効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



多動症?とにかくじっとしていられない子供の症状はどうすればいい?~「集中力」を与えて早めに治す・軽減する~

 

「とにかく、じっとしていられない」

 

こういったことに悩んでいるお母さんは、昔から一定数いらっしゃいます。

 

そういった子というのは、いつのまにか立派に成長していて

心配するほどのことでもなかった、ということも多いです。

 

しかしながら、「発達障害」といった言葉が

広がっている現代では、「理解が深まっている」一方で

より不安になってしまうお母さんも多いはずです。

 

何より、心配になってしまうのは当然であり

本当に悩んでいるお母さんも、珍しくはないことです。

 

 

「ADHD(注意欠陥多動性障害)」という言葉が

一般的になってきて久しいですが、「確たる定義」に関しては

未だに論争が続いており、「こうだからこの障害」といった

単純な決めつけというのは、できないものになります。

 

そのため、ここでは「こうならADHA」「こうだったら自閉症」といった

定義することで、「症状を判明させる」のではなく

実際に「その傾向」があった場合に、どうすべきかを考えていきたいと思います。

 

世の中には、不安をあおる情報に溢れていますが

本当に大切なことは、「どう解決するか」であるはずです。

 

いつから「そう」なのか「本当に」そうなのか

 

まず最初に、

 

「いわゆる多動症」と「落ち着きがない」ことは、違うものです。

 

その際、

 

これは定義に当てはまってしまうかもしれませんが

「いつからその傾向が見られるか」は、非常に大切です。

 

実は、「生まれた時から落ち着きがない」場合

それは多動症ではない、可能性が高いです。

 

というのも、ADHDの傾向がある子というのは

「徐々に現れる」ことが、一般的だからです。

 

「もうハイハイの時から言うことを聞かない」という場合には

そういう性格、「個性」であることが、ます考えられます。

 

また、「一過性の多動症」というものも存在し

これは「反抗期」「イヤイヤ期」の一種とも考えられます。

 

優しい・怒りっぽい・気が長い・気が短い

 

こういった「性格」と呼ばれるものは、「脳内物質」によって決められています。

 

「セロトニン」といった言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが

「イライラ」や「神経症」といったものも、特定の脳内物質が起こしています。

 

脳の中は見られませんが、特に環境がコロコロ変わる

3~10歳の間というのは、一時的に「狂う」こともあるのです。

 

小学校の先生等の話でも

「あの子の将来を本当に心配していた」

 

けど

 

「そんな心配いらなかった」という話は、よく聞きます。

 

※参考記事

>>極度に集中力・落ち着きがない子供の育て方

 

「しつけ」を忘れてしまっただけかも?

 

最もよくあるケースとして、

ただただ「しつけがおろそかだった」というものがあります。

 

「スタート」が悪かったのです。

 

確かに、3歳未満であっても、

なかなか言うことを聞かない子は存在します。

 

それはむしろ、当たり前なのですが・・・

 

その際、もしかしたらお母さんに関しても

「育児ノイローゼ」のような症状が見られ

「どうしたらわからない」という結果、好きにさせて(放置)してしまい

「お行儀を学ばせ(学べ)なかった」という、しつけの問題である可能性もあります。

 

これは、お母さんだけが悪い、ということでもありませんが

もう一度しっかり、「厳しく喝を入れる」必要があるかもしれません。

 

各家庭の教育方針があることかとは思いますが

何かしっかりと「目標」を見つけさせて、頑張らせましょう。

 

「頑張る」ためには、真面目になる必要があります。

 

その過程で、落ち着きを身に着けさせましょう。

 

そして、「どうしてもじっとしていられない」のであれば

一定の状況に限り、「強制」が必要になる可能性があります。

 

「そのままではダメ」と強い意志を持つ・持たせる

 

「じっとしていられない子」というのは、確かに存在します。

 

「一過性の反抗期」の場合や、大人になって立派になっていることもあります。

 

しかしながら、「そのままいっちゃった場合」には

「残念な結果」に、つながってしまう可能性も高いと言えます。

 

できるだけ、というより「可能な限り早くなんとかする」意志を持ちましょう。

 

またその際には、お母さんだけでなく、身近な人全ての力が必要です。

 

本来であれば、

「しかるべき医療機関に相談するべき」

という段階のお子さんもいるかもしれません。

 

しかしながら、やはり「自然に」「家庭で治したい」と思うのは当然のことです。

 

その場合には、やはり強い意志を持って接することが必要です。

 

そしてそういった覚悟は、本人にも芽生える必要があります。

 

↓↓「一定期間だけでも」試してみて欲しいサプリ

「集中力」を叩き込む

 

まず最初に、

 

「なぜじっとしていられないのか」

 

聞いてみましょう。

 

もちろん、答えられないはずです。

 

答えられるのであれば、その中に解決法があるかもしれません。

 

しかしながら、「自分でも分からない」ことが一般的です。

 

そして次に、「このままではダメだよ」と伝えます。

 

おそらく、伝わりません。

 

しかし、理論的に言葉で伝えることは大切です。

 

「そのままの君では、まずいんだよ」と、頭の片隅に残してあげましょう。

 

そして、どうしてもうまくいかない場合には

「ショック療法」がやむ負えない場合もあります。

 

とにかく「早めに」治しましょう。

 

具体的には、「じっとさせる」ことを強制します。

 

何があっても。

 

それによって、「別の弊害」が現れる可能性もあります。

 

しかしながら、

 

「治ったら、結果オーライ」

 

「それでもだめなら、相談する」

 

いすれか、どちらかの進歩はあるはずです。

 

覚悟を決めましょう。

 

 

※参考記事

>>うちの子勉強が苦手かも?~必要なのは「才能」ではなく「集中力」と「好奇心」~

 

>>勉強が嫌い・しない子供を「勉強好き」にする簡単な方法

 

「そんなことかわいそう」という意見もあるかもしれませんが

「このまま行っちゃた方がかわいそう」なのです。

 

座っていられない、そういった特徴を持つ

「落ち着きがない」と表現される子というのは

とにかく、「同じことを継続することができない」のです。

 

「集中力」を養うことが必要であり

子供というのは、一度「波」に乗れれば

けっこう、あっさりとうまく「立て直す」ものなのです。

 

私の経験からも、

 

実際に自分が子供だった時

大人になってから携わった子供

 

その中には、一定数

 

「この子は、どうしようもないことになるかもな」

 

そう思ってしまった経験があります。

 

 

だいたい、私よりも立派になっています。

 

 

後で聞くと、必ず「きっかけ」があるようです。

 

きっかけを与えること・探すことも、同時に進めていきましょう。

 

 

「落ち着き」に関わる成分を一定期間試してみて欲しいと思います





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧