効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣

勉強が嫌いにならないためのおススメ幼児通信教育「こどもちゃれんじ」の紹介

様々な教材販売や、ライフステージ情報を届ける

大手企業の「ベネッセ」が提供する「こどもちゃれんじ」

非常に親しみやすく、「幼児にこそ」おススメの教材の1つになります。

 

学力に関して「着実に育む」という観点からも

スタートが早ければ早い程、基礎的なことから始める余裕があり

「知育スケジュール」の最初の一歩としての、魅力が詰まった教材です。

 

マスコットキャラクターである「しまじろう」を知らないお母さんはいないはずであり

非常に長い歴史を持っている、「幼児通信教育」のロングセラーでもあります。

 

「スタート」として「適任」な教材

 

幼い子供に学習させるうえで、最も重要なポイント

それは「勉強を嫌いにならない」ということです。

 

幼いうちから、学習習慣を身に着けることは

「まだ何もわからない」ことが、プラスに働く反面

「嫌なもの」という、刷り込みになってしまうリスクもあります。

 

そういったリスクをできるだけ排除したい、ということであれば

まさに、「こどもちゃれんじ」はうってつけと言えます。

 

「1歳」から始められる

 

「こどもちゃれんじ」の特徴の1つとして、

<1~2歳コース>から始めることができる点です。

 

もちろん、0歳から与えることができますが

やはり、「理解」という点で難しいものでもあり・・・

だからといって、完全に理解するまで待つ必要もありません。

 

そして何より「内容がやさしい」ことが、魅力・メリットでもあります。

 

取り組みやすい内容

 

「こどもちゃれんじ」の内容は、他の教材に比べ「やさしい」ものになります。

 

もちろん、より難しい問題を解く方が知能レベルは向上していきます。

 

しかしながら、最初からハイレベルな問題が解けるわけもなく

3歳未満の学習というのは、「助走」であり

だからこそ、ある意味で「挫折」はして欲しくない時期でもあります。

 

そういった面から、「ちょっと学習進行が遅れている」お子様にもおススメできる内容です。

 

小学生以降の「こどもチャレンジ」は

「進研ゼミ」となり、「高校講座」まで用意されています。

 

もちろん「しっかりと」内容のレベルは上がっていくため

優しいだけの教材ではなく、ずっと頼りにしてもいいものです。

 

「興味」「好奇心」を育みたいタイミングに相応しい内容であり

幼ければ幼いほど、スタートとして使って欲しい教材と言えます。

 

「こどもちゃれんじ」の無料教材・資料請求はコチラから