効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子供の「虫歯予防」と「歯並び・かみ合わせ」の重要性~頭脳と習慣と歯磨き粉~

 

「頭が良くなる学習法」には、様々な要素がありますが

その中には「机に向かう際の心構え」や「詰め込み方法」といったもの以外にも

「環境」という、「それ以前」の大切な要素が大きく影響します。

 

それは「家庭環境」「お金」といったものの他にも

「歯の状態」といった、一見非常に地味なようで

有利・不利な条件に大きくつながってしまう可能性のあるものも存在します。

 

 

大人であっても、虫歯に悩んでいて

時に仕事が手につかない、と困っている人もいつはずです。

 

そしてそれは当然、「勉強が手につかない」も同様です。

 

「集中力の継続」に対して、悪影響があることは言うまでもありません。

 

これが「幼児期」の場合には、悪影響はより大きなものとなってしまいます。

 

「頭脳」を守るために「まずは歯を守る」

 

「子供の虫歯を防ぐ方法」といったものは、様々な方法が紹介されており

結局は「しっかり歯を磨く習慣」を身に着けさせるに尽きます。

 

また、歯磨き後・寝る直前(口を閉じっぱなしにする前)には

食べ物を食べないことも大切です。(細菌の繁殖のリスクが高まるため)

 

そして、より幼い時期の「乳歯」の虫歯を防ぐことはもちろんですが

生え変わることのできない「永久歯」の方が重要であり

最もリスクがある・注意しなければならないタイミングが

「生え変わり期」であり、同時に「基礎学習が完成する寸前」の時期でもあります。

 

虫歯を防ぐための方法というのは、非常に単純なことであり

そんなことは簡単にできる、と思っていても意外と難しく

これができないから虫歯の人間というのは、いなくなりません。

 

「自制心」といったものが、非常に重要な要素であり

幼児のうちに、こういった習慣・感覚を持たせることは

「学習面」と同時によりも「大人になってから困らない」ことがメリットになります。

 

幼児期に「注意深く見守る」対象でもある

 

しかしながら、「歯並び」「噛み合わせ」に関しては

「仕方がないことも多い」ことが現実なものであり

一度完成してしまったら「矯正」するしか改善策がありません。

 

そして、噛み合わせは「スポーツ」を中心に

歯を食いしばる・力を入れる際に非常に重要なものでもあります。

 

もちろん、日々の食事の際の「咀嚼」の観点から

頭脳にも影響を及ぼすことが考えられます。

 

この歯並び・嚙み合わせが悪くなる原因として

  • おやぶり・ゆびしゃぶりを卒業する時期が遅かった
  • 顎が弱い

 

といった要因が考えられるようですが

様々な要素が複合した結果であるはずです。

 

また「タイミング」の要素も、非常に大きなものになります。

 

そのため「生え変わり」の時期、それまでにある程度注意深く

かといって神経質になったり、子供にストレスを与えない程度に見守る必要があります。

 

特に生え変わりの「グラグラする時期」は、気持ちの悪い時期であり

新しく生えてくる永久歯も含めて、「舌」で刺激を与えてしまうこともあります。

 

また歯が抜けるのが怖く、永久歯が生えてきていても

適切なタイミングで抜くことができず

「生える方向」が変わってしまうこともあります。

 

幼い時期に「注意深く見守る」べきなのは、「安全面」だけではないようです。

 

「期間限定」で特別なケアがおすすめ

 

最後に、最近話題になっている「歯磨き粉」を紹介しておきます。

 

「ブリアン」という、大人用もある歯磨き粉ですが

特に「子供用」が非常に好評で、利用者(親子)が増えているようです。

 

 

少しお高い気もしますが・・・内容を見ると確かに惹かれるものもあります。

 

「小学校低学年まで」といった、学習の基礎を身に着けるために

重要な時期だけでも、使ってみる価値はあると思います。

 

話題の虫歯予防歯磨き粉「ブリアン子供用」の公式ホームページへ

 

おまけ:虫歯が多いと信用されないかも?

 

日本では「チャームポイント」となり得る「八重歯」ですが

ヨーロッパを中心に「あまりよく思われない」と言われています。

 

「ドラキュラ」を思い浮かべてしまう・・・

 

「矯正するお金がない」とかなんとか・・・

 

「太っている」ことが、プラスになる国とマイナスになる国があるのと同じです。

 

価値観は、文化によって異なります。

 

仕方がない要素も多く、そんなこと言われても・・・という感じですが

「マイナス」となってしまうこともある、ということは

心の片隅にで、受け入れておく必要があります。

 

しかしながら「虫歯」関しては、「仕方なくない」ものであることは万国共通です。

 

「歯、磨いてないの?」「育ちが悪い」という印象を持たれることになります。

 

実際に「容姿」で最終判断される機会は、非常に多いのです・・・

 

また「息が臭くなる」という、「嫌われる・避けられる」デメリットもセットになり

歯磨きはとっても大切だよ、というのは数少ないこの世の真理でもあります。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」