効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



子供が学校・幼稚園・保育園に行きたがらない時にはどう対応すべき?~原因と状況で大きく異なる解決策~

 

「もっと、ちゃんと勉強して欲しい!」

 

「なんで、こんなにできないの・・・」

 

といったことを悩んでいるご家庭は、幸せかもしれません。

 

「それ以前」の問題が発生し、非常に深刻な問題が発生しているケースがあります。

 

それがそれほど「問題」なのか?は、さておき

実際に当事者になれば悩まざるをえない、「まさか」の事態はたくさんありますが

そんな中でも「比較的珍しくはない」と言える、「不登校」や「引きこもり」の問題

他人事から、私事に変わった瞬間に、何とも言えない絶望感を感じてしまうものでもあります。

 

 

当サイトでは、「知能の発達」や「学習」といった内容を中心に

情報を発信していますが、そもそものコンセプトは「子供の幸せ」です。

 

幸せになるためには、知識を身に付けることが最も効率的であることから

どうしても、学習内容に関するコンテンツが多くなってしまいますが

幸せとは人(子供)それぞれであり、勉強以外にも大切なことはたくさんあります。

 

その中には「友達」といった人付き合い、また「社会」とのつながりが存在しますが

そういった中に子供がうまく馴染めず、困っている・悩んでいる家庭は珍しくありません。

 

ただしその際には、言うまでもなく

「一番つらいのはその子」といった視点を、決して忘れないで欲しいと思います。

 

そしてこの問題に関しても、学習と共通している要素があります。

 

それは「早く解決する」ということが何より大切なことです。

 

不登校・引きこもりの問題は、長引くほどに解決が難しくなることが現実です。

 

まずは「なぜ行きたくないのか」をとにかく察する

 

問題を解決するためには、必ず原因を知る必要があります。

 

知って、解決できるとは限りません。

 

それでも、とにかく把握することが大切です。

 

少しでも、解決に向けてアクションを始めることができることが重要です。

 

それが分かれば、苦労はしない・・・と思っている方も多いかもしれませんが

実際には、幼いほどに、それほど複雑なものではないことが現実です。

 

それは幼いほどに、「悩みの種」の種類が少ないためです。

 

ただし、言葉・感情表現がつたない時期だからこそ「くみ取る」必要があります。

 

「放置」すればするほどに、状況は悪くなります。

 

自分の言葉で言い表せない場合は、何とかして察する努力をするしかありません。

 

まずは原因の把握が第一というのは、間違いないことと言えます。

 

基本的には「行かせる」ことが大切

 

そして、お母さん・お父さんが最も気になっているのは

「無理に行かせるか否か」ということだと思います。

 

個人的な意見を言えば、「行かせる方向で」考えるべきです。

 

これを当然のことと考える方もいれば、実際には賛否両輪があります。

 

一方で、「学校に行く必要なんてない」とも、個人的に思っています。

 

そうは言っても、親からすれば通って欲しいはずです。

 

だったら、行かせるために働きかけましょう。

 

それは、「行かなくていい」という状況を作った際には

「それ以降、ずっと行かない」という、社会との断絶が起きてしまうことが主な理由です。

 

勉強ができないこと以上に、はるかに深刻です。

 

「もう、行かない」という状況を作らないことが大切です。

 

もちろん、状況にもよります。

 

頭・お腹が痛い、震え・嘔吐の症状が見られる場合には、行かせるべきではありません。

 

「なんとなく行きたくない」と、「体が拒否している」という状態は全く別物と考えましょう。

 

心理・状況を100%理解することは不可能だからこそ

 

例として、

 

「いじめられている」「先生が苦手」といった、典型的な不登校の場合

 

まずは「あらゆる手段」を使って、いじめ・教師の横暴を止めます。

 

物理的な被害に遭っている場合には、一時的に登校をさせない処置をとりましょう。

 

そして問題が解決した際に、また登校させる

「問題がなくなったから、また行ける」という状況を作ることが唯一の解決法です。

 

また、どうしても解決しない場合には「転校」するしかありません。

 

 

といった、ありきたりな想定にはあまり意味がありません。

 

 

上記の例というのは、非常に単純な考え方です。

 

もしかしたら、その「いじめ」もそれほど大したものではなく

「先生」に関しても、人によってはいい人かもしれません。

 

自分が悪いことをして、怒られたことが原因かもしれません。

 

しかしながら当人にとっては、もう行きたくないほどに、つらいことになっています。

 

こういった、「ちぐはぐ」なケースというのは非常に多いようです。

 

1つの判断方法としては、「行くことで実害があるか否か」で判断しましょう。

 

いじめの問題然り、物理的な問題があるようであれば「そこ」にはいかないことが正解です。

 

それ以外のケースでは、「なだめすかして行かせる」ことを優先しましょう。

 

そうは言っても「かわいいもん」というケースがほとんど

 

ここまでは、やや深刻なお話でした。

 

当ブログをご覧の方のお子様は、まだ非常に幼いことが多いと思われます。

 

「学校(保育施設に行きたがらない)」理由に関しては、

学年(年齢)を経るほどに複雑になり、「一線」を超えるか否かで難易度が大きく変わります。

 

が、

 

2歳・3歳、また年少・年中といった時期に、行きたがらないケースというのは

基本的には「寂しい」といったような、極めて単純な感情が理由がほとんどです。

 

もしくは、「生まれながらの人嫌い」というケースです。

 

「1人が好き」という言い方もあります。

 

人がたくさんいるところが苦手な子は、珍しくありません。

 

「幼稚園は行った方がいい」ということを伝えることが必要

 

お尻を叩いて解決するのであれば、多少は叩いてもいいと思います。

 

多少は。

 

しかしながら、実際には「話し合い」で解決する方が建設的です。

 

そしてその際には、ぜひ「将来の夢」のお話をすることをおススメします。

 

「ウルト〇マンになるためには、幼稚園に行く必要がある」

 

というのは、冗談にようで最も効果のあるものです。

 

少し難しいことですが、「教育機関に通うことによるメリット」を教えることが大切です。

 

決して「頭がよくなる」ためでなく、「将来の選択肢」の話をしましょう。

 

「外に出なくなる」が最も避けたい事態

 

 

繰り返しになりますが、この不登校の問題は

「原因・状況によって、深刻度・解決法が大きく異なる」問題です。

 

しかしながら、絶対に避けなければならない事態として

「家の外に出なくなる」ということは、理解されると思います。

 

不登校が発展した状態として、「引きこもり」というのは非常に可能性が高いものです。

 

そしてその時には、「1人で何もできない」という人間ができあがっています。

 

一生、人間関係が築けなくなるということは、なかなか不便なことです。

 

何より引きこもりには、「希望」がありません。

 

勉強に関する心配は全くない!

 

また、「勉強が遅れるのではないか?」と心配される方もいるかもしれませんが

実際には、学校に行かない方が勉強は身に付くことが多いものです。

 

「通信教育」といったものも、非常に発達しており

万が一義務教育を受けていなくても、大学受験を受けることは可能です。

 

そのため、「大学で復活する」という選択肢もあります。

 

全然「セーフ」であり、検討する価値はあります。

 

※「家で学ばせる」と決意した方は

こちらの記事を>>家庭内学習の基礎として使うべき通信教育教材

※長く使うなら「Z会」がおススメです。

 

不登校における、「知能」に関することは全く心配いりません。

 

「勉強する気がある」のであれば。

 

ただし、「コミュニケーション能力」といったものは

やはり実社会でなければ身に付かないものであり、後々苦労する可能性は非常に高いです。

 

そのため、やはり「行くべき」なのです。

 

学校という場所は、そんなに素晴らしいところではありません。

 

しかしながら、他に選択肢がないことも事実なのです。





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧