効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

4~6歳、小学校入学までに出来てほしいこと・身に着けておくべき知識

 

「単語」や「お話し」といった「コミュニケーション」に通じる

様々なことを身に着けた後の、2~6歳の期間は「家庭外」の環境である

「幼稚園」「保育園」といった施設に通うことになるお子さんが多いと思います。

 

それらは、基本的には「楽しむ」「協調性」を覚えるといった

「人間関係」の基礎を身に着ける、時期・場所になります。

 

そういった機関でお世話になる「先生」は「勉強」を教えるよりも

「お母さんに代わってお世話をする」という職業に近く

「知識教育」に関しては、やはり「家庭」で教える必要があります。

 

 

「先生まかせ」は絶対にだめです。(先生批判ではありませんよ!)

 

そして「いつまでに、何が出来るようになっておくべきか」

ということを考えた際、やはり「小学校入学」を意識するお母さんが多いはずです。

 

小学校から「急に」始まる「比較」に備えて

 

もちろん「本格的な学習」に取り組む幼稚園もありますが

なるべく「差が出来てしまう」ような内容は避けるはずです。

 

しかし小学校に入学した後に「突然」

「知能・知識」といった要素が意識されていくことになり

「テスト」といった、周りと「比較」する・される

いわば「競争」を含む要素が、日常に現れてくることになります。

 

そして、あらゆる面で「小学校」の過ごし方は

それ以降の「進路」に対しても、大きな影響を与えることになります。

 

「まだ早い」と思ってしまうお母さんも多いと思いますが

 

「小学校時代にどんな子だったか(性格等)・どの程度の学力があったか」

 

ということは「将来」に、非常に大きく影響します。

 

「劣等感」といったものが生まれてしまうのも、この時期からになります。

 

「そこまで意識しなくても」とも、思ってしまいますが

「スムーズ」に小学校生活が送れるようにするためにも

 

「このくらいできるようになっておいて欲しいな」

 

というレベルから

 

「このくらい出来るのが理想」といったことを、一度まとめておきたいと思います。

 

どれだけ「備える」ことが出来るのか

 

3歳までに「ひらがな」「20までの数字」と理解しておくべき

というお話はしていますが、それらの延長線上にある

「カタカナ」「100までの数字」に関しては

それほど心配する必要はなく「なんとなく」身に着けることがほとんどです。

 

また「1桁の足し算・引き算」に関しては4、5歳までに

ということも述べましたが「2桁プラス1桁」「2桁マイナス1桁」での

「繰り上がり」「繰り下がり」といった要素がない計算に関しては

おそらく「つまずき」はないはずです。(10の桁は変わらず、1の桁のみのため)

 

以上はあくまで「基礎中の基礎」であり「4歳までに」身に着けておき

「5~6歳」の間の、小学校入学までの「猶予期間」に

どれだけ「リード」して「準備」しておけるかが重要です。

 

「2年」先取りしておく

 

まず「理想」としては、小学校入学後は

 

「公立学校のカリキュラム」の内容を「2年早くマスターする」

 

ということを目標にするべきと、しておきます。

 

そのためには「常に2年先の分まで学ぶ」ことが大切であり

「小学校1年生の終わり」までに「小学校3年生」の内容は身に着けておきましょう。

 

決して難しいことではありません。

 

公立小学校のカリキュラムは「確実に」レベルが低く設定されています。

 

「おいて行かれる子」を作らないためです。

 

 

そのくせ「社会に出たら実力主義」的なことを、いきなり言われることになります・・・

 

 

2年くらいリードしておけば

少なくとも中学校まではおいて行かれることはありません。

 

具体的には・・・

  • 2年生までに教わる「漢字」
  • 「九九」のマスターと「掛け算」の概念

 

出来れば・・・

  • 3年生までに教わる「漢字」
  • 「割り算」(掛け算の応用)
  • 「ひっ算」(2桁3桁の繰り上がりの概念)

 

とりあえずは「2年生レベル」が出来れば、と思いますが

そのまま「3年生」の学習内容に進んでもいいですし

「2年生」の内容を「繰り返し」学ぶことも有意義であり

出来れば「両方」進めていくことが「ベスト」です。

 

「結果的に楽」なんです

 

もちろん「このくらい出来ないとだめ」という絶対的な基準ではありませんが

やはり「出来ない」よりは「出来る」方が絶対にいいことです。

 

また「いけるところまでいっちゃう」ことも非常に重要であり

「詰め込めるうちに・詰め込めるだけ」「詰め込んで」あげましょう。

 

幼児教育の基本は「やれるだけやる」ということです。

 

勉強が全てではありませんが、勉強が「めんどくさい」と思わない時期に

「ちょっと頑張る」だけで、今後60年「楽出来る」かもしれません。

 

そんなことは、子供には分かるはずもありませんが・・・

 

もちろん「無理強い」は厳禁であり、出来るだけ「好奇心」を持つような

対象に交えて「結果的に」多くの知識を身に着けることが大切です。

 

「小学校」からは「待って」くれません。

 

「ノンストップのサバイバル」を勝ち抜くためには

「武器」は「最初に」持っておく方が、圧倒的に有利です。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに

 

 

>>>「お子様専用サプリ」も有効に!



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

一定の時期に出来てほしいこと

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」