効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子供がゲームをやめない!~知能への影響・対処法は?ポケモンGOは禁止すべき!?~

 

ずっとゲームをしている・・・

 

ご飯の時間になってもやめない・・・

 

この「子供のゲーム問題」に、悩んでいるお母さんは多いようです。

 

こういった問題では「やめさせる方法」だけを

考える方が多いと思いますが、様々な角度から考えていく必要があります。

 

 

最近では、幼稚園児であっても「がんがん」ゲーム・スマホを使いこなし

友達同士で遊んでいても、一緒に・1人でゲームをしている光景も見られます。

 

そういった光景を見続けていると

「コミュニケーションが・・・」と心配してしまう

お母さんがいることも、理解出来ます。

 

しかし、そういった場合には「やめなさい」ということだけでなく

「何が問題なのか?」を考えることも大切です。

 

このブログでは、執筆中の社会現象も絡めて絡めていきたいので

「例のアレをゲットさせていいのか?」にも触れたいと思います。

 

「ゲーム」だから問題なの?

 

前提として「ゲーム」に罪はありません。

 

こういった問題では、必ず「子供は外で遊ぶべきだ!」

という意見が出ますが、どっちでもいいはずです。

 

なんだか「ゲーム」に「依存性」があるような

言い方がされることもありますが

「いつでも持ち歩けて・いつでも出来る」という

適正があるため、当然のことといえば当然です。

 

しかし「面白いと思うこと」を

ずっとやってしまうは、そんなに問題なのでしょうか?

 

ゲームより、サッカーが好きな子供であれば

ゲームより、サッカーを優先するはずです。

 

プロのサッカー選手は

幼い頃からサッカーばかりやっていて

 

高校では授業を免除されて

1日中サッカーの練習をしていた

 

ということも珍しくありません。

 

野球でも、なんでもしかりです。

 

実際に「強豪校」では、よくあることです。

 

現実的な問題として「プロになれなかった場合」を考えると

非常にリスキーではありますが、目標に向かって

毎日打ち込むことは、素晴らしいことだと思います。

 

ゲームのし過ぎは頭が悪くなる?

 

そんなことは、絶対にありません。

 

むしろ「考える力」は上がるはずです。

 

また「手先」の運動にもなるため

「適度」であれば「頭の柔らかさ」にも好影響かもしれません。

 

メリットに関しても、絶対ではありませんが・・・

 

他に興味の対象がない?本気でゲームを愛していたら

 

そういった面では、確かに「ほかに夢中になれるものない」

ということが、悲しいこととして考えられるかもしれません。

 

  • 野球好きの子供が、素振りをやめない
  • 1日中、英単語の暗記ばかりしている
  • 読書をやめてくれない

 

そういったことでは、お母さんも悩まないはずです。

 

結局は「遊び」であることが問題なのでしょうか?

 

しかしながら、スポーツの例を出したように

もし「ゲームの開発者」になることが夢であれば

止める必要は、全くないはずです。

 

「ルール」「条件」を作ってみる

 

では「本当にやめさせたい・・・」と切実に悩んでいる場合

どうすればいいのでしょうか?

 

ゲームとは「単なる娯楽商品」であり

そもそも、スマホゲームに「はまっている」お母さんも多いはずです。

 

子供と、お母さんの違いはなんでしょうか?

 

それは「自分の意志でやめる」ということが「しにくい」ことです。

 

お母さんの場合は「そろそろご飯作らなきゃ」と

一定の時間で切り上げる「きっかけ」があります。

 

子供は、基本的に暇です。

 

「他にやることが本当にない」という理由もあります。

 

そうであれば「やること」「やらなければならないこと」を

作ってあげて、それをクリアすることを

ゲームで遊ぶ条件にしてみてはいかかがでしょうか?

 

例として

  • ゲームはお風呂掃除をしてから
  • 問題集を解いた時間だけ、ゲームをしてよい(1日は24時間のため、必ずバランスがとれます。)
  • 約束をやぶったら、丸1日完全に禁止する

 

「ルール」を作ることは、非常に難しいことですが

これくらいであれば、特にトラブルは起きないはずです。

 

ゲームに夢中になることの現実的な問題

 

「ゲームは悪くない」と冒頭で述べましたが

  • 視力の低下を招く1つの要因
  • 周囲に気が回らないことによる危険

 

といった弊害は否定出来ず、確かに存在します。

 

「歩きスマホ」は、ちょっとした社会問題になっています。

 

当然危険な行為であり、これは子供に対しても完全に禁止すべきです。

 

 

↓↓「落ち着き」がないかな?と思ったら

 

「ゲーム作り」は世界に誇れる技術

 

少し前に「有名人お母さん」が

ゲームをやめない子供からゲームを取り上げて

「破壊」したことを発信して「炎上」したこともありました。

 

この行動に関しては、賛否両論様々な意見がありますが

確かなことは「作った人に失礼」ということです。

 

ちなみに、ゲームを作っている人は「けっこう高給取り」です。

 

平均的な給与よりも、大幅に高くなっています。

 

それほど、難しいことであるという証です。

 

また、儲かっていることもあります。

 

そして日本が「未だに」世界に誇れる、数少ない産業でもあります。

 

ゲーム作りは「プログラミング」だけではありません。

 

  • 脚本
  • キャラクターの設定
  • 対象マーケティング

 

「売れる」ためには、様々な要素が必要です。

 

お母さんもやってたよね!?

 

タイムリーな話題としては

「ポケモンGO」を取り上げないわけにはいきません。

 

このブログを読んでくださっているお母さんは

ドンピシャで「ポケモン世代」ではないでしょうか?

 

「赤」と「緑」どっちをやってたっけ?と

懐かしくなるお母さんも多いはずです。

 

「ポケモンGO」は、テレビCMを打っていません。

 

実は、これが「歩きスマホ」と「ポケモンGO」が

関連づけられてしまう理由でもあります。

 

ここでは、あまり言及しません。

 

他にも、ゲームはいくらでもあるということです。

 

もちろん、歩きスマホは危険であり

リスクが高まることは、否定出来ません。

 

時空を超えた話題

 

ポケモンに関しては、幼い子もスマホを使いこなし

楽しんでいることも、珍しくありません。

 

「ゲーム性」も、まだ難しいことが出来ない

年齢の子供にピッタリな感じです。

 

そういったお子さんとは

「お母さんもやってたよ」と、話題にすることが出来ます。

 

更に「お母さんの方がはまっている」ことも珍しくないようです。

 

子供は、ただただ面白くて

 

お母さんは、懐かしくて

 

これは1つの「マーケティング」として、狙っていたはずです。

 

いわば「抱き合わせ」です。

 

お子さんが、お父さん・お母さんになった時に

「妖怪ウォッチ」に、何らかの動きがあるかもしれません。

 

こう考えると、20年かけて「戦略」を練ることも出来ます。

 

 

ちなみに私は、サンダーにマスターボールを投げてしまう子供でした。

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」