効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

スポンサーリンク




↓↓遺伝子解析正解率【99.99%】興味のあるお母さんはぜひ!
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

「数字」の教え方と「基礎能力」にまつわる残酷な真実

 

「数字」を覚える時期は「ひらがな」を覚える時期と

ほぼ同じくらいであり、どちらが先なのかということは

個人差があるものでありますが、特に気にしなくてもいいことでもあります。

 

ただし「数字の概念」というものは

読む・書く以外にも、無限に存在するものであり

我々大人が自然と認識していることでも

段階を踏まえて覚えさせる必要があります。

 

 

そして「早ければ早いほどいい」ものであり

「抵抗」がなければ、どんどん覚えさせましょう。

 

この「すうじ」に関わる学習は、将来に大きく影響します。

 

「数」の認識は「あっ」と言う間

 

数字のお勉強のスタートは「文字」の認識と同じく

  • 1本の指
  • 1(ひとつあること)
  • いち(読み方)

 

これらを「一致」させることがスタートです。

 

しかし、

 

1、2、3・・9、10、11、12・・19、20、21・・77・・、99、100

 

といった単純な数字の認識は

指や鉛筆を使って「1本」「2本」と数えながら教える

非常に単純な指導で、あっという間に覚えます。

 

コツとしては「いち」「にい」「さん」と声を出しながら教えることであり

「本」「個」「匹」という「数え方」を教えるのは、後回しで大丈夫です。

 

出来れば「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」といった

違う数え方もある、ということも同時に教えられてばと思います。

 

「10」からの「繰り上がり」を覚えることは、少し難しいかもしれませんが

9の次は10、19の次は20、それ以降の「規則性」に関しても自然と覚えいくはずです。

 

目安としては「3歳までに<20>出来れば<100>まで認識出来る」ことが理想です。

 

出来るのであれば、もっと加速させましょう。

 

100から次の概念に関しても、自然と覚えていくはずです。

 

算数・数学にまつわる残酷な真実

 

数が数えられない大人はいないはずです。

 

「九九」が出来ない大人も、非常に稀です。

 

理由は単純に、とても簡単なことだからです。

 

また「日常的に使っている」こともその理由です。

 

自転車の乗り方・泳ぎ方と同じく、染み付いているものは忘れません。

 

しかし数字にまつわる能力は、ある時期から「徐々に」個人差が出てきます。

 

その段階として

 

まず「2桁、3桁の足し算」でつまずく子

 

次に「2桁、3桁の掛け算」でつまずく子(九九でつまずく子はそれほどいません)

 

「分数の割り算」でつまづく子

 

「台形の面積」が計算出来ない子

 

そして「算数」が「数学」なり・・・

 

「方程式」でつまずく子

 

そして、あまり人生に必要ないのでは?ということも始まり・・・

 

「サイン、コサイン、タンジェント」でつまずく子

 

「微分・積分」でつまずく子

 

 

これらのどこでつまずくかは「小学校入学時点」である程度決まっています。

 

 

もちろん簡単なものが出来ない子は、その次の段階のことは出来ません。

 

特に「数学的」なものについては、その差が顕著に現れます。

 

「センス」は幼い時期に決まる

 

一時「分数の割り算が出来ない大学生」ということが話題になりました。

 

ドキッとしたお母さんもいるかもしれません。

 

数式の後ろの分数の「分母と分子を逆にしてかける」だけです。

 

これは、本来簡単に解けるにも関わらず

「解き方を忘れてしまっている」という状態です。

 

こういったことは、大したことではありません。

 

しかし「本来解けるかどうか」に必要な能力は

幼い時期に、ある程度決まってしまいます。

 

「左脳人間」といったフレーズを聞くことがあるかもしれませんが

数学的な・感覚的な能力が、優れている人を呼ぶ言葉です。

 

生まれつきの「天才」もいますが

大抵は、幼児期の頭の使い方・使う場所が影響を与えており

「すうじ」が関わる部分というのは、非常に大きな影響力がるようです。

 

そのため「数字のお勉強」は「早ければ早いほどいい」と考えられます。

 

たまに「偏差値○○から東大入学!」といった

キャッチフレーズの人や、書籍がありますが基本的には無理です。

 

一部の特殊な人であり、難関大学に入学する子というのは

本来は小学校、中学校で圧倒的に頭のいい子です。

 

そういった子は、ある程度のレベルの高校に通っています。

 

最低ラインがあります。

 

 

もちろん勉強・偏差値が人生の全てではありません。

 

 

しかし「勉学」において、いかに高みを目指せるかは

幼い時期に、かなりの要素が決まってしまうことを忘れてはいけません。

 

学校の先生は、絶対にこんなことは言いません。

 

「始めるのはいつでも遅くない」というのは、とんでもないウソです。

 

そして、その責任は親にあります。

 

 

>>>おススメの幼児教育教材の解説ページ



子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】


スポンサーリンク

 

一定の時期に出来てほしいこと

この記事に関連する記事一覧

<PR>まずは無料資料請求から

<PR>「最も現実的な準備」はできていますか?

<PR>大人気!待望の「トータル生育サプリ」