効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



「ヤバい!うちの子学校の勉強についていけてないかも?」と思ったら~小学校の段階で不安なら必ず持つべき危機感~

 

やや遅くなってしまいましたが、ご入学・進級おめでとうございます。

 

毎年やってくるこの季節は、社会人として働かれている方々はもちろん

お子様を持つ方お父様・お母さんにとっては喜び・達成感もひとしおと思われます。

 

まずは、「前向き」に迎えるべき時期です。

 

とは言っても、喜びには必ず「不安」が伴うものであり

今後起きるであろう、喜ばしい出来事の予感・期待に胸を躍らせる一方で

無限に存在する不安への準備も必要であり、徐々に不安はカタチとなって

「ひょっこり」と、顔を出し始めるものでもあります。

 


 

問題提起

子供に勉強させた方がいいのか?勉強させるべきなのか?~「強要」するのではなく「自発」させることが大切~

 

「子供の幸福」について考えることが、本来の当サイトの趣旨となっていますが

どうしても「学習」についての、トピックになってしまいがちであり

その理由として、「人生」と「幼児期の学習習慣」の関係性が高いことが挙げられます。

 

これから先長く続く人生にとって、「知識(知性)」はとても大切なものです。

 

勉強とは、「受験」や「就職」のためにするためのものではありません。

 

しかしながら、同時にそれらに直結するものであることは確かです。

 

そしてそう考えた際には、幼児期という限られた時期は非常に貴重であり

「幸せな人生」を作るためには、ぜひ活かして欲しい時間なのです。

 


 

考える

私立学校の受験のために塾に通わせるべき?塾に通わなければ合格できない?~幼稚園・小学校受験であれば問題ないよ!~

 

明けましておめでとうございます!

 

今年もよろしくお願いいたします!!

 

冬休みが明けたお子様も多く、いよいよ学年最後の学期がスタートしたことと思います。

 

この時期というのは、進学・進級前の最後の思い出作りであり

何よりも友達との、悔いのない毎日を送って欲しい・・・

 

と、悠長なことも言っていられないご家庭も多いのではないでしょうか?

 

年初の時期というのは、正月明けのフワフワした感覚もつかの間

未成年のお子様を持つ家庭にとっては、「最後の追い込み」となるタイミングでもあり・・・

 


 

学習法・学習教材 問題提起

子供が学校・幼稚園・保育園に行きたがらない時にはどう対応すべき?~原因と状況で大きく異なる解決策~

 

「もっと、ちゃんと勉強して欲しい!」

 

「なんで、こんなにできないの・・・」

 

といったことを悩んでいるご家庭は、幸せかもしれません。

 

「それ以前」の問題が発生し、非常に深刻な問題が発生しているケースがあります。

 

それがそれほど「問題」なのか?は、さておき

実際に当事者になれば悩まざるをえない、「まさか」の事態はたくさんありますが

そんな中でも「比較的珍しくはない」と言える、「不登校」や「引きこもり」の問題

他人事から、私事に変わった瞬間に、何とも言えない絶望感を感じてしまうものでもあります。

 


 

問題提起

簡単に子供の学力を高めて「勉強ができる子」にするために必要な親の考え方~足し算ができたらすぐに掛け算ができる秘密~

 

当ブログでは「勉強はできた方がいいに決まっている」というコンセプトの下

学力・知能を上げるために必要なことを、解説してきました。

 

もちろん、世の中は勉強が全てはではありません。

 

しかしながら、これまで繰り返し述べてきたように

「勉強ができる子」というのは有利であり、他のこともスムーズにいきます。

 

「勉強ができることが、そんなに価値があるのか?」と言う人もいますが

そういった人は、勉強ができなかったのでしょう。

 

そもそも、勉強を否定することに意味がありません。

 


 

親と子供の教育論

幼稚園・小学校の担任の先生に不満がある場合はどう対処するべき?~性格が悪い・贔屓・指導力不足は基本的にあきらめよう!~

 

お母さん・お父さんの思い出の中にいる、「先生」という存在を考えた際には

いい印象として残っている人、悪い印象しかない人、様々な人間が浮かぶ思います。

 

「恩師」と言える先生、また「思い出したくもない」ような先生

また、全く思い出せない先生もいたはずです・・・

 

そして、大人になったからこそ「生徒として」ではなく

1人の人間として、判断できることが多くなったはずです。

 

優しかったけど、ダメな人だったのかもな・・・

 

怖かったけど、生徒のことを考えていたんだな・・・

 

過ぎてしまったからこそ、冷静に感傷に浸ることもできると思われますが

親になることによって、「子供の先生」という新たな関係が生まれることになり

自分のこと以上に子供が大切だからこそ、不満や心配が生じるものと言えます。

 


 

問題提起

小学校低学年ですでに存在する「学力格差」は絶対につけられるな!つけろ!!~入学から勉強でつまずかないために年中から高めておく~

 

「学力格差」というと、「学歴」といったものをイメージし

「就職」や「出世」という言葉が、頭に浮かぶ方が多いとはずです。

 

しかしながら、学力の差というのは幼いうちから存在するものであり

それは「小学校入学」くらいの時期から、顕著なものとなってきます。

 

小学校の入学時点で、掛け算ができるか・できないか

それだけでも、「かなり条件に差がある状態」と言えるのです。

 

もちろん、そういった単純なことだけではなく

この時期の学力は、その後の人生にも大きく影響を与えるものなのです。

 


 

学習の習慣を付ける 一定の時期に出来てほしいこと

1 2 3 11