効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

今の子供たちが置かれた状況から導き出された「残念な結論」

 

なんだか「英才教育」から離れて「なんちゃって社会派」のような

ブログになってしまっていますが「今現在子供」の「1人の人間」の

「未来」に関して非常に重要なことなので、もう少しお付き合いください。

 

このブログを読んでくださっている「育児に関心が深い」だけでも

助かって欲しいので、早めに呼んでくださることを願います。

 

決して、大げさなことではありません。

 

「明日、地球が滅亡する~」というようなことでなく、いたって冷静なお話しです。

 

 

また、どうしても「悲観論」ぽくなってしまい、申し訳ないのですが

子育て・子供の成長に関して「希望に満ちている」時期に

一度冷静になる機会だと思って、呼んでいただければと思います。

 

「ただ<普通の人生>を送ってもらえれば・・・」はあきらめましょう

 

先日の研修旅行を通して、最も強く感じたことは

 

「日本の一人勝ち」「圧倒的な豊かさ」はもう終わっていたんだな

 

ということです。

 

「発展途上国」と呼ばれている国の中でも

上位国の国々は「思っている以上に」豊かです。

 

「物価の上昇」が典型的な例ですが

  • インフラ(水道・電気・交通網)の整備
  • 土地の開発
  • 娯楽施設の充実
  • 服装がおしゃれになっている
  • 子供がそこら中で「買い食い」している

 

特に「娯楽施設の充実」や「スマートフォン・パソコンの普及」

「オシャレ」といったことは「贅沢」であり

「食べるのがやっと」という状況を抜け出したことを意味します。

 

よく言われていることですが、日本の

「高度経済成長~バブル」の時代にそっくりのようです。

 

貧しかった人々が豊かになる

 

こと自体は「人類」「世界平和」という観点から見ればいいことです。

 

しかし「資源」は有限であり「格差」というのはなくなりません。

 

それらの奪い合いが、激化することは間違いありません。

 

人類の歴史は「競争の歴史」です。

 

その時に

 

  • 「発展途上国から先進国」になろうとしている「ハングリー精神溢れる人々」の子供
  • 「豊かな国」で生まれ育ち「努力しなくても3食食べることが出来る人々」の子供

 

「サバイバル」になった際、どちらが生き残るかは明白です。

 

「戦いはすでに始まっている」事実に早く気づかなければならない

 

「そんな勝負になる時代は来ない」「日本は永遠に勝ち組だ」

と思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

 

もうすでに、戦いは始まっていました。

 

 

日本は「椅子取りゲーム」で、ずっと座っていられるという

特権的な・有利な立場であると「ルールの勘違い」をしていましたが

これからはちゃんと立ち上がり、音楽に合わせて動く必要があります。

 

 

もちろん、ずっと座っていたので「反射神経」が衰えています。

 

「余裕ぶっこいていた」ことによって、不利になっていたのです。

 

そんな状況において「今の子供達」「これから生まれてくる子供達」は

どんな将来像を描けばいいのか、ということを考えた際

 

 

非常に残念な結論に至りました。

 

 

これからは

  • 大企業の「総合職」に就職する
  • 「特別な免許」が必要な仕事に就く(医者等)

 

これしか「普通の人間」が、日本で・世界で、生き残る方法はありません。

 

「中小企業」はなくなります。

 

というよりも、小さな会社には「普通のサラリーマン」の席がなくなります。

 

「巨大企業」もしくは「少数精鋭」の形態になってくるはずです。

 

 

それによって「程度の低い日本人」には仕事がなくなります。

 

 

当然「格差」は今以上になります。

 

「何気ない毎日」「普通の人生」という概念は、しばらくして無くなります。

 

 

さらに続く!

 

ちょっとブレイク~自分のことも考えてみませんか?お母さん~

 

長いこと、脅迫的な文章を書いてきたので

ここで、少し一休みしたいと思います。

 

このブログを熱心に読んでくださる「我が子を愛する」皆さんも

ちょっとは「自分のこと」も考えてみませんか?

 

子供が生まれると、どうしても「自分より子供」となりがちで

特に「将来」のことになると「子供の将来」が最優先なはずです。

 

「親として当たり前」という声が聞こえてきそうですが

それは「子供への期待」と同時に「自分へのあきらめ」もあるはずです。

 

そして、これが捻じ曲がることで「過剰なスパルタ」や

「虐待寸前の育児」といった事態を招くことになります。

 

また別の機会に「間違ったスパルタ教育」については

解説していきたいと思いますが・・・

 

「親子関係を破壊するほど」に、ねじ曲がった育児をしてしまうのは

「勉強が出来たお母さん」よりも「勉強が出来なかったお母さん」が多いです。

 

完全に、自分のコンプレックスの裏返しです。

 

その前提には「自分はもうどうにもならない」という観念があります。

 

そうならないためにも「自分の将来」に関しても

「子供の将来」と同じく、大切にしていきましょう。

 

というよりも、お母さんもまだまだ「戦い」は終わっていません。

 

「逃げきれない」前提で考えていく

 

このブログでは「子供達が幸せな人生・将来を作る」ための

提案・解説がメインになっています。

 

これから、本当に「生き残り」が困難な時代がやってきます。

 

しかし、このブログを読んでいただいている

25歳~40歳くらいの方も、十分に困難な未来が予想されます。

 

 

私も他人ごとではないのですが、、、

 

 

「年金」や「就業・労働環境」様々な面で

「逃げ切る」ことが出来るのは、今の「50歳」が限度になります。

 

「子供の成長が生きがいです」

 

なんて言っていられません。

 

まだまだ戦わなければならない「プレイヤー」なのです。

 

じゃあ、これからどうすべきなのか・・・

 

答えは非常に難しいです・・・

 

ただ「常に学ぶ・情報を取り入れる」という姿勢は

これから益々必要になってくる要素になります。

 

何より「活き活きしているお母さん」でいることは

子供にとっても、プラスに働くことは間違いありません。

 

本当は「仕事で輝いている」ということが理想ですが

子供が幼い時期は「専業主婦」の方も多く

やはり、そういった場合は「一緒に勉強する」こともおススメです。



 

お母さんも「来るべき時」に備えて爪をといでおきましょう。

 

夫の収入だけで家計を賄う、ということも困難な時代になってきています。

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」