効果的な幼児英才教育

幸せな人生を歩ませるための幼児英才教育成功の秘訣



「一人っ子」の育て方~わがまま?甘えん坊?注意すべき「ひとりっこの育児あるある」とは~

 

「兄弟は多いほどいい」と考える人もいる一方で、

 

「1人1人見てあげられない」

 

「そもそもそんな余裕(時間・家計)はない」

 

といった事情から、「子供は1人」と最初から考えるカップルは珍しくありません。

 

兄弟・姉妹が何人いることが一般的・いいことである

 

といった時代では、もはやありません。

 


 

親と子供の教育論 考える

興奮しやすい赤ちゃんの叫び・奇声はいつまで続く?~赤ちゃんを短時間でリラックスさせる方法~

 

基本的に、赤ちゃんというのは「神経質」であり

幼児期の子供に関しても、まだまだ神経症的な面が見られます。

 

それは、あらゆるものに対する「経験が少ない」ことによるものであり

大人になるにつれて、「気にすることでもない」と学ぶことで落ち着いてくるものです。

 

特に生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、この世の全てが「驚き」であり

常に、基本的に「興奮」状態の中ににあると言えます。

 

一説によると、赤ちゃんは「常に夢を見ている」といったものから

「常に錯乱状態」にあるという意見もあります。

 


 

赤ちゃんの知育

おねしょはいつまでしてても大丈夫なの?~小学生になっても治らない原因と効果的な対策~

 

「おねしょ」は、夜泣き・イライラ期に並ぶ、お母さんを困らせる問題であり

これらの悩みと違う点としては、「それこそどうしようもない」ことです・・・

 

したくてしているわけではない

 

ということは、お母さん達も十分に分かっていると思います。

 

しかしながら、「お布団」のことを考えると

非常に悩ましい問題であることに、違いありません。

 


 

問題提起

「性格のいい優しい子供」に育てる秘訣とは~性格の良し悪しはいつ決まる?矯正はできるの?~

 

うちの子は、将来どんな人間になるのだろう?

 

子供を持つ親なら、誰でも考えたことがあると思います。

 

それは「楽しみ」でもある反面、

 

駄々をこねている時

 

他の子を攻撃している時

 

癇癪を起してどうにもならない時

 

こういった状況で、急に不安になってしまう場面もあることと思います。

 

もちろん、生まれたばかりでは仕方がないものもありますが

やがて定着してしまう恐れもあり、それは「性格」と呼ばれるものとなります。

 

それでは、この「いわゆる性格」というものは一体いつ決まるのでしょうか?

 


 

考える

【赤ちゃんもストレスを感じるの?】神経質な子育ては子供の成長にマイナスの影響を与えてしまう

 

赤ちゃんというのは、幼ければ幼いほど「我慢」をしないため

基本的に、ストレスを溜めにくい存在と言えます。

 

そもそも「ストレスを溜める」というのは、

特定の状況を「我慢」して、尚且つ「耐えている」ということであり

感じることと、溜めることとは別の問題です。

 

ストレスとなるものは、日常に溢れているものであり

これをうまく「発散」させることができるかどうかで

ストレスに強い人・弱い人に、差が出るものなのです。

 

そして、赤ちゃんもストレスを「感じること」はあります。

 


 

問題提起

赤ちゃんの癇癪への対処法~いつになったら感情をコントロールできるようになる?その後の性格への影響は?~

 

子供の「癇癪」はどう接すればいいか、非常に困ってしまうことが多い問題です。

 

「ちょっと手が付けられない」レベルの癇癪持ちの子供は、それほど珍しくはないものですが
いざ自分の子供がそのような気質を持っていた場合、どのような対応が望ましいのでしょうか?

 


 

赤ちゃんの知育 問題提起

「ものごころ」がつく年齢とは~赤ちゃんの記憶力と感情の芽生え~

 

「物心がついた頃から」という言葉は、度々耳にするフレーズです。

 

「ものごころ」とは、一般的には「はっきりと記憶することができる」というニュアンスがあり

「物心がついた頃」というのは、記憶をさかのぼることができる時期であると考えられます。

 

しかしながら、実は本来の意味としては

 

世間の動きが分かる

 

人の感情が分かる

 

と定義されているようです。

 


 

赤ちゃんの知育

1 2 3 13