効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

好評のタブレット型学習教材「スマイルゼミ」の本当の評価・おススメポイント

「これぞ新しい通信教育」と言える、現段階で最先端コンセプトであり

もちろん、当サイトとしてもおススメの教材が「スマイルゼミ」です。



 

パソコン・スマホ・タブレットを代表とした電子機器は

あらゆる局面でこれからの標準となることは間違いなく

 

「まるでSF映画のように」

 

学校の授業もタブレットで行われる、という時代が必ずやって来ます。

 

というよりも、

 

現在進行形として、着々と浸透してきており

諸機材を「使えないと話にならない」時代に近づいています。

 

そこまで大袈裟に考えなくても、来るべき時に備えて

幼い時期から、少しでも触れ合っておくことは大きなメリットと言えます。

 

何より、お母さんにとっても、非常に便利な手段なのです。

 

「スマイルゼミ」のメリット

 

通信教育全般に言えることですが、「通わなくていい」ということは

「メリット」というよりも、「負担」が少なくなることが挙げられます。

 

「今でしょ!」でお馴染みの先生は

「衛星予備校」と呼ばれる、大学受験専門予備校の講師です。

 

お母さん・お父さんの中には、大学受験のために

通っていた方も、多くいらっしゃるはずです。

 

この衛星予備校とは、講師が授業をしている「映像」を見ることで

好きな時に、好きな内容・カリキュラムができることが最大の魅力です。

 

「独特の講師陣」といった、ポイントもありましたが
やはり「いつでも学びたいことを学べる」というコンセプトがウケました。

 

「スマイルゼミ」が衛星予備校と異なる点

衛星予備校は「そこまで通う」必要がありますが

「スマイルゼミ」の場合は、ネットが運んできてくれます。

(注:「インターネット環境」があることが、唯一の条件になります!)

 

1ヶ月ごとに新しいカリキュラムをダウンロードし

「1ヶ月以内に終わらせる」ということだけ意識すれば

勝手にカリキュラムが進行していくのです。

 

「ただただ楽しい」から続く

 

「ゲームボーイ(今はニンテ〇ドー○○というのでしょうか?)」を始め

子供は小さな機械が大好きです。

 

スマホをとられてしまうことに、悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?

 

「スマイルゼミ」がおススメの理由としては

「これからの学習法」の1つといった、カッコいい理由だけでなく

「楽しい(楽しく感じる)」から、飽きない・続けられることです。

 

何事もそうですが、継続が「最低限」の努力であり

また、結果を引き寄せる「最大の貢献要素」でもあります。

 

とにかく、「まずは続ける」ことが大切なのです。

 

幼い子供には早い?

 

「スマイルゼミ」に使うタブレットは、ただの道具です。

 

「何歳だから早い」ということはなく、「タッチペンの誤飲」といった

現実的なトラブルが心配ないようであれば、全く問題ありません。

 

あくまで学習手段の1つであり、「便利」ということ

「より現代的・先進的」であるということが、メリットであり

何を使って勉強しようが、何よりも大切なことは「学ぶ姿勢」なのです。

 

また、専用のタブレットを利用するため

「有害なサイト」「怪しいアプリ」に辿りつく心配はありません。

 

あらゆる面で「先取り」がしやすい!

 

「スマイルゼミ」のカリキュラムは「小学校1年生」からであり

そのため「幼稚園児には早い」と思われますが

年長さんの時期に、悩んでいるとすれば「遅い」です。

 

小学校入学までには、「小学校2年生」の内容を

ある程度理解しておくことが望ましく

年中さんから、少しずつ始めてもいいくらいです。

 

小学校入学前に手に入れておくことで

まわりを「リード」することができます。

 

そのため、1つ2つ上の学年の内容を試してみてもいいと思います。

(注:1つの契約で1つの学年しか選択することができません。

本契約の際には、しっかりと検討しましょう。)

 

もちろん、成長に合わせた使い方でも十分であり

また進展度よって、コース(標準・発展)を選択することができるため

たとえ遅いスタートでも、どんどん先へと進むことができます。

 

専用タブレットを利用した、「これから必要になる感覚」

「やる気になりやすいツボ」を抑えた「スマイルゼミ」は

今後の通信教育における、新たな標準となる教材と言えます。

 

「スマイルゼミ」の無料教材・資料請求はコチラから



 

「やっぱり紙がいいな・・・」というお母さんには

>>通信教育の王道「Z会」の解説

 

>>好奇心を育くみまくる「ポピー」の解説