効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



勉強をしない・勉強が嫌いな子供の克服法~最後まで投げ出さない・諦めない・やりきる~

 

まず最初に、不安を煽ってしまうことになるかもしれませんが

幼いうちから勉強が嫌いな子というのは「かなり危険な状態」です。

 

早めになんとかしましょう。

 

というのも、中学生以下、特に小学生以下の場合

本来は「好き」「嫌い」の段階ではありません。

 

むしろ「好奇心」が多い時期というのは

「学びたい」という欲求の方が強いはずであり

新しく入って来る知識に対して「拒否」という感覚はないはずなのです。

 

 

このブログをご覧のお母さん方の中には、

「小さい頃から勉強が大嫌いだった」という方は少ないかもしれませんが

いつからか、「やだなー」と思うようになってしまった方は多いはずです。

 

それはおそらく「テスト」「受験」等の

「競争」の要素が入ってきた段階くらいからだと思います。

 

小学校高学年~中学3年生くらいでしょうか?

 

また、小学5年生で習う「分数の割り算」くらいから

数学の得手・不得手が見られるため、そのくらいかなと思います。

(分数の割り算を、受け入れられるかどうかで

その後の人生が変わるとか、、、そんな映画もありましたねー)

 

勉強が嫌いになる要因は、おおまかに分けて2つです。

 

  1. 楽しいと思えない
  2. できないから嫌い

 

そして、2は1につながります。

 

更に、2の原因は1でもあります。

 

  • 楽しくないから勉強をやらない
  • 勉強をやらないからできない
  • できないから楽しくない

 

「負の無限ループ」にはまっているのです。

 

そして、出来ないことに関して

お母さんは「怒って」いませんか?

 

怒られると、間違いなく状況が悪化します。

 

「頑張ってできるようになる」しかない

 

この問題の、最も単純な解決策は「できるようになる」こと

それも「人よりも優れて」ということが大事です。

 

「鼻が高い」「優越感」は、非常に重要な感覚になります。

 

しかしながら、「できないから」できないのです。

 

禅問答です。

 

でも、「やるしかない」のです。

 

頑張りましょう。

 

これから先、とても大切なことです。

 

前回の計算が苦手な子供にはどうやって教えればいいの?

算数だけでなく、全ての問題・学科に通じるものであり

「やり方」を教えることは、「考え方」を教えるということです。

 

「やりきる(できるまでやる)」ことを教える

 

できないことに対して、

「諦める」という選択肢をとってしまうと

結局、いつまでも出来ないままです。

 

諦めるから、いつまでたっても出来ないのです。

 

当たり前のことですね。

 

そのため「途中で投げ出す」という

選択肢を選ばせないことが大切です。

 

それができれば、誰でも天才だと思うかもしれません。

 

しかしながら、公立の小中学校レベルの問題では

諦めなければ、必ずできるものです。

 

まずは、簡単なものから解いていきましょう。

 

つまずいてしまっている場合は

そのかなり前の段階が出来ていないものです。

 

最初から、ゆっくり吸収していきましょう。

 

最初の一歩を、正しく踏み出すことが大切です。

 

 

※参考ページ

>>子供の集中力を高める方法

 

>>子供の学力・能力を伸ばすための正しい褒め方とは

 

 

とてもいい歌を見つけました。

 

負けないこと(自分に)

 

投げ出さいこと(途中で)

 

逃げ出さないこと(「できなくていいや」はダメ)

 

信じぬくこと(「絶対できるようになる」という気持ちを持つ・与える)

 

ダメになりそうな時、それが一番大事(投げ出したら、「ダメ」になるのです。)

 

※大事MANブラザーズより「それが大事」

 

ふざけていません。

 

また「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれたら

 

なぜ勉強して欲しいのか?させたいのか?そもそも勉強する意味とは?

 

以上の記事を参考に、諭してください。

 

「基本的に嫌い」な場合

 

そもそも、体質的に勉強が嫌いな子もいます。

 

その場合は「しょうがない」と思いましょう。

 

ただし、勉強を「捨てる」際には

「何か得意なこと」「他に人よりも優れた分野」が必要です。

 

何もなかったら「本当にダメな人間」になってしまいます。

 

それを見つけましょう。

 

というよりも

 

それがないから、「凡人」は勉強するのです。

 

茨の道ですが、それもアリです。

 

もしかしたら「天才」かも?

 

また「普通の勉強」に関して、全く興味がなく

もっとハイレベルな「思想」を持っている場合は

「机に座って学ぶ」学問に興味がない場合もあります。

 

もしかしたら、天才かもしれません。

 

ポジティブに考えましょう。

 

しかしながら、これに関しても

「いつまでもそのまま」ではいけません。

 

いつか、花咲くことが必要になります。

 

 

<PR>

勉強が嫌いかも?というお子様には「ポピー」がおススメ!

>>当サイト管理人による通信教育教材「ポピー」の解説(無料資料請求有)





<PR>まずは無料の資料請求から



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧