「とりつくろう」ことは簡単であり、

採用(合格)の判断をする方も、取り繕っていることは分かっています。

 

 

それで済むなら、それでいいと思います。(投げやりではありません!)

 

 

人の痛みの分かる、協調性のある、自律性を持ち・・・

 

といったことを、回りくどい文章で書けば大丈夫です。

 

「気に入らないことは、暴力で解決することを教えてきました」

 

なんて書く人はいません。

 

よって、「正解しかない」のです。

 

「綺麗な文章」はウケるよ!

 

注意点としては、

「他人とは違う」「他の家庭とはちょっと違う」ようなことは

あまり書かない方がいいことは確かです。

 

諸刃の剣であり、「無難」が正解です。

 

とにかく、大して参考にしません。

 

もう一度言うと、みんな大体同じ文章を書いているからです。

 

ただし、「いい文章」「読みやすい文章」は

「親御さん、賢いな」という印象は沸くようです。

 

学校側は、あらゆる意味で「問題」は避けたいはずであり

また、学校運営は「ビジネス」でもあるため

まだ力のない子供より「親」を、より重視していることも真実です。

 

まあ、4月にこんな話をしてもね・・・

 

って思われる方もいるかもしれません。

 

でも、1年前から準備しているご家庭もあるはずであり

少し肩の力を抜いてもらえればな、と。

 

「人と違うこと」は「どうでもいい」こと

 

今回は、願書を例に出してしまったので、「無難」がベストとしましたが

 

人と違うことを、恐れる心配はない

 

ということに加えて、

 

人がやっているから

 

ではなく、

 

何事も自分で判断できるように、育てて欲しいなーと思います。

 

このブログでは「10歳までに学力が決まる」とも述べていますが

「学力」と「人生」の関係性は、人それぞれです。

 

いわゆる「スタンダードな人生」を歩むのであれば

「頭がいい」ことに越したことはありません。

 

「学歴主義」というものは、永遠になくならないはずです。

 

結局は、「入社してからの働きぶり」は、面接で判断できないからです。

 

だからこそ

  • 頭はいいに越したことはない
  • それなりに努力してきたんじゃないの?

 

という理由で、学歴を重んじます。

 

学歴「しか」判断材料がないのです。

 

「面接」の無意味さは、上に挙げた通りです。

 

ちなみに・・・

 

優秀な人材を採用する際には、

基本的には「ヘッドハンティング」であり

それは大学在学中から始まっています。

 

人は人、あなたはあなた、と伝える

 

雑多な文章になってしまいましたが、学校(幼稚園)から帰ってきて

「〇〇君の家はね・・・」と、自分の家と他人の家を比較するようなことがあれば

 

もちろん、その内容にもよりますが

 

間違っていれば、「うちは違うかな」と

 

いいことなら、「うちもそうしようね」と

 

基本的には、

 

「自分がいいと思う方を選べばいい」

 

ということを、伝えて欲しいです。

 

 

あと、学校は遊ぶ場所です。

 

 

勉強は、家でするものです。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに

 

 

>>>「お子様専用サプリ」も有効に!





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧