効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

鉛筆は4歳までにちゃんと持てないとダメ?~持ち方の教え方・書き順も大切~

 

「何歳までに何が出来ないといけない」という話を聞くと

焦ってしまうお母さんも多いかもしれませんが

幼児教育の話題に関しては、非常にそういったことも多いです。

 

このブログこそ、焦らせてしまう原因かもしれませんが・・・

 

ただし「読み書き」「一般常識」「個性」といったものは

切り離して考えるものであるという考え方もあります。

 

特に「箸の持ち方」と同じく「鉛筆」の持ち方といったものは

「常識」と「個性」のせめぎ合いで、非常に難しい問題です。

 

 

私個人の考えとしては

「鉛筆の持ち方」「漢字の書き順」といったものは

正直言って「どうでもいいのでは?」と思ってしまいます。

 

しかしながら、一般的には「ちゃんとした方がいい」ことは間違いありません。

 

もう1度・・・ちゃんと「した方」がいいです。

 

出来るだけ早めに持てるようになった方がいいことは確か

 

これらは、いわゆる「マナー」「常識」の側面が強いです。

 

これらの「持ち方」で、人格が判断されてしまうこともあります。

 

「お里が知れる」というやつです・・・

 

また実際に、現在確立されている

一般的な持ち方は、箸でも鉛筆でも「合理的」です。

 

「そうやって持った方がいい」のです。

 

いつまでに「持てる」べき?

 

持てるようになる時期に関してですが

一般的に言われている「4歳」を目安にしていいと思います。

 

早い子では「2歳半」でも、正しく持てる場合もあり

また遅い子では「5歳」になっても、持てません。(後述しますが、私もでした・・・)

 

しかし、やはり「小学校入学前」にはマスターしたいものです。

 

一般的には、字を書くよりも「お絵かき」で初めて

「ペン」を持つ子が圧倒的に多いはずです。

 

そういった場合、最初は「グー握り」が多いと思いますが

その時点では、矯正する必要はありません。

 

楽しんでやっていることを、邪魔してはいけません。

 

  1. 「グー握り」でお絵かき
  2. 「グー握り」で文字を書く
  3. 「正しい握り方」で文字を書く
  4. 「正しい握り方」でお絵かき

 

この順番を意識しましょう。

 

「書き方」と同じくらい「書き順」も大切

 

鉛筆の持ち方とは少し違う問題ですが

「書き順」に関しては、最初の段階で正しく教えましょう。

 

「書きやすいように書いてしまう」ことは、仕方がない側面ですが

わざわざ「間違い」を最初に教える必要はありません。

 

途中で覚え直す・書き方を変えることは不便なことであり

「まず最初に」正しい書き順を教えてしまいましょう。

 

また書き順に関しては「テスト」に出題されることもあります。

 

「間違え」は、現実的にマイナスになります。

 

「漢字」がまだ早い段階だとしても

「ひらがな」の段階で「書き順」という概念を教えてあげましょう。

 

正しい鉛筆の持ち方の教え方

 

鉛筆の持ち方の「教え方」に悩むお母さんが多いようですが

教え方に関しては、それほどバリエーションはありません。

 

「正しい持ち方」で持たせて、お母さんの手で「ホールド」し

後ろから抱きながら「一緒に持って」書き始めましょう。

 

最終的には抱きかかえるのはやめて、隣でお母さんの持ち方を見せながら

「1人」で握れるようになるまで、修正しながら「持たせて」あげましょう。

 

この際に「その持ち方はおかしい」という言葉遣いはなるべくせずに

「こう持つんだよ」「こう持った方がいいよ」という表現を使うことを推奨します。

 

また「筆ペン」を使って、字を書かせてみることも有効です。

 

筆ペンの場合「グー握り」では、うまく書けません。

 

↓↓練習には適切な教材を利用しましょう!!

ただし「リスク」が伴う場合も

 

しかし「利き腕」と同じように、子供が自分が望んで使っている方法

使い方に関しては、無理に矯正してはいけないという意見もあります。

 

特に利き腕の「矯正」は、基本的にNGということが常識です。

 

これは

  • 自分の方法を母親に否定された
  • やりたいようにさせてくれなかった
  • 使いづらい方法を強制された

 

という「トラウマ」のようなものが残ってしまい

性格の形成に対し、マイナスになると考えられています。

 

こういったリスクがあることも

念のため覚えておいていただければと思います。

 

いずれにしても、無理強いはしない

激しく抵抗する・どうしても治らない場合は

少し様子を見ることをおススメします。

 

おまけ/私は持てませんでした・・・

 

実は・・・恥ずかしながら私自身

「箸」「鉛筆」を「ちゃんと」持てるようになったのはかなり遅いです。

 

いわゆる「学生」になってからでした。

 

周りの意見を聞かない子だったのかもしれません・・・

 

かなり独特な持ち方をしており、長い間それで通してきました。

 

しかし「結果的に」危ないところでした。

 

私はその後、人様のお子さんを指導したり

今こうして、こんなブログを書いていたりしています。

 

人を教える立場の人間が、鉛筆を正しく持てないようでは

保護者の方の信用を失うおそれがあります。

 

学生時代に気づいて(友人に指摘されました)よかったなと思います。

 

本当に助かりました・・・

 

こういったリスクがあることも事実であり

 

やはりちゃんと持った方がいい!

 

と思う反面・・・

 

「自分で直そうとする」まで待ってもいいのかな?と思ったりもします。

 

「社会に出るまでに持てるようになればいい」という

あくまで一例にしてもらえればと思います。

 

ちなみに、私は違和感なく持てるようになるまで「約半年」かかりました・・・

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

一定の時期に出来てほしいこと

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」