効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

主体性がない・無気力な子供の改善策とは~自主的に勉強に取り組ませるために必要なこと~

 

「主体性を持つ」「自分の価値観に従う」

 

「自主的な目標を立てる」「言われなくてもやる」

 

こういったことが、まるで「いいこと」のように思われていますが

よくよく考えてみたら、これらは至極「当たり前」のことと言えます。

 

「人に言われたことしかやらない」「目的なく息だけしている」

 

このようなケースは、なかなか「切ない人間」と言えますが

こういった大人というのは、珍しくはない世の中です。

 

競争社会に疲れ果て・・・等といった、様々な理由が考えられるものですが

それが「子供のうちから」の場合には、心配になることも無理はありません・・・

 

 

こういった、「気持ち」が関わる問題といいのは

子供だから仕方がない、子供だからかなりヤバい、という両方の視点が必要です。

 

本当は持っている・持っていたものであるはず

 

まず大人にとって、非常に残念なお話ですが・・・

基本的には「気力」というものは、奪われていくものです。

 

減点方式、マイナスにしかならない概念と言えます。

 

やる気・気力というのは、いわゆる「夢」や「目標」に大きく関わるものであり

5~10歳をピークに、「現実」を受け入れながら妥協していくものです。

 

30歳から、サッカー選手を目指す人

言い方を変えれば「諦めていない」という人はいないはずです。

 

しかしながら、まだそういった「マイナスの結果」を

受け入れない・受け入れる必要がないことが

子供の特権でもあり、いわゆる「無限の可能性」というものになります。

 

そしてそもそも「主体性」とは「自分の意志」であり、意志には「対象」が必要です。

 

「何かをやりたい」という気持ちがあれば、子供は動かずにはいられないはずであり

あまりに幼いうちから「自制」が利くことは、ある意味でもったいないことであり

「自制できてしまう」ということに関して、問題を孕んでいるケースも考えられます。

 

幼い子供にとって、自制心と無気力というのは、非常に関わりの大きなものと言えます。

 

主体性・やる気を奪ってしまった

 

最も多いケースです。

 

「うちの子は、主体性がない、大丈夫かしら?」と悩んでいる

お母さん自体が原因だった、ということは非常によくあるケースです。

 

「理想の子供」にしたいがために、「指示」を与えたり

子供の行動や言動を「強制(矯正)」してしまうお母さんが多いです。

 

特に、教育熱心であればあるほど、この傾向が強いと言えます。

 

簡単に言えば、

 

子供の「こうしたい」という意志を無視・否定して

自分の理想を押し付けてしまった結果であると言えます。

 

そうなってしまうと、結果的に「意志を持っても意味がない」という考え

「自分の意志は尊重されない」という、「あきらめ」が当たり前になってしまいます。

 

極端な例としては、

「どうせサッカー選手にはなれないから、勉強しろ」ということです。

 

事実、ほとんどの人間がサッカー選手(特別な職業)にはなれません。

 

しかしながら、あまりに幼い時期に諭すことはある意味で「危険」と言えます。

 

「親に言われたことをやっておけばいいや」というのは

最も気力・やる気を奪ってしまう、残念な幼児体験と言えます。

 

参考記事:>>教育熱心なお母さんが陥りがちな思考

 

そもそも主体性がない?ケース

 

おそらく、ありえません。

 

生まれたばかりの、言葉を発せない時期には

泣きながら「お腹がすいた」「ウンチをした」ということを訴えていたはずです。

 

「自分勝手」なレベルで主張していたのです。

 

この「アツいハート」が、なくなってしまっているということは

必ず、「どこかで奪われている」のです。

 

「何に対しても、興味を示さない」ということを、心配される親御さんは多いようですが

そんなことはないはずであり、「興味がある」ということを主張できないだけだと思われます。

 

「主体性を、主張させてあげる」ことが大切です。

 

しかしながら、「主張させない」という状況を自分で作り

「主張してくれない」と悩むお母さんが非常に多いのです。

 

結局は「自発的に勉強する子にしたい」はず・・・

 

当サイトをご覧になっていただいている時点で、

子供に「勉強」をさせたい、と考える方も多いはずです。

 

実際には「勉強をしてくれない」ということ

  • 言わないとしない
  • 自分からしない

 

ということに悩んでいる方が多いはずであり

結局は「自発的に勉強して欲しい」と願っているはずです。

 

自分はしていたでしょうか・・・?

 

親とは、勝手な生き物です。

 

やはり、それでも、、どうしても、、、して欲しい!

 

そういった場合には、「させたい」よりも

「なぜしないのか?」と考えてみることも大切です。

 

「楽しくない」「気持ちよくない」と思っているから

 

「楽しい」「気持ちがいい」と思うことは、放っておけば勝手にするものです。

 

「これ以上、勉強しないで欲しい・・・」と思う方はいないはずです。

 

そこまでのめり込ませるためには、

やはり「喜び」を与えてあげることが必要です。

 

うちの子勉強が苦手かも?~初期教育に必要なのは「才能」ではなく「集中力」と「好奇心」~

 

上記ページに、勉強するように「仕向ける」方法を

まとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「子供らしく」いさせてあげることが一番

 

繰り返しになりますが、子供にやる気・好奇心が「ないわけがない」のです。

 

「奪われてしまっている」という可能性も考えてみて欲しいと思います。

 

奪ってしまっている要素が、何であるのかはそれぞれ違うはずです。

 

それは「空気」かもしれません。

 

「自制心」が強い子供というのは、育てやすいものです。

 

と同時に、

 

「身の丈(身の程)」を、わきまえてしまうデメリットがあることも忘れてはなりません。

 

「子供の時期には、子供らしく、いさせてあげる」ということです。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

問題提起

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」