効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



夜なかなか寝付かなくて悩んでいる~子供の睡眠不足の原因・影響と理想的な睡眠~

 

「寝る子は育つ」というのは、もしかしたら若いお母さんはご存じない格言かもしれません。

 

調べずとも、「当たり前のこと」として認識されていることでもあり

大人に比べて、子供の睡眠時間が長いことは常識的なものです。

 

そしただからこそ、「この子全然寝ないけど、大丈夫かしら?」

あまり睡眠をとらない・睡眠時間が短い場合には、心配になってしまうはずです。

 

そしてそれは、あまり大丈夫なことではありません。

 

今回は、そんな「子供の睡眠時間」についての小話です。

 


 

問題提起

子供に夢・目標を持たせるために大切なこと・必要なこと

 

「希望に満ちた人生を送って欲しい」

 

子供が生まれた瞬間というのは、「自分の喜び」と共に

我が子に「生きる喜び」を感じながら生きて欲しいと、どんな親でも思うはずです。

 

そして子供というのは、いつまでも子供でいるわけではなく

いずれは「ひとり立ち」しなければならないものです。

 

その際には、可能な限り「自分の満足いくような日常」を送ること

それを「自分の力」で実現させることが、いわゆる「幸せ」になります。

 


 

親と子供の教育論

子供に期待し過ぎる・がっかりしてしまって更に罪悪感を感じてしまう~「子供に期待しない方法」を考えている時点で問題があるよ~

 

もし、自分の子供に対して

 

「期待はずれだったな・・・」

 

と思うのであれば、言うまでもなくなかなかひどい親です。

 

自分で産み、自分で育てた、という事実を差し置いて

子供を責めることは、あってはならないことです。

 

今回は、少し重い話をしちゃいます。

 

自分を棚に上げて・・・

 


 

考える

「ヤバい!うちの子学校の勉強についていけてないかも?」と思ったら~小学校の段階で不安なら必ず持つべき危機感~

 

やや遅くなってしまいましたが、ご入学・進級おめでとうございます。

 

毎年やってくるこの季節は、社会人として働かれている方々はもちろん

お子様を持つ方お父様・お母さんにとっては喜び・達成感もひとしおと思われます。

 

まずは、「前向き」に迎えるべき時期です。

 

とは言っても、喜びには必ず「不安」が伴うものであり

今後起きるであろう、喜ばしい出来事の予感・期待に胸を躍らせる一方で

無限に存在する不安への準備も必要であり、徐々に不安はカタチとなって

「ひょっこり」と、顔を出し始めるものでもあります。

 


 

問題提起

子供に勉強させた方がいいのか?勉強させるべきなのか?~「強要」するのではなく「自発」させることが大切~

 

「子供の幸福」について考えることが、本来の当サイトの趣旨となっていますが

どうしても「学習」についての、トピックになってしまいがちであり

その理由として、「人生」と「幼児期の学習習慣」の関係性が高いことが挙げられます。

 

これから先長く続く人生にとって、「知識(知性)」はとても大切なものです。

 

勉強とは、「受験」や「就職」のためにするためのものではありません。

 

しかしながら、同時にそれらに直結するものであることは確かです。

 

そしてそう考えた際には、幼児期という限られた時期は非常に貴重であり

「幸せな人生」を作るためには、ぜひ活かして欲しい時間なのです。

 


 

考える

私立学校の受験のために塾に通わせるべき?塾に通わなければ合格できない?~幼稚園・小学校受験であれば問題ないよ!~

 

明けましておめでとうございます!

 

今年もよろしくお願いいたします!!

 

冬休みが明けたお子様も多く、いよいよ学年最後の学期がスタートしたことと思います。

 

この時期というのは、進学・進級前の最後の思い出作りであり

何よりも友達との、悔いのない毎日を送って欲しい・・・

 

と、悠長なことも言っていられないご家庭も多いのではないでしょうか?

 

年初の時期というのは、正月明けのフワフワした感覚もつかの間

未成年のお子様を持つ家庭にとっては、「最後の追い込み」となるタイミングでもあり・・・

 


 

学習法・学習教材 問題提起

子供が学校・幼稚園・保育園に行きたがらない時にはどう対応すべき?~原因と状況で大きく異なる解決策~

 

「もっと、ちゃんと勉強して欲しい!」

 

「なんで、こんなにできないの・・・」

 

といったことを悩んでいるご家庭は、幸せかもしれません。

 

「それ以前」の問題が発生し、非常に深刻な問題が発生しているケースがあります。

 

それがそれほど「問題」なのか?は、さておき

実際に当事者になれば悩まざるをえない、「まさか」の事態はたくさんありますが

そんな中でも「比較的珍しくはない」と言える、「不登校」や「引きこもり」の問題

他人事から、私事に変わった瞬間に、何とも言えない絶望感を感じてしまうものでもあります。

 


 

問題提起

1 2 3 12