効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

おねしょはいつまでしてても大丈夫なの?~小学生になっても治らない原因と効果的な対策~

 

「おねしょ」は、夜泣き・イライラ期に並ぶ、お母さんを困らせる問題であり

これらの悩みと違う点としては、「それこそどうしようもない」ことです・・・

 

したくてしているわけではない

 

ということは、お母さん達も十分に分かっていると思います。

 

しかしながら、「お布団」のことを考えると

非常に悩ましい問題であることに、違いありません。

 

 

おねしょ問題自体は、誰もが通る道であり

お母さん・お父さんも、おねしょを経て大人になったはずです。

 

また今はまだ「おもむつにおもらし状態」が当たり前であっても、

お子様が成長するにつれて、いずれ不安になることもある問題であり

早いうちに、一度考えておいて欲しいと思います。

 

このおねしょの問題を考える際、まず念頭に置きたいこととして

 

「子供もけっこう傷ついている」

 

ということを、決して忘れてはなりません。

 

オムツを取って寝るということは

感情や自我も芽生え始めているはずであり

 

「やっちまった・・・」

 

ということ、罪悪感ということは感じています。

 

「恥ずかしい」ということは、分かっているのです。

 

なぜ寝ている間におしっこをしてしまうのか?

 

おねしょをしてしまう原因としては、

まず、「膀胱が小さい」ということが挙げられます。

 

「溜めておくことができない」ということです。

 

「身体的に未熟である」ということが、根本的な原因です。

 

大人より睡眠時間が長い赤ちゃん・子供であればなおさらであり、

未熟なうえにリスク(睡眠時間)も高いことから、仕方がないもの事情があるのです。

 

加えて、

 

「寝ている時は、しない方がいい」

 

ということを、体がまだ認識していない時期であり

「自律神経」を中心として、就寝中の体の反応が未発達であることも影響します。

 

いつまでにしなくなればいいのか?

 

もちろん、おねしょをしなくなる時期というのは

個人差があるものであり、早い・遅いがあります。

 

「おおよそ5歳」

 

として認識しましょう。

 

というより、5歳で完全に卒業できれば早いものです。

 

基本的には、徐々にしなくなる(頻度が減っていく)ものですが

小学校低学年等は、半年に1回程度はあっても大丈夫です。

 

お母さん達も「経験」から、なんとなくお分かりと思います。

 

「小学校上がってからやっちゃった・・・」

 

と言う記憶がある人は、珍しくないはずなのです。

 

ストレスによっていつまでも定期的にしてしまうことも

 

そうなんです。

 

おねしょの記憶というのは、けっこう覚えているものです。

 

それだけ「ショック」が大きいものであり、

「心の成長」にも、大きく関わることになります。

 

おねしょが心にストレスを与える一方、

ストレスによって、おねしょが引き起こされることも珍しくありません。

 

子供ならではの日々の様々なストレスに加え、

「おねしょをしてしまうかもしれない恐怖」がストレスになっていることもあります。

 

そのため、「おねしょを叱る」というのはやってはいけません。

 

どうか、「受け流す」姿勢でいて欲しいと思います。

 

「早くしなくなるといいね!」

 

「もう少しすれば、しなくなるよ!」

 

という程度で済ませましょう。

 

また、たとえおねしょに関係したものでなくても

日中のストレスが、おねしょを引き起こすこともあり

 

  • 家庭内の不和
  • 虐待

 

といったものの影響で、おねしょが治らない

卒業が難しくなることは、かなり前から判明しています。

 

おねしょは「原因」を消すことが大切

 

基本的には、必要以上に心配しないこと

子供を責め立てないことが、「おねしょ問題」において重要になりますが

 

いつまでもおねしょが終わらない

 

小学校に上がってもしてしまう

 

といったことに悩んでいるご家庭は、「おねしょを止めさせる方法」ではなく

「おねしょにつながっているかもしれないストレス要因」を取り除くことを考えましょう。

 

※参考記事:>>神経質な子育ては子供の成長にマイナスの影響を与えてしまう

 

おねしょをしなくなるまでオムツは付けるべき?

 

ほとんどのご家庭は、オムツを卒業したとしても

しばらくは、「寝る時だけ」付けさせること思います。

 

しかしながら、

「いつまでもオムツを付けている」ということは

子供にとっても、ちょっと恥ずかしいことです。

 

プライドの問題でもあり、

また「おむつを付けてるから、漏らしてもいいや」といった考えも影響します。

 

そのため、やはり少しずつでも

「オムツなしで寝る」ことに、慣れさせるべきと言えます。

(布団等の兼ね合いもあり・・・ママさんの判断次第です。)

 

「病気」の心配はまだ早い

 

身体的・精神的な問題によるおねしょは「夜尿症」とも呼ばれ、

8歳以上・成人の方のに起きものであり、神経等の影響が大きな症状になります。

 

「慢性的に」という特徴があり、1年に1回程度であれば「間違えちゃった」のうちです。

 

やや深刻な症状でもあり、カウンセリング等が必要な「問題」となるケースであり

その原因としては、やはりストレスと「(大人であれば)飲酒」が挙げられます。

 

やはり、「就寝中自律神経」と「限界を超えた尿」が原因には変わりありません。

 

いずれにしても、5歳未満なら何の問題もないものであり

まだ赤ちゃんのうちは、心の片隅においておくだけで大丈夫です。


<PR>通信教育の「王道」から幼児教育を始める



<PR>どんなお子様も楽しく始められる定番教材



 

問題提起

この記事に関連する記事一覧