効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子供が勉強についていけなくなってしまったら~「落ちこぼれ」はいつまで挽回できるか~

 

まだ、お子さんが幼い時期から

すでに教育に関心の深いお母さんには、必要のない話題かもしれません。

 

しかし、人間には「得意・不得意」があり

いつ・どんな内容の科目につまずくかは、分かりません。

 

幼い頃から「神童」のように思われていた子でも

ちょっとした苦手な科目が出来てしまったことで

一気に「落ちこぼれる(相応しい表現ではないかもしれませんが)」

ことも珍しいことではありません。

 

 

今回は、

 

もしこれから先、我が子が落ちこぼれてしまったら・・・

 

今現在、勉強についていけなくなってしまい

「やる気」を失いそうになってしまっている場合・・・

 

どのようなことが出来るのか?

 

また、そうなってしまった場合に

いつまで・何歳までなら挽回できるのか?

 

といったことについて「念のため」考えていきたいと思います。

 

まずは、とにかく「落ちこぼれない」こと

 

身も蓋もない話ですが、改めて・・・

 

前提として

 

「後で挽回」することよりも、まず「置いていかれないこと」が大切です。

 

「念のため」としましたが、この「落ちこぼれない」こと

「置いていかれない」ことは、日本で生きていくうえで非常に重要です。

 

  • 基本的に「周りと同じ」を求める国民性
  • 「出来る子」「出来ない子」にとって、残念な教育制度
  • 「敗者復活」が非常に困難な社会

 

あらゆる場面で「まずは置いていかれない」ことです。

 

海外研修帰国後の、最初の記事である

やっぱり日本では「落ちこぼれない」ことが重要になってしまうでも

考えをまとめていいますが、残念ながらこの傾向は変えることは出来ず

「よっぽどの天才」でない限りこの法則には、従うほかありません。

 

そして、大抵のお子さんが「凡人」です。

 

いつまでなら「間に合う」のか

 

もし万が一、幼い頃からの勉強が嫌い

また、初期(小学校低学年)でつまずいてしまった場合に

挽回出来るタイムリミットとして「14歳」とします。

 

「まともな高校に入る」ということは、意外と重要です。

 

「いい高校」ではなく「とりあえずまとも」で大丈夫です。

 

その理由として

 

「まともなレベルの授業を受けることが出来るメリット」

 

ではなく

 

なんとか「人並」に間に合ったという事実が大切です。

 

それは、中学~高校で「人並」の人生を諦めてしまう

諦めていなくても「残念ながら難しい」となってしまう子が多いです。

 

これは、疑いようのない事実であり

「恐怖」「反面教師」として、受け入れることが非常に大切です。

 

人と比べるのは、良くないことですが

自分の子供がそんな風になったら嫌ですよね?

 

であれば、せめて15歳までには「間に合う」ように

「1年の猶予」がある14歳までに、挽回しましょう。

 

内緒だよ!本当は10歳だよ!!!

 

以上の例は半分「建前」であり、本当は「10歳」と考えています。

 

このブログを読んでくださっている方は

幼いお子さんをお持ちの方が多いはずなので

本当のことを申し上げておきます。

 

10歳までに「人並」に出来ない場合は「かなり厳しい」です。

 

そのための、このブログでは何度も何度も

「早く!」「小学校入学までに!」と、繰り返し述べています。

 

本来であれば、10歳(小学校4年生)の時点で

小学校6年生の内容の勉強を始め

いよいよ「英語」に手を出すべき時期でもあります。

 

しかし、それにも関わらず「頭の柔らかい時期」に

学習出来ていない、だけではなく「置いていかれている」ことは

もすごーーーいハンディキャップです。

 

 

お母さんは反省してください。

 

 

大チャンスを、失ってしまっています。

 

そして、そのチャンスは二度と手に入れることが出来ません。

 

しかし、それでも何とかなるのは「10歳」までなのです。

 

それ以降のことは、なんとも言えません・・・

 

 

↓↓「集中力」に問題があるのかな?と思ったら

 

「ついていけなくなった」場合にすべきこと

 

日本の公立の小学校・中学校の内容は、かなり優しいものです。

 

そのため、小学校の授業内容についていけないということは

はっきり言って「かなりやばい」です。

 

そして、そういった子の特徴として

「基礎が身についていない」ことを挙げることが出来ます。

 

「基礎が出来ない人間には応用が出来ない」

 

この当たり前のことは、勉強にこそ言えることです。

 

もう一度本当の最初から学ぶ

 

そういった場合には、もう一度「最初(かなり前の内容)から」勉強しなおしましょう。

 

「急がば回れ」です。

 

たとえ4年生であっても「2年生レベル」の「九九」から始めましょう。

 

これはこれから先の、中学・高校における

「つまずき」問題にも言えることですが、

 

つまいずいてしまった問題を解決するために

もう一度確認すべきは「少し前」の内容ではありません。

 

「かなり前」の内容が、身についていないということが

原因であることが非常に多いのです。

 

この「遡って復習する」ということは

学校では出来ないことであり

これが、落ちこぼれを作ってしまう原因であり

 

「一度落ちこぼれたら、ずっと落ちこぼれのまま」

 

という、日本の教育の最大の問題点になります。

 

また諸外国には、一定の基準が身についていない場合

「落第」という制度もありますが、日本に取り入れた場合には

「よりダメな奴と思われる」という欠点があります。

 

本当に、ややこしい環境です。

 

頑張るしかありません。

 

おいておかれてしまった場合の対処法の結論!

 

もし「今の授業内容」についてけなくなってしまった場合には

 

「その場でもがく」

 

のではなく

 

「焦らず、もう一度、最初から」

 

今の「つまずき点」に至る内容を復習しましょう。

 

 

基礎学習の相棒に

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ

 

 

「やる気」を潰さない現実的な問題

>>>「これから」必要になる「お金」の準備も忘れずに



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

一定の時期に出来てほしいこと 親と子供の教育論

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」