効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



子供が幼い時期に母親が仕事に出ることは成長に対して悪影響がある?

 

前提として、

 

「あまりに幼い」というのは、感覚として個人差があるものと言えます。

 

そのため「何歳からであれば大丈夫」ということは、結論としてないものとします。

 

そもそも、「母親が働き始める時期」に関しても

家庭の事情や、「ママ自身」の事情も関わるものであり

他人が、とやかく言うことでもありません。

 


 

問題提起

「まともな育児」に必要なお金とは~なんとかならないから幼い時期から備えておくべき「教育費」~

 

「子供を生んで育てる」という素晴らしいライフイベントには、相応のお金がかかります。

 

家庭の経済状況である、いわゆる「家計」に関しては

各家庭によって事情は異なるものであり、他人の「本当の家計」を知る機会は少ないものです。

 

また現代では「お金がない」ことが理由で、出産をためらっているカップルの増加という

非常に残念な事態が、かなり進行してきており、

いわゆる「少子化」の原因は、「カップルの経済状況にある」とも言えます。

 

「人の親」となった方には、言うまでもありませんが「生んでからが大変」であり

授乳・夜泣き等以上に、現実的なことに頭を悩ませている家庭は多いです。

 


 

問題提起

しつけのために「手をあげる」ことはやっていいものなのか?~体罰の効果・限度そしてその「意味」とは・・・~

 

しつけ・お仕置きの際に、「手を上げる」ことについては

「いい」と「悪い」で語ることは、非常に難しいものです。

 

「いや、だめだろ」という意見を持った方・家庭が大半だとは思われますが、

実際には、特に男の子のいる家庭においては
「一度も手を上げたことがない」というケースは非常に稀であるはずです。

 


 

問題提起 考える

<PR>「どらゼミ」が新しくなった!~小学館の通信教育「まなびwith」の内容と評価~

 

どうしても、勉強してくれない・・・

 

いろいろな教材を与えても、全く興味を持ってくれない・・・

 

幼児期の学習において、こういった「そもそもやろうとしてくれない問題」はつきものです。

 

何が悪いのか?

 

進め方?才能?

 

そんな風に悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

「教材(教え方)が合わない」というケースも、珍しくはありません。

 


 

学習の習慣を付ける 学習法・学習教材

人見知りしない子供の育て方~赤ちゃんはいつから父親を認識できるの?なつかない!泣きわめく!?時の対処法~

 

生後半年くらいから始まることとなる、赤ちゃんのお馴染みの症状に「人見知り」があります。

 

個人差の大きい反応であり、またそれが激しい症状であっても決して珍しいことではなく

成長していくうえで欠かせない、「情緒」を形成するための過程でもあります。

 

しかしながら・・・

 

「あまりにひどい」といった場合や、日頃良くしてくれてる人に対してしてしまうことで

お母さん自身が、申し訳ない気持ちになってしまうことも多いと思います。

 

特に義父・母に大しての場合には、気まずくなってしまうことも・・・

 


 

赤ちゃんの知育 問題提起

「一人っ子」の育て方~わがまま?甘えん坊?注意すべき「ひとりっこの育児あるある」とは~

 

「兄弟は多いほどいい」と考える人もいる一方で、

 

「1人1人見てあげられない」

 

「そもそもそんな余裕(時間・家計)はない」

 

といった事情から、「子供は1人」と最初から考えるカップルは珍しくありません。

 

兄弟・姉妹が何人いることが一般的・いいことである

 

といった時代では、もはやありません。

 


 

親と子供の教育論 考える

興奮しやすい赤ちゃんの叫び・奇声はいつまで続く?~赤ちゃんを短時間でリラックスさせる方法~

 

基本的に、赤ちゃんというのは「神経質」であり

幼児期の子供に関しても、まだまだ神経症的な面が見られます。

 

それは、あらゆるものに対する「経験が少ない」ことによるものであり

大人になるにつれて、「気にすることでもない」と学ぶことで落ち着いてくるものです。

 

特に生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、この世の全てが「驚き」であり

常に、基本的に「興奮」状態の中ににあると言えます。

 

一説によると、赤ちゃんは「常に夢を見ている」といったものから

「常に錯乱状態」にあるという意見もあります。

 


 

赤ちゃんの知育

1 2 3 14